東京で人気のリアル脱出ゲームはコレだ!


脱出ゲームとは?

dasyututop

脱出ゲームは、元々パソコンやスマホのアプリとして
公開されたもので、なんらかの密室から脱出するを
目的に暗号やパズルを解読していくのが目的となります。

これに伴い、日本では既成の人気アニメや
ドラマ、ゲームなどとコラボ。

リアル脱出ゲームとして大規模な迷路
謎解きゲームとして複数プレーヤー
参加する事も少なくありません。

中には怖いものや、難しすぎるものもあって
リタイアしちゃう人もいるようです。

でも、日本だけでなく東南アジアを中心に
サンフランシスコなど全世界
その人気広めつつあります。

そこで今日は東京で大人気のリアル脱出ゲーム
いくつか紹介していきますのでお楽しみに!

スポンサーリンク
   
 


 

【新宿・超密室リアル体験型脱出ゲーム】

sinjyukudayututop

挑めレーザートラップ!?

駅から3分宝探しはいかが?

与えられたミッションにそって様々なアイテムを
駆使しながら、仲間と協力して密室から脱出しましょう。

■「牢屋からの脱出」

1rouya

与えられるミッションは、
牢屋に捕らえれているあなた。

なんと看守たちが突然いなくなってしまう。

このままでは食事も与えれず牢屋の中で餓死?!
早く鍵を見つけて脱出しよう。

ヒント1回のみ。閉鎖された空間の中。

迫る制限時間とハイテクな仕掛けの中で、
最大8人までの仲間と脱出を目指して暗号を
解読して脱出を試みるのが目的です。

年齢制限がないので、子供大人
入り混じって挑戦するのもいいでしょう。

脱出にはみんなの協力が必要です。

牢屋からの脱出ゲームの予約はこちら

 

■「ダンジョンからの脱出」

2reza

古墓の中にあるお宝をゲットして、巧妙な
仕掛けをかいくぐりながらゴールを目指します。

そしてゴール目前に待ち受けるのは
まさかのレーザートラップ

ルパン三世、もしくはトゥーム・レイダーの
アンジェリーナ・ジョリーになったつもりで
頑張って抜け出しましょう。

どちらも約50分で終わるゲームとはいわれていますが、
好評の為に主催者側も改良を重ねて
より難しいものとなっています。

中には敢えなくリタイアしてしまう参加者も
少なくないのだとか…。

頭脳をフル回転して、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

ダンジョンからの脱出ゲームの予約はこちら

 

気分は怪盗?【池袋・絶対空間 リアル密室脱出ゲーム】

ikebukuro

こちらは基本1人から参加可のゲームばかり。

難易度が高いので高校生以上の参加をおすすめします。

もちろん、中学生以下も保護者同伴であれば参加できますよ。

ぜひ、親子で挑戦してみては?

■「夢の鏡」
初心者向け。

2yumenokagami

推奨参加人数は2~3名での協力が望ましいようです。

様々なトラップや暗号解読をしていきながら、
心を閉ざしてしまった少女を夢の世界から救い出しましょう。

夢の中から少女を救え!「夢の境」の予約はこちら

 

■「バラ色の美術館」

3bijyutukan

初心者向け。

美術館を舞台に、大切な彼女の為に
描かれた絵の中に隠され秘密を解き明かしましょう。

絵画の謎を解け!「バラ色の美術館」の予約はこちら

 

■「怪盗の挑み」
レベルは初~中級者向け。

4kaitounozomi

とある展示会から伝説の宝物を盗む怪盗のあなた。

警備員に気付かれないよう制限時間50分以内
無事に逃げきれるかハラハラドキドキの
脱出ゲームとなっています。

怪盗になって、宝物を盗め!「怪盗の挑み」の予約はこちら

 

■「軒轅陵けんえんりょう」

5kenennryou

上級者向け。

名前からして難しい感じがするこのゲームは、
推奨参加人数3~4名と仲間との協力が不可欠。

今から30年前。ある炭鉱の中から古代王陵が見つかる。

ところがその後発見者らは次々と
行方不明になってしまいました。

あなたはこの古代王陵の呪い解き
無事に炭鉱から脱出することが出来るでしょうか?!

伝説の古代王陵からの脱出!「軒轅陵」の予約はこちら

 

■「ファラオの呪い」

6fuaraonoroi

超上級者向け。難易度MAXと評され、
推奨参加人数も2~5名とレベルアップしています。

巨大ピラミッドを模したモニュメントの中から、
暗号、パズルを解き明かし、ファラオの呪いによって
閉じ込められてしまった教授を救い出しましょう。

千年の呪いを解き明かす!「ファラオの呪い」の予約はこちら

 

最後に

これも一種の脱出ゲーム

子供の頃って、思いかけないところで
ひらめきが浮かぶことが多々あります。

そんな、まだ脳が柔らかかった頃、
理科の実験謎を解くというのがありました。

実際に目の前で見た実験の過程と結果を、
先生に無事言えたものだけが別室
行けるという面白いもの。

クラス31人中、クリア出来たのは5人だけ

その中に私も入っていたのですが、
これも一種脱出ゲームなのではないでしょうか?

時に仲間となり、時にライバルとなるクラスメート。

未だに何で問題が解けたのかは謎ですが、
こんな授業もなかなか面白いものだなと感じます。

今同じ問題をやったら、絶対に
解けない自信がありますが…(笑)


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ