夏風邪の原因と症状!何故長引くの?治し方や予防法は?


夏風邪はバカしかひかないといわれる理由

なぜ夏風邪はバカしかひかないと
いわれているのでしょうか?

気付かないうちにひいているからと言うのが
一説としてありますが、寒い冬に身体を

冷やしてしまって風邪をひくのが普通なのに対し、
暑い夏に身体を冷やして風邪をひいてしまう
からだともいわれています。

とはいえ、それは夏風邪冬風邪
根本的な違いが分かっていないからこそいえる事。

natukazetop

そこで今日は、夏風邪原因症状から、
治し方予防法について紹介していきます。

また、冬風邪との違いなどについても
調べてみたので参考にして下さいね。

スポンサーリンク
   
 

夏風邪の原因は?夏風邪と冬風邪の違いは?

夏風邪冬風邪

その違いを皆さんはご存知でしょうか?

冬は、低温乾燥を好むウィルスや病原菌が増えます。

その為、咳やくしゃみ、鼻水といった気管支系
弱ってしまうのが特徴で、感染経路
飛沫、空気、接触といったものが主になります。

対し夏は、湿気高温を好むウィルスや病原菌、
そしてカビまでもがはびこる季節。

ムシムシと汗ばんだ身体をエアコンや扇風機で
極度に冷やそうとする為に、お腹を壊しやすくなります。

身体が気温についていけなくなると、自己免疫力
下がってしまい、これらのウィルス病原菌
格好の餌になってしまうのだといわれています。

その為、その感染経路は主に鼻や目やにがつく
タオルの共有、排泄物、プールの水
いったものが主になります。

高齢者幼い子供というのはさらに
重症化しやすいため注意が必要となります。

夏風邪の主な症状とは?

夏風邪の症状は、冬風邪に多く見られる
鼻水あまりないという事が主な特徴です。

これはそもそものウィルスが違う為であり、
突如強い喉の痛み38~40℃ほどの高熱を起こし、

下痢や腹痛、嘔吐など胃腸障害症状
あらわれるのが大きな特徴となります。

また、これらの症状に伴い、食欲不振
脱水症状を起こし衰弱状態に陥ってしまう事も
少なくありません。

身体の弱い高齢者や幼い子供がいる場合には、
成人だけがいる場合とは違って充分注意したいものですね。

夏風邪はなぜ長引くの?

natubateneesan

冬と違って夏はをかきやすく、
クーラーのかけすぎなどで自律神経も乱れがち

その為、身体は体温調整をしにくく、暑さによる寝不足や
夏バテによる食欲不振によって、免疫力が低下して
夏風邪の影響をダイレクトに受けやすくなります。

その後は大体1週間ほどでいったん症状が
落ち着くのですが、油断をすると暑さで

疲れきってしまっている身体はまた別のウィルス
病原菌良い餌になってしまいます。

これにより夏風邪が長引いていると
感じてしまうことが少なくないようです。

夏風邪の効果的な治し方とは?

夏風邪にかかってしまったら、
下痢嘔吐などでお腹が弱っています。

まずは炭水化物たんぱく質を中心にした
消化のいいものと、こまめな水分補給
心掛ける事が大切です。

だからといって、沢山下痢止めや吐き気止め
飲む事はおすすめしません

なぜなら、下痢嘔吐物にはウィルス病原菌
含まれており、身体が早く治ろうと排出している
自己防衛作業だからです。

下痢が3日以上止まらない体力の消耗が
激しい
という以外は多用しないよう心掛けましょう。

そして部屋をクーラーなどで冷やしすぎない
ようにし、寝る際もお腹を冷やさないように
する事が大切です。

冬風邪と違うのは、身体を温めようと
過度の布団をかけたりはしない事。

ただでさえ夏は暑さで身体がやられていますから、
脱水症状を起こす可能性もあるので
わざわざ汗をかく必要はありません

また、夏風邪湿気好むので、
汗ばんでいる皮膚が大好物です。

37.5℃以上の高熱でない限りは、お風呂に
入ると汗を流せて治りが早くなる場合があります。

夏風邪を予防する為に気をつけたいこと

getatoutiwa

夏風邪予防する為に気をつけたいことは、暑さなどに
負けない何といっても自己免疫力を上げること

いわば夏バテになりにくい身体を作る事です!

その為にはついつい食べがちなそうめんだけでなく、
温かいものや身体をあたためる作用を持つ
にんにくショウガを摂る事も大切。

暑い調理場は嫌ですが、炒め物なども
頑張って摂りたいものですね。

特におすすめの食材としては、
基礎体力だけでなく病気に対する
抵抗力高めてくれる良質なたんぱく質

鶏肉魚介類大豆製品に含まれます。

また、風邪にいいとされる果物に多いビタミンC
喉や鼻の粘膜を守る緑黄色野菜に多いビタミンA。

疲労回復効果のある亜鉛なんかも、
に多く含まれておりおすすめです。

旬のカツオであれば血合いの部分に沢山の
鉄分も含まれており、貧血予防にも効果的です。

この他、暑さに負けない適度な運動や、
冷えすぎた部屋は避けることも大切。

年々暑い日が増えてきますが、水風呂や
水団扇を活用するなど昔ながらの生活を
取り戻してみるのもいいかもしれませんね。

最後に

夏風邪と上手に付き合って二次感染を防ぎましょう

夏風邪怖さは、何といっても、ものによって
とても強い感染力を持つことです。

その為、人によっては何度もぶり返しやすく
症状も重症化しやすいという特徴を持っています。

そして、何より感染経路があまりにも広い為、
二次感染起こりやすいのが怖いところです。

そこで、二次感染を防ぐ為には、家の中などを
高温多湿にならないよう保つ事、手洗いうがい
徹底などが求められます。

また、感染者が出たら、
洗濯物食器分けて洗いましょう。

かかってしまった場合は無駄な外出も避け、
安静にしたいものですね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ