西条祭り2016の日程は?見所やアクセス情報も!


お遍路参りとはまた違った魅力!意外と知らない人が多い西条祭り

mikosi

西条祭りって聞いたことありますか?

四国のお祭りとしては割かし有名なほうらしいのですが、
意外と関西を通り越してこちらの地域では
知らない人が多いお祭りの様です。

そこで今回は、そんなマイナーだけど実は
歴史深いといわれている西条祭り2016日程
見所アクセス情報などについて調べてみました。

四国といえば四国八十八ヶ所の霊場を
巡拝するお遍路参りが有名ですね。

この西条祭りも、そんな八百万の神
敬愛するお祭りであるといっても
過言ではないかもしれません。

★TOPICS

4つの祭礼が一堂に会す西条祭りとは?
西条祭りが廃止になるってホント?
西条祭り2016の日程は?
豪華絢爛な〇〇?!西条祭りの見所とは?
西条祭りのアクセスと駐車場情報

 

スポンサーリンク
   
 


 

4つの祭礼が一堂に会す西条祭りとは?

愛媛県西条市で毎年10月に開催される【西条祭り】は、
西条市内にある4つの神社地車神輿太鼓
奉納する祭礼を総称していいます。

その4つの神社とは嘉母神社石岡神社
伊曽乃神社飯積神社です。

地車(だんじり)というと大阪・岸和田市で行われる
【岸和田だんじり祭り】が想像つくかと思いますが、
こちらは200年ちょっと。

対して西条祭りの山車は約300年歴史があると
されており、何度となく新調も施されています。

各神社に奉納される山車や神輿の台数は150台を越え、
伊曽乃神社例大祭には81台の地車、神輿が奉納されると
いう事でその豪華絢爛ぶりにはファンも多くいます。

西条祭りが廃止になるってホント?

ネット上にて飛び交っている西条祭り廃止のニュース。

個人的見解を述べれば、別に祭り自体がすぐ
なくなるというものではなく、もしかしたら

そうなるかもという噂に飛びついたアンチ西条祭り
掲示板が盛り上がってしまっているようです。

まぁ、これは喧嘩祭りならではのアンチのようで、
飲んで騒いでという悪い酔っ払い特有の光景があまり
好きでない方達が少なくないというのが正解みたいですね。

西条祭り2016の日程は?

mikosi2

西条祭り2016の日程(予定)

【嘉母神社祭礼…10月8日(土)、9日(日)】
以前は、石岡神社、伊曽乃神社、飯積神社の3つの祭礼を
まとめて西条祭りといっていたのですが、最近では
嘉母神社もいれて総称するようになりました。

子供太鼓台6台の奉納から始まります。

1日目は氏子集落をただ練歩くだけですが、
2日目は神社を出発、神輿にお供して氏子地区5ヶ所
かきくらべを行ってからそのまままた戻って奉納されます。

【石岡神社祭礼…10月14日(金)、15日(土)】
氷見・橘地区の地車27台神輿2台を奉納します。

1日目未明から早朝にかけて地車が集まり、9時から神事
その後かきくらべをしながら集落内を廻ります。

2日目深夜桜の馬場に集合した各地区の地車・神輿を奉納
御旅所かきくらべを披露したのち、御神輿と共に
御神楽を奉納しながら巡行。
そのまま夕方には再び神社に戻って宮入

【伊曽乃神社祭礼…10月15日(土)、16日(日)】
地車・神輿を81台奉納します。

1日目日付変更と共に奉納される地車
御神輿を迎えに移動を開始。

朝5時には御神輿登場し、見送ると地車・神輿が
それぞれ厄払いをしながらお花(ご祝儀)集めます。

この間御神輿は氏子地区を半分ほど廻り、
御旅所で一晩過ごします。

2日目早朝に御神輿が御旅所を出発。
露払いとして地車・神輿2kmに及ぶ
を成しながら巡行。

残り半分の氏子地区を廻った後
加茂川を渡って神社に戻ります。

伊曽乃神社祭礼のフィナーレを飾る川入りが行われ、
提灯の灯が消えるまでかきくらべを行います。

【飯積神社祭礼:10月16日(日)、17日(月)】
金銀の豪華な糸を使った装飾品で飾られた太鼓台11台
奉納される事で、西条祭りの本当の終わりを告げます。

ここでは新居浜太鼓祭りで知られる
新居浜市一部大学院生地区も参加。

下島山、船屋、飯岡といった地区の氏子に
よって行われ、1日目は玉津橋にて伊曽乃神社
祭礼共演を果たします。

は数台でかきくらべ
日付をまたぎながら丑三つ時には全ての
太鼓台神社前に集合し、早朝の宮出し後
4ヶ所かきくらべを行います。

夕方には神社前の川原に太鼓台御神輿勢ぞろい
一緒になって豪華なかきくらべが行われます。

日の入り時には宮入り

これで西条祭りは終わりとなります。

時間…9:00~21:00頃
ここまで話してお分かりになるとおり、
その時間や場所は祭礼によって様々。

自分の観にいきたいお祭りには予め
目星をつけておくのがいいですね。

豪華絢爛な〇〇?!西条祭りの見所とは?

■伊曽乃例大祭川入り2011

西条祭り特徴は、岸和田などであれば曳いて歩く地車を
舁き夫(かきふ)と呼ばれる10~15人の男性が
舁き棒(かきぼう)持ち上げ移動するかきくらべ

新居浜太鼓祭りでも太鼓台をかきくらべする事から、
こっちの祭りではいかに力があるかを
自慢する祭りが多いようですね。

ちなみに、新居浜では銘菓としてかきくらべという
和菓子もあり、ネット検索するとこっちの方がすぐ出てきます。

そんな西条祭りの一番の見所は、なんといっても
メインと称される伊曽乃例大祭で行われる“川入り”

総勢80台近くの地車や神輿が加茂川の川原に集合し、
川を渡って神社へ帰るというものなのですが、
この景色が特に夕方~夜にかけて幻想的

まるで「千と千尋の神隠し」で見る神様達の舟が
渡ってくる様を見ているようです。

が、この“川入り”が済んでしまうと神様が帰ってしまい
祭りが終わってしまう為、それをさせまいと地車が
整列して御神輿を制止するという場面が見られます。

ファンによれば、この時の提灯を灯して
並んでいる風景が幻想的壮観とのこと。

どうせ西条祭りを見るのであれば
これを見なければ意味が無いとまでいわれています。

残念ながら有料観覧席などは用意されていないので、
人の垣根から見る事になるとは思いますが、それでも
一見の価値はあると地元の方は自負されているようですね。

西条祭りのアクセスと駐車場情報

nozomi

西条祭りへのアクセス方法について、東京、大阪方面から
行く方法を中心にお話したいと思います。

◆東京方面からの電車を利用してのアクセス
新幹線、電車、飛行機という方法がありますが、
基本的には新幹線と電車を使うのがいいようです。

また、安く抑えるという意味で高速バスを
使うというのもアリのようですね。

・東京方面(約5時間半、¥19930)
新幹線で≪東京駅≫→新幹線のぞみ(博多行)→≪岡山駅≫→乗り換えて在来線の瀬戸大橋線予讃線普通(観音寺行)→≪観音寺(香川県)≫→予讃線普通(伊予西条行)→≪伊予西条駅≫→バス会場

大阪方面(約3時間、¥10130)
大阪駅≫→JR京都線普通(京都行)→≪新大阪駅≫→新幹線さくら(鹿児島中央行)→≪岡山駅≫→特急しおかぜ(松山行)→≪伊予西条駅≫→バス会場

車で行く際には、西条ICから降りると20分ほどで到着します。

10月16日のみ加茂川橋下臨時駐車場(1500台)が無料
開放されますが、それでも混雑予想されるので
よほどの理由が無い限りは公共交通機関をおすすめします。


 

最後に

男だらけの祭りが多いのはなんで?

新居浜太鼓祭りや西条祭りなど、なぜこんなにも
男性中心とした祭りが多いのでしょう?

これはきっと、活気ある男性が多い気質なのと、
盆正月には帰れなくても、祭りにだけは帰ってくる』という
祭り好きが多い県民性が影響しているのだと思います。

また、昔から女性は神様が乗るものだからと
神輿に乗れないなどの決まりがあり、それを
守っている地域が未だに根強くあるようです。

時代が変わったとはいっても、やっぱり
男性優位と考えている方は少なくないのかな~?


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ