子供に多い溶連菌感染症とは?子供と大人では症状は違う?


子供が保育所学校など集団活動を
受けるような場所に行くと、ご丁寧に
何らかの集団感染にかかりやすくなります。

sinsatutop

今まで親だけの元で丁寧に育てられていた子供に
とっては未知の世界にイッタのだから、これは
当然といえば当然の結果であるといえるでしょう。

特に入所1年目は何かと高熱に陥るものに
かかりやすくなりますが、これも大人になる為の
ステップであると構える事が両立ママには大事な事なのです。

そこで今日は、集団感染の1つで絶対1度は
かかると思っていた方がいい子供がかかる
溶連菌感染症症状などについて調べてみました。

また、子供大人症状の違いなどについても
調べてみたので紹介します。

基本的には予防接種でなんとかなるものもありますが、
これは残念ながらそうもいきません。かかってから
慌てないよう知っておくといいですね。

★TOPICS

溶連菌感染症とは?その症状は?
溶連菌感染症の感染経路は?発症するまでどのくらいかかる?
大人と子供で溶連菌感染症の症状に違いはある?
溶連菌感染症は自然治癒出来る?
溶連菌感染症で出席停止?大人は仕事に行っても大丈夫?

 

スポンサーリンク
   
 


 

溶連菌感染症とは?その症状は?

子供のかかる感染症として有名な溶連菌感染症は、
主に秋口~春先流行します。

■溶連菌感染症の代表的な症状

38~39℃代の高熱
咽頭炎や扁桃炎といった喉の炎症
中耳炎
副鼻腔炎

 

といった風邪によく似たもの代表的症状です。

頭痛や腹痛、リンパの腫れなども見られますが、
反面で鼻水ほとんどないというのも特徴で、
これに加えて溶連菌感染症として独特な症状といえる

・猩紅熱(しょうこうねつ)

と呼ばれる紅い粒々斑点舌や手足に現れるのが特徴です。

きっと、少し年代のいった方ですと、こちらの方が
聞き馴染みがあるかもしれないですね。

ともあれ、近年は軽く経過する子供が多いと
言われており、イチゴ舌と呼ばれる症状以外の
手足の発疹あまりないとされています。

ただ、熱が下がった後にもリウマチ熱
急性糸球体腎炎といった合併症を招く事もあります。

これらの症状を喉についている細菌を
摂取する事から検査し、10分程結果が出ます。

結果で溶連菌感染症と分かったら、解熱剤喉の痛み
とるお薬とともに、溶連菌を倒す為抗生物質
10日間ほど服用して完治を目指していきます。

tyusilya

溶連菌感染症の感染経路は?発症するまでどのくらいかかる?

溶連菌感染症は、感染して大体2~4日という
比較的早い段階での発症が起こります。

感染経路としては、くしゃみや咳による飛沫感染、触れる事に
よる接触感染が主になりますから、基本的には風邪の予防と
同じように手洗い・うがいをする事が大切です。

また、感染者が口にした飲食物衣服、タオルなどから
二次感染が起こる事もありますから、他の人とは食器や
洗濯物を分けて洗うなどの処置をとるよう心掛けましょう。

特に一緒に遊ぶ兄弟感染しやすくなります。

出来れば一緒に検査を受けておくといいかもしれないですね。

大人と子供で溶連菌感染症の症状に違いはある?

oekaki

大人よりも子供の方がかかりやすい溶連菌感染症は、
感染症の強さとしては特に10歳以下ピークに達します。

とはいえ、やはり家族で1人かかれば
兄弟約5割親御さん2割の方は感染。

約5~8割の方が発症するとされていますから、
やはり大人でも用心に越した事はないといえます。

ただ大人無症感染者多いと言われており、
あっても軽い喉の痛み程度で終わってしまう事も
少なくありません。

これは、大人が子供に比べて免疫力が
高い事で感染軽減化している証拠です。

また、溶連菌感染症は抗生物質の普及などから、
伝染病として恐れられていた昔ほどは大げさに
症状が現れる事は少なくなりました。

その証拠に、子供が保育所などでかかって
初めて知ったなんて方も少なくないのではないでしょうか?

溶連菌感染症は自然治癒出来る?

溶連菌感染症は、まだ抗生物質がなかった時代から
あるだけあって、子供にある程度免疫力が備わって
いるのならば自然治癒不可能ではないといわれています。

その証拠に、ある程度の病気をほとんど経験している
大人であれば症状がないという事がほとんどになるわけです。

しかし、溶連菌感染症は強い喉の痛みを伴います。

固形物や刺激の強いものの食事をする事は
まず難しいですし、炭酸などの飲み物も飲めなくなります。

その為、高熱に加えて子供にとってはなかなかな
苦痛を伴いますし、怖いのは後遺症として腎臓に
何らかの障害を示す事も少なくないという事。

こういった観点から、やはり抗生物質に
頼りたくないにしても医師判断を仰ぐ事は
大事な事であるといえるでしょう。

溶連菌感染症で出席停止?大人は仕事に行っても大丈夫?

溶連菌感染症は、基本的には抗生物質を服用後、
発熱などの症状が治まれば初診日翌日
休む程度でいいといわれています。

ただ、これは条件によってだいぶ変わります

場合によっては症状が治まってからも再診を
求められたりする事も多々あるようです。

また、大人の場合はそうそう重症に至る事は
ありませんから、マスクの着用手洗い・うがい
徹底さえしていれば仕事に行く事も大丈夫です。

もちろん、高熱で動くのが無理なんて方は休んで受診しましょう。

喉の痛みが強い事がほとんどですから、刺激の
強い食べ物などを避け、食事が難しければ
ゼリーなどでもいいでしょう。

水分不足が心配ですから、こまめ水分補給してくださいね。

最後に

「小児科の治し方に不安になる事も…」

子供が熱を出してしまうと、仕事を休めないという事も
合い重なって早く治したいととりあえず小児科に
連れて行くお母さんは少なくありません。

が、ここで小児科が行ってくれる処置は、
残念ながら熱を下げる事ではありません。

熱はウィルスに攻撃されて喉の炎症などが起きた事に
対する身体の防衛反応なので、その原因となっているものを
沈静化させたいというのが小児科の考え方なのです。

少し不安にもなってしまいますが、幼児期に
あまりに病院に通ってしまうと、身体は
治療されてしまう事慣れてしまいます。

これによって自己免疫力低下し、いわゆる
虚弱体質になってしまう事も少なくありません。

そうならない為にも、どうせ通院するならば
熱が出る前の予防策として通うのも
いいのではないでしょうか?


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ