初詣で行きたい東京の縁結びにご利益のある神社はココ!



新年が明ければ初詣に行く方が多いと思いますが、
そもそも初詣とは何でしょう?

初詣

そもそも初詣とは、神社やお寺へ、
旧年の感謝を捧げ、新年の無事平安
祈願する参拝行事。

元々はその年の恵方に行って行うのが
主流だったのですが、今ではご利益などの
目的別で行かれる方が多くなってきました。

さすがは八百万の神を愛するといわれる日本人ですね。

そんななかで、縁結びご利益を目的で
神社などにお参りされる方も多いですよね。

そこで今日は初詣で行きたい縁結びのご利益のある
東京都内の人気神社について紹介していきますね。

気になるあの子を誘って行ってみては?

スポンサーリンク
   
 

日本で最初の神前結婚式場【東京大神宮】

toukyoudaijinguu
出典:http://www.tokyodaijingu.or.jp/

1880年(明治13年)に創建された【東京大神宮】。

伊勢神宮の天照皇大神(アマテラススメオオカミ)と
豊受大神(トヨウケノオオカミ)をご祭神として
祀る【東京大神宮】。

併せて万物の結びの働きを司るという造化の三神も祀り、
1900年(明治33年)、当時の皇太子殿下のご成婚を
記念した事から神前結婚式の始まりの地として有名。

以後縁結び、家内安全、厄除開運、商売繁盛に
心願成就といったご利益があると
東京のお伊勢さん”として親しまれてきました。

縁結びというなら、ぜひお守りが欲しいですよね。

【東京大神宮】ではその種類豊富

特に人気がある“縁結び鈴蘭守り”は、可愛らしい
鈴蘭の純白の花をかたどったものとなっています。

花言葉は「幸福が訪れる」。

これを手に、2人の門出を祝える年になれるといいですね。

ちなみに、平日でも県外からも良縁を
結びたいという人たちの人気が凄いので、
当然初詣だって混雑必至

元旦2、3時間入れないのが普通です。

朝9時までには早くても着かないとダメなようですよ。

というのも、三が日は境内で銘酒「白鷹」や伊勢名物の
赤福」、特製おしるこの振る舞い、先着1000名様限定の
ミニ干支絵馬の配布(8~10時)もあります。

●配布時間
1日…0~4時、9~17時まで
2、3日…9~17時まで

寒い中で並ぶのは大変だけど、混雑の中でこそ
相手の性格が分かるという事もあります。

寒さ対策をしっかりとって、準備万端で向かいたいですね。

●東京大神宮の情報

所在地 東京都千代田区富士見2-4-1
アクセス 電車:JR(中央・総武線)、東京メトロ(東西・有楽町・南北線)
都営地下鉄大江戸線各線飯田橋駅より徒歩約5分
車:首都高速5号池袋線西神田出口より約50m
駐車場 なし
参拝時間 6時~21時
祈祷時間 9時~16時30分
祈祷料 各お願い事につき5000円
電話番号 03-3262-3566(東京大神宮社務所)
ホームページ http://www.tokyodaijingu.or.jp/

※日にちによっては祭典行事や結婚式などが行われている為、
ご祈祷に関しては事前問い合わせをおすすめします。


 
 

すべての縁を結んでくれる【出雲大社 東京分祠】

idumotaisia

だいこくさま”の愛称で知られる
大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)を祀る
島根県の出雲大社。

そこから御分霊を祀った東京分祠は、1883年(明治16年)に
東京・麹町に創建された後、今の地に1889年(明治22年)に
神殿が移りました。

すべての縁を結んでくれるとされている
大神様のお守りは、“縁結守”と“縁結びの糸”の
2種類のみ(ともに1000円)。

紅白の糸が編まれた“縁結びの糸”はその神徳に
ちなんで奉製されたもので、実際に身近な衣服など
の糸として使用できます。

最近では“縁結び絵馬”も注目されています。

ちなみに、ご存知の方も多いかと思いますが、
出雲大社の拝礼作法は“ニ拝四拍手一拝”と
他とは違うのでご注意を。

本場島根の出雲大社は約60万人の人手が出るそうです。

土日祝は元々混雑が予想されていますから、
やはり初詣も昼頃には混雑が凄いとか。

朝早く行けばそれほどでもないという情報もあるようです。

●出雲大社 東京分祠の情報

所在地 東京都港区六本木7-18-5
アクセス 電車:東京メトロ日比谷線六本木駅(2番出口)より徒歩約3分
都営地下鉄大江戸線六本木駅(7番出口)より徒歩約5分
車:首都高速都心環状線飯倉出口より約2km
駐車場 無料で3台のみ
参拝時間 9時~17時
祈祷時間 10時~16時
祈祷料 5000円(社殿にての出雲屋敷の祈願は10000円以上)
電話番号 03-3401-9301(出雲大社東京分祠社務所)
ホームページ http://www.izumotaisya-tokyobunshi.com/

 

 
 

招き猫発祥の地でも知られる【今戸神社】

imadojinjiya

神話の中で夫婦となった事で知られる
伊弉諾尊(イザナギノミコト)と
伊弉冉尊(イザナミノミコト)が祀られている【今戸神社】。

招き猫発祥の地としても知いわれ、最近では
ペア招き猫がついた“縁結御守”(800円)や
祈願絵馬”(700円)などがあります。

無事に成就した暁には、成就絵馬(700円)もあり、
神様への成就を報告、感謝をしましょう。

境内にある石造りの招き猫なでるといい事
あるそうで、携帯の待ち受けに撮る参拝者も多い様子。

良ければ、神社が定期的に主催しているという
縁結び会》に参加してみるのもいいかもしれないですね。

お正月には“恋勝みくじ”(200円)が今季の
アドバイスをしてくれるかもしれません。

また、新撰組の沖田総司終焉の地でもある事から
境内に碑が建てられており、こちらのファンも
訪れる事が多いようですよ。

もしかしたら新撰組大好きの子との良縁もあるかも…?

こじんまりとした境内、駅からも離れているので
そんなに人も居ないかなと思いがちです。

…が、今年“招き猫”“縁結び”といった点で
かなりメディアでもピックアップされたようなので、
今回は少し注目が集まっているかもしれないですね。

●今戸神社の情報

所在地 東京都台東区今戸1-5-22
アクセス 電車:東京メトロ(銀座、東武鉄道伊勢崎線)
都営地下鉄浅草線各線浅草駅より徒歩約13分
駐車場 なし
参拝時間 24時間
祈祷時間 9時~17時(要予約)
祈祷料 5,000円~
電話番号 03-3872-2703(今戸神社社務所)
ホームページ http://members2.jcom.home.ne.jp/imadojinja/T1.htm

 

 
 

燃えるような恋をしたいなら【愛宕神社】

aiganjinjiya

1603年(慶長8年)。

徳川家康が江戸幕府開府の防火防災の神様として
火産霊命(ホムスビノミコト)を主祭神に
祀ったとされる【愛宕神社】。

他に水の神・罔象女命(ミズハノメノミコト)、
山の神・大山祇命(オオヤマヅミノミコト)、
武徳の神である日本武尊(ヤマトタケルノミコト)も祀られています。

その為、防火防災、縁結びのみならず、
出世勝運の地としても知られ、東京23区内で
最も高い山にあるにも関わらず多くの方が訪れるとか。

【愛宕神社】の階段は《出世の石段》とも言われています。

勾配はキツイですが、それだけ出世の道も
厳しいと思えばちょっとは頑張れるかも。

意中の子が疲れたら手を差し伸べ、池の鯉に
エサをあげれば金運UPも望めるとか。

年明けすぐの夜中混雑も予想されますが、
早朝であればゆっくり自然を楽しめるかと思います。

●愛宕神社の情報

所在地 東京都港区愛宕1-5-3
アクセス 電車:東京メトロ日比谷線神谷町駅より徒歩約5分
同銀座線虎ノ門駅より徒歩約8分
都営地下鉄三田線御成門駅より徒歩約8分
車:首都高速都心環状線芝公園出口より約1.5km
駐車場 無料の駐車場が8台
参拝時間 24時間
祈祷時間 9時~17時
電話番号 03-3431-0327(愛宕神社社務所)
ホームページ http://www.atago-jinja.com/

 

 
 

最後に

初詣の思い出といえば…

初詣の思い出といえば、
一番大きいのは縁日バイトでしょうか。

筆者が行った先は毎年凄い数参拝客
来る事で有名な神社だったのですが、
大晦日からの24時間バイトは疲れましたねぇ。

ただ、くじ引きコーナーだったので混雑は
目の前を通る人混み程度にしか感じませんでした。

いつまで経っても目の前の景色(人の顔)は
変わりませんでしたが、トイレなども
時間をずらせば行けましたし。

皆さん、寒い中お疲れさまでございます。

ぜひ、身体を暖かくして行ってくださいね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ