ついに施行マイナンバー制度!メリットよりデメリットが多い?


ついに10月よりマイナンバー制度が施行されましたね。

マイナンバー

基本的には個人情報の管理活用の一括化
目的として公表されているのですが、もちろん、
それだけが目的で無いのが行政です。

そこで今日は、公式ではあまり教えてくれない
マイナンバー制度メリットデメリット
ついて調べてみました。

個人情報流出の心配や詐欺などの犯罪拡大を
招いてしまいそうなこの制度。

やっぱり、結局のところは税金確保
大きな目的の気配がありそうです。

★TOPICS

ついに施行!マイナンバー制度って結局なに?
ネットで囁かれてるマイナンバー制度のメリット・デメリット
マイナンバー適用の預金口座で税金が取られる?
マイナンバー制度で損しない為にはタンス預金?

 

スポンサーリンク
   
 


 

ついに施行!マイナンバー制度って結局なに?

ついに10月1日より施行となったマイナンバー制度。

各自治体で保有する住民票をもとに、
国民1人1つ番号が付されるのですが、
結局何に使われるのでしょうか?

目的としては、各自治体など公的機関による
国民1人1人のデータ管理、活用の効率化

マイナンバーを利用する事で各保険や年金、
税などの管理はもちろん、年々増えている
災害の個人対策などが一括出来ます。

まず個人の番号が書かれた通知カードが、
10月から各自治体より徐々に個人のもとに届きます。

ナンバーは同じものを誕生から
死亡するまで一生使う事になります。

通知カードから申請する事で、平成28年1月以降
マイナンバーカードも手に入れる事が出来ます。

ネットで囁かれてるマイナンバー制度のメリット・デメリット

まずマイナンバー制度のメリットは、
大きく分けて3つあります。

■マイナンバー制度のメリット

1.適切な行政サービスの供給と不正受給の防止
所得だけでなく、児童手当や年金などの
行政による受給状況を把握。

これにより、不正受給の防止や税金や
年金といったものの過重支払いといった
負担を防止する事が可能に。

2.国民の負担軽減
今まで各行政に行っていた申請を一括する事が
出来るので、各種手続が簡素化。

行政機関の持つ情報も個人で確認出来、
各サービスのお知らせも受け取れるようになります。

3.行政の負担軽減
これまでそれぞれの行政、地方自治体などで
管理されていた情報を一括。

照合や転記、入力など複数の業務に要していた人員、
時間といったものを削減。各機関の連携強化を
図る事で行政で働く人達の負担軽減に繋がります。

 

これらのメリットに対し、ネットで囁かれているのが
やはり個人情報に関するデメリットです。

一生を通して同じ番号を使用。

また、マイナンバーカードを利用すれば
免許証同様顔写真なども添付されます。

ただでさえ沢山の犯罪が蔓延る現代。

早くもマイナンバー制度を利用した詐欺なども
見受けられているとされているだけに、
これに関して不安の声をあげるのは当然でしょう。

マイナンバー適用の預金口座で税金が取られる?

1tuutyuo

さて、前項ではネットで囁かれている
デメリットのうちでも軽いものをご紹介しました。

というのも、後々には民営機関でもマイナンバー利用サービス
検討されているのですが、その中でも最大の
デメリットといわれているものが…。

“2018年以降、各預金口座のマイナンバー適用の義務付け”

ほぼ決定事項になっているというのですが、
これにより遠隔地にある銀行口座も自宅などで
手軽に照会出来るというメリットがあります。

え?別に便利になるだけじゃん。と

お思いのあなた!危ないですね。

このシステムによって、行政はあなたの所得
徹底的に把握する事が出来ちゃうんですよ。

もちろん、諸々の給付金、税金、年金、
社会保険料といったものの計算が簡略化されるという
行政的メリットがあります。

ところが、金融所得(=預金、債権等の利息、
株やFXといった投資によるもの)にも課税
導入される可能性があるとなれば話が別では?

それまで課税されていなかった所得にも税がかかり、
人によっては苦しくても所得があるとみなされ
課税率上がってしまう可能性があるのです。

むむ~っ、やはり便利になる裏側ではそういった
国の目論みがあったという事なんですね。

いや~、末恐ろしい。

マイナンバー制度で損しない為にはタンス預金?

tansu

銀行口座がダメなら解約してタンス預金
しちゃえばいいんじゃん!とも思ってみたのですが、
残念ながらそうは問屋は卸してくれないようです。

いくらタンスにマイナンバーがつけられないとはいえ、
これに関しても通知義務づけを検討中。

ちょっとでも資産を隠しているとバレれば
いわゆる脱税になってしまいます。

給付金などを不正受給した場合には
その額の3倍徴収する予定だとか…。

何にせよ、これにより家族にもへそくりがバレ、
失望感に煽られる国民は少なくないのではないでしょうか?

やはり、ちゃんと確定申告したほうが
いいようです。

青色申告するならやっぱり会計ソフト
使用するのが簡単でいいです。

無料体験もできるので一度試してみるのも
いいでしょう。

確定申告をラクにする「MFクラウド確定申告」

初心者でも簡単な「やよいの青色申告」

最後に

そのうち人にもバーコードがつくのかな?

昔の未来を模した映画やドラマの中には、
首裏や角膜にバーコードがついた人達の姿が
よく描かれていました。

今回のマイナンバー制度の事を調べてみたら、
なんだかこういった世界がもはやすぐそこまで
来ているのかな?と感じます。

産まれた時にバーコードをつけられ、

死ぬ時まで国に管理される世界。

昔から映画や漫画で描かれた事は後に
現実化するといわれているけれど、
これほど恐怖に感じたことは無いかもしれません。

管理するからには、予想される犯罪などを
きちんと抑止していただきたいものですが、
こればっかりは難しいでしょうね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ