夏バテの原因と症状とは?解消する方法や対策はコレ!


以前、テレビ番組で外人さんがなぜ日本人は
暑い暑い」というのかと愚痴っていました。

快晴

確かに、暑いと愚痴ったからといって気温が
下がるわけではありませんから、この外人さんの
意見も分からなくありません。

そこで今日は、暑い暑い…と嘆いて
夏バテに陥ってしまう前に、その原因症状
を紹介していきますね。

また、夏バテに陥ってしまった際に解消する方法と、
予防対策についても調べていきたいと思います。

身体を壊さず夏バテ対策

今年は少しでも快適な夏を
過ごしていけるといいですね。

スポンサーリンク
   
 

夏バテになってしまう原因は?

夏バテは主に、暑い外と冷たいクーラーの
効いた部屋を行き来する事などによる自律神経の乱れ

汗のかきすぎによる水分ミネラル不足

そして、食欲不振体力の低下、お腹を冷やして
しまった事による胃腸の不調が原因となります。

これらは、どれも身体が夏の暑さに順応
できない
事によって起こるとされています。

また、これを解決する為には高温・多湿の
環境と上手に付き合っていく事が
大事であるといえるでしょう。

夏バテの主な症状とは?悪化させない為に気をつけたいこと

ここで1つ質問です。

夏バテっていつ起きるものか知っていますか?

実は高温・多湿になれば起こるものなので、
梅雨や初夏であっても、身体が疲れていれば
いつでもその症状は充分起こりえるのです。

特に分かりやすい夏バテ症状は、主に身体が
だるく疲れやすい、食欲がなく冷たいものばかり
欲しがって
しまうというものがあります。

この中から悪化させない為に気をつけたいことは、
身体を汗などで冷やしてしまわない事。

免疫力を下げやすくしてしまう為に、そこから
夏風邪に移行してしまうなんて事も少なくないですね。

また、暑さで体温上がりすぎても熱射病熱中症
陥ってしまいますから、身体が弱りきっている場合には
充分注意しなくてはいけません。

どちらもなかなか難しい境目ではありますが、
悪化させない為にはその症状の危険度を
知る事から始める事が大事であるといえるでしょう。

夏バテの危険度とは?

水を飲む女性

夏バテを起こしている時、いくら水分を
摂っていても汗や尿が出ないという場合には
危険な状態に陥っている事があります。

それは、身体に水分が足りないいわば脱水症状
起こしているという事であり、身体の自律神経機能
効かなくなっている状態である事が分かります。

脱水症状は、健康な人が多少起こした程度であれば
なんとかなるものですが、元々抵抗力の低い乳幼児
高齢者の場合は充分な注意が必要となります。

水分を摂っても汗も尿も出ず、体温が下がりません。

更に悪化すると腎機能が壊れてしまい尿毒症
起こしてしまう事もあるからです。

尿毒症は死に至る場合もありますから、脱水症状による痙攣
舌の乾燥、めまいや吐き気、頭痛といったものがあった場合には、
出来ればすぐに病院に行く必要があるといえるでしょう。

また、これに加えて気をつけたいのが過度の疲労です。

あまりに1日の疲れが取れない、食欲がないなどの
症状がずっと続くという場合には、過労による
うつ状態になっている場合も少なくありません。

安静にし、1日も早い疲労回復を目指したいですね。

夏バテ解消法と対策は?

夏バテ対策としては、やはり増えた発汗量に
対応する為に定期的な水分・塩分補給

欠かさない事が大切であり、利尿作用のある
きゅうりとうもろこし、トマト、スイカ
いった夏野菜を上手に摂る事が大切です。

夏野菜は、ただ摂るだけでは身体を
冷やすだけで終わってしまいます。

きゅうりならば浅漬けに針ショウガをプラスしたり、
とうもろこしはヒゲ茶を飲んでみたりといった
アレンジをしてみる事が大事です。

また、ここでおすすめなのが冷やした甘酒

近年注目の発酵食品といえばヨーグルトなどですが、
甘酒にはお米が入っており、でんぷんやたんぱく質
豊富に含まれています。

でんぷんはブドウ糖に、たんぱく質はアミノ酸に
分解されますから、調子が悪い時にも消化・吸収されやすく
夏バテしてしまった後でも有効な特効薬であるといえます。

しかも、乳酸菌も豊富なので、
お腹の調子も整えてくれます。

夏風邪を引きにくくなり、
抵抗力低下にも効果があります。

甘酒がありがたいのは、ソフトドリンクで
あり小さいお子さんでも飲めるという事。

どうも苦手だという方は、甘酒でなく
麹味噌や塩麹を使ったお漬物や焼き魚を
食べるというのもいいかもしれません。

これに加え、快適な睡眠を摂る事が大事。

とはいえ、近年は夜でも暑くて
眠れない事が多々ありますね。

こんな時は我慢せずクーラーを使う事も大事ですが、
頼りすぎると違う意味で身体を壊してしまうので
扇風機などで冷たい風を循環させるといいでしょう。

クーラーが苦手という方は、ケーキなどに
ついてくる小さい保冷材をタオルなどに
包んで枕代わりにするのもいいでしょう。

また、ミント系の香りを部屋やお風呂で
使用するというのもありですよ。

それに、最近ではひんやりする枕シーツもあります。

おすすめは夏掛け用羽毛布団で、放熱性や
吸放湿性があり体温よりも低い寝具を
実感できるのがいいといわれています。

夏バテの予防方法は?

夏バテ予防方法としては、やはり高温・多湿を
避ける事
が一番大事であるといえます。

高温を避ける為にはクーラーで部屋を冷やす事が
一番であるといえますが、あまりに冷やしすぎてしまうのは
自律神経乱す事になります。

出来れば帰宅したらすぐに窓を全開にして
空気の流れを作り、暑い空気を充分出した上で
あまり低すぎない冷房を掛ける事が大切です。

また、除湿機や空気清浄機によって
家の中の湿度を下げる事も大切。

洗濯物が乾かない梅雨などであれば、
乾燥機をフル活用するのもいいでしょう。

身体としては、朝起き抜けにコップ一杯の
白湯を飲んでデトックス効果を高めるのも良いですよ。

ついつい冷たい飲み物ばかり摂りがちになってしまいますが、
温かいものを少しでも身体に摂り入れるだけで、
腸が温まり強い身体を作る事が出来ます。

扇風機

まとめ

いかがでしたでしょうか?

年々夏は暑くなっていっているみたいですね。

つい冷たいお茶などを飲んでしまいがちですが、
そこはグッと我慢して温かいお茶にしてみては
いかがでしょうか?

そのほうが結果的には夏バテ予防し、
暑い夏を快適に過ごせるようですね。

この夏を夏バテなしで
乗り切れるよう、頑張りましょう!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ