個人事業主のクラウド会計ソフト選びと比較!おすすめは?


私が個人事業開業届けを提出してから
早1年が経過し、もう直ぐ青色確定申告
しようと思っています。

青色確定申告をするには、いくつかの帳簿
必要なのですが、初心者の私には帳簿なんて
全然分かりませんでした。

そこで帳簿付けを簡単にするには
会計ソフトを利用するしかないと思いました。

kuraudokaikeitop

利用する会計ソフトはパソコンに
インストール不要のクラウド会計ソフト
利用することに決めました。

そして、いくつかのクラウド会計ソフトの中から、
私は「freee(フリー)」を使っていますが、
他にも良いクラウド会計ソフトがあります。

そこで今日は新しく個人事業主になって、
新たに会計ソフトを導入しようと
思っている方のためにおすすめ
クラウド会計ソフトを紹介していきますね。

★TOPICS

・クラウド会計ソフトとは?
 ・クラウド会計を使う方が良い方はこんな人
・個人事業主のクラウド会計ソフトのおすすめ
 ・クラウド会計ソフトfreee(フリー)
 ・弥生の青色申告オンライン
 ・MFクラウド会計(MFクラウド確定申告)
・クラウド会計ソフトの簡単比較

 

スポンサーリンク
   
 


  

クラウド会計ソフトとは?

現在、注目を浴びているのが従来の
会計ソフトとは違う、クラウド型会計ソフトです。

中でも青色申告用などに個人事業主
新設法人利用が多いそうです。

では、従来の会計ソフトと
クラウド会計ソフトとの違いは
何なのでしょうか?

従来の会計ソフトはパソコン1台毎に
会計ソフトインストールして
使っていました。

また、データもパソコンのハードディスクに
保存する必要がありました。

しかし、クラウド会計ソフト
インターネット上にて使用することができます。

このため、パソコンにインストールする必要も
なく、いつでもどこでも利用することが
出来るんですね。

また、Macでも利用可能であったり、
データの自動取込みであったり
メリットはたくさんあります。

では、クラウド会計のメリット
デメリットを紹介しますね。

◆クラウド会計のメリット

・ソフトをPCにインストールする手間がない
・mac(マック)でも使用できる
・自動で銀行口座やクレジットカードのデータを取込める
・バックアップがサーバーにあるのでデータ消失の心配がない
・複数の方が同時にアクセスできる
・端末を選ばずにアクセスできる
・ソフトのアップデートの必要がない
・クラウド会計側で常に最新の法規制に対応してくれる
・無料でも使える(機能に制限あり)

 
 
◆クラウド会計のデメリット

・クラウド上にデータを保管するのでセキュリティが不安
・価格はクラウド会計のほうが割高
・手入力の場合は操作が遅い

 
 

クラウド会計を使う方が良い方はこんな人

クラウド会計を使う方が良い方は
以下のような方です。

・経費を支払うのが主にクレジット決済や
インターネットバンキングの方

・クラウド会計サーバーに個人情報を
置いておくのに抵抗がない方

個人事業主のクラウド会計ソフトのおすすめ

クラウド型の会計ソフトはインストール型の
会計ソフトよりも大幅に手間がかからず、
ここ最近は大変注目されています。

また、多くの個人事業主の方もインストール型
からクラウド会計へと変更されているようです。

そこで、有名どころの評判の良い多くの方が
使っているおすすめのクラウド会計ソフトを
3つ紹介します。

どれも使いやすいと評判のクラウド会計ソフト
ばかりですが、それぞれ特徴があります。

現在の会計ソフトが少し使いにくい
思っている方やこれから会計ソフト導入
考えている方など、是非、参考にして下さいね。

自動仕分け機能が便利なクラウド会計ソフトfreee(フリー)

freeetop

2015年8月の時点でクラウド会計のシェア数№1、
また多くの個人事業主が利用しているのが、
freee(フリー)です。

freee(フリー)は私も利用していますが、
初めて使用したときは何点か分からず、
メールチャットサポートを受けました。

質問に対して親切丁寧に答えて
いただいたのを覚えています。

さて、freeeの最大の特徴ですが、銀行口座や
クレジットカードの明細自動取り込み
仕訳してくれるところでしょうか。

最初は誤変換がある場合がありますが、
学習機能があるのでだんだんと
誤変換がなくなってくるんです。

だから、私のような初心者でも簡単に
帳簿を付けることができるんですね。

とは言っても最近は学習機能が働いて、
何もしなくても、自動で仕分けしてくれて
いるので、殆どほったらかしで大丈夫です。

帳簿に気を使わなくてもいいので、
アフリエイトに専念できるので
非常に助かっています。

では、freeeの数ある機能を簡単に
紹介していきましょう。

◆freeeの充実した機能

外部サービス連携
自動同期・連携が可能な銀行・クレジットカードや
外部サービスは1680以上あり、業界トップクラスです。

勘定科目を推測
上記の外部サービスより取り込んだ明細を
自動で勘定科目を推測して仕訳してくれます。

チャット・メールサポート
個人事業主プランと法人プランに適用されます。
(お試しプランはメールのみ)

各種レポートの作成が自動
売掛買掛レポート・資金繰りレポートなど、
各種レポートがリアルタイムに確認できます。

青色申告書の作成
画面に従って操作していけば、知識がなくても
確定申告書が簡単に作成できます。

領収書管理
領収書の整理が簡単にできます。

iPhone / Android に対応
iPhone / Androidアプリでモバイルから
取引を登録することができます。

インポート / エクスポート
他の会計ソフトからの乗換えが
スムーズにできます。

Mac対応
WindowsはもちろんのことMac(マック)でも
使えます。

マイナンバー管理
給与freeeまたは会計freee(法人版)を
利用していれば、「マイナンバー管理freee」を
追加料金なしで利用できます。

 

freeeの主な機能をざっと紹介しましたが、
まだまだできることはたくさんあります。

詳しくは下記でご覧下さいね。
クラウド会計ソフトfreee(フリー)

freeeは無料のお試しプランがあり、
試しに使ってみてから、良ければ
有料プランに移行するのがいいでしょう。

◆freeeの料金プラン

プラン名 お試しプラン 個人事業主プラン 法人プラン
月額料金 0円 980円(税込) 1,980円(税込)
年額料金 0円 9,800円(税込) 1,980円(税込)
データ保存期間 1ヶ月 無期限 無期限
領収書の
データ保存
10枚/月 無制限 無制限
決算書 法人対応
個人(プレビューのみ)
青色・白色申告対応
決算書(PDF、e-tax)
会社法準拠の
決算書
サポート メール
(3営業日での返信)
メール・チャット
(1営業日での返信)
メール・チャット
(1営業日での返信)

 
 
◆freeeのセキュリティー対策

最後にセキュリティ面ですが、freeeは最新の
セキュリティ技術を駆使し、全ての情報・通信
暗号化して保存されます。

また、「国内シェア No.1 の AWS」を
利用してデータを厳重に管理しているそうです。

「AWS」とは皆さんがご存知のアマゾンが提供している
サービスでアメリカ政府期間使っているほど
高いセキュリティを保っているそうですよ。

だから、セキュリティに関しては
安心できるといえるでしょう。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)

料金が格安でお得な弥生の青色申告オンライン

yayoitop

弥生の青色申告オンラインは会計ソフトで
シェアNO.1の弥生シリーズのオンライン版です。

freeeと同じく、Macでも使えますし、
iPhoneやAndroidのスマホアプリがあるので
スマホでも仕分け可能です。

また、こちらも自動仕訳機能があり、
銀行の入出金やクレジットカードの明細を
自動で取り込んで仕訳してくれます。

しかし、明細取得するには外部サービス
登録する必要があるのでちょっと手間が
かかります。

また、弥生の青色申告オンラインは他の
サービスに比べて料金が安いのも特徴です。

そして、驚くのはなんと全ての機能が
使えて1年間無料なんです。

ただ、無料の無料体験プランとセルフプランは
サポートがなく、Q&Aをウェブで見るだけとなります。

では、弥生の青色申告オンラインの機能を
紹介していきますね。

◆弥生の青色申告オンラインの機能

・外部

サービス連携
外部サービスと連携して銀行・クレジットカードの
明細の一括自動仕分けをします。
しかし、「MFクラウド会計」や「freee」と
比較すると機能は劣るようです。

勘定科目を推測
上記の外部サービスより取り込んだ明細を
自動で勘定科目を推測して仕訳してくれます。

電話・メールサポート
ベーシックプランは電話・メールサポートに
対応していますが、チャットサポートはありません。

青色申告書の作成
画面に従って操作していけば、知識がなくても
確定申告書が簡単に作成できます。

iPhone / Android に対応
iPhone / Androidアプリでモバイルから
取引を登録することができます。

インポート / エクスポート
他の会計ソフトからの乗換えが
スムーズにできます。

Mac対応
WindowsはもちろんのことMac(マック)でも
使えます。

 

弥生の青色申告オンラインの機能は
だいたいfreeeと同じなようです。

弥生の青色申告オンラインにも2ヶ月間無料
試せる「無料体験プラン」や1年間も無料で
試せる「セルフプラン」があります。

無料なので、自分に合っているかどうか、
試してみるのもいいでしょう。

では、弥生の青色申告オンラインの
料金プランを紹介しましょう。

弥生の青色申告オンラインですが、月額の
設定がなく、年額のみとなります。

◆弥生の青色申告オンラインの料金プラン
(初年度無償キャンペーン中:2016年3月15日まで)

プラン名 無料体験プラン セルフプラン ベーシックプラン
料金 最大2ヶ月無料 1年間無料
次年度8,640円
(税込)
最初1年6,480円(税込)
次年度12,960円
(税込)
機能 申告書類の作成不可 殆どの機能を利用可能 殆どの機能を利用可能
サポート WebFAQのみ WebFAQのみ 電話・メール・画面共有
各種相談

 

※1/15~3/15はメールや電話の
サポート対応時間の延長があります。

◆弥生の青色申告オンラインのセキュリティー対策

弥生では日本マイクロソフト株式会社の
24時間365日稼動の専用チームが
データを安全運用しています。

そして、freeeと同じように全ての
通信、データの暗号化がされており、
安全に運用されているようです。

こちらも万全なセキュリティー対策が
施されているので安全なようです。

やよいの青色申告 オンライン

個人事業主におすすめ!MFクラウド会計(MFクラウド確定申告)

mfkuraudo

特にネットビジネス系小規模個人事業主
おすすめなのがMFクラウド会計(MFクラウド確定申告)です。

以後MFクラウド会計と呼びます。

ネットビジネス系の個人事業主って、
ほとんど現金扱わないですよね。

銀行の取引明細やクレジットの利用明細
電子マネーなどのデータを自動で取り込み
自動で仕訳してくれます。

そして、気が付けば自動記帳
終了しているんですね。

時間が有効に使いたい個人事業主の方には、
ぴったりクラウド会計ソフトですね。

さらに、freeeと同じような機能があるのに、
料金はベーシック会員で月額800円
freeeより大分安いからです。

そして、年額では8,800円(税抜)となり、
月額より800円お得になっています。

では、そんなMFクラウド会計の便利な
機能を紹介していきますね。

とは言ってもfreeeと同じような機能に
なるのですが・・・。

◆MFクラウド確定申告の機能

取引データを自動取得してくれる
ネットビジネス系の個人事業主にとって
とても助かるのがこの機能。

ネットバンクやクレジットカードの連携で
明細データを自動取得してくれるので
日々の入力作業の手間が省けます。

勘定科目を自動提案してくれる
取得した明細データを分析し、勘定科目を
自動で初期提案してくれます。

あとは内容を確認して登録すれば仕訳は
完了します。

仕訳ルールを学習します
登録した仕訳を記憶するので、
仕訳が簡単にできます。

また、勘定科目を修正した場合でも
修正内容を記憶し、次回以降は同じ条件の
明細に適した勘定科目を提案してくれます。

他社の確定申告ソフトのデータを簡単に取り込みます
freee(フリー)、弥生、会計王等、
他の会計ソフトのデータを取り込めます。

だから、ソフトの移行が簡単です。

確定申告書の必要書類を自動作成
確定申告書Bや青色申告決算書などの
確定申告に必要な書類が自動作成できます。

e-Taxにも対応しているので個人事業主に
おすすめの確定申告ソフトです。

Mac対応
WindowsはもちろんのことMac(マック)でも
使えます。

 
 
◆MFクラウド確定申告の料金プラン

プラン名 フリープラン ベーシックプラン 安心電話サポート
ベーシックプラン
月額料金 0円 800円(税抜)
年額料金 0円 8,800円(税抜) 17,200円(税抜)
月額仕訳件数 15件まで 無制限 無制限
データエクスポート 不可 可能 可能
チャットサポート 登録から30日のみ 可能 可能
メールサポート 可能 可能 可能
電話サポート 不可 不可 可能

 
 
◆MFクラウド確定申告のセキュリティー

大手金融機関出身プロが会計ソフトの
システム構築・運用しているので、
複数の大手金融系企業から信頼されており、
出資を受けています。

MFクラウド確定申告でも個人情報を適切に
管理したサービス運用がなされており、
安心安全なクラウド型会計ソフトです。

また、口座などへのアクセス情報暗号化され、
厳重に管理されているようです。

他のクラウド会計ソフト同様、
セキュリティ面は大丈夫なようですね。

MFクラウド確定申告

個人事業主の為のクラウド会計ソフトの簡単比較

個人事業主におすすめのクラウド会計ソフトを
選ぶ際のポイントを比較しやすいように
簡単にまとめてみました。

選ぶ際の参考になれば幸いです。

料金機能個人事業主向けのプラン
比較しています。

◆個人事業主の為のクラウド会計ソフトの簡単比較

クラウド会計ソフト freee MFクラウド 弥生
クラウド会計
サービス開始時期
2013年3月 2014年2月 2014年10月
個人事業主用
料金(税込)
月額:980円
年額:9,800円
月額:864円
年額:9,504円
年額:8,640円
1年間無料(キャンペーン適用時)
サポート メール・チャット
(1営業日での返信)
メール・チャット
(上位版では電話サポートあり)
WebFAQのみ
(上位版では電話サポートあり)
シェア No.1?
(HPに記載)
No.1?
取引データの取得 ○(少し劣る)
自動仕訳
仕訳ルール学習
Mac対応
確定申告必要書類作成
領収書管理 × ×
iPhone・Androidアプリ
複数人で利用 × ×
インポート・エクスポート

 

料金の安さでいえば「弥生の青色申告オンライン」ですが、
サポートが全く利用できないので
初心者は困るでしょうね。

また、「弥生の青色申告オンライン」は取引データの
取り込みに他社サービスを利用して取り込むので
他社サービスの登録が必要で少し手間がかかります。

freee(フリー)とMFクラウド確定申告は
料金も機能も似たような感じですが、
freeeのほうが少し機能多いようです。

そして、freeeのほうは簿記を知らなくても
使うことの会計ソフトで簿記の知識を
必要としません。

正に私にぴったりのクラウド会計ソフトですね。

一方、MFクラウドのほうは必要最低限の
シンプル構造になっており、シンプル
入力ができるようです。

なのでfreeeよりMFクラウドのほうが
使いやすいという方も多いようです。

まあ、クラウド会計ソフトも人によって
相性があるということでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか?

3つのクラウド会計ソフトを紹介してきましたが、
私的には弥生を除いて、freeeMFクラウド
どちらかが良いと思いました。

先述のようにどちらも料金や機能の面で
同じくらいでしたからね。

私のような全く会計知識ない素人には
freeeが良いのではないでしょうか。

何故なら、freeeは全く会計知識がなくても
青色申告ができてしまうのですから。

そして、ある程度会計の知識ある方
弥生から乗り換えたい方はMFクラウド
いいのではないでしょうか。

どちらのクラウド会計ソフトも無料プランが
あるので一度、どちらも体験してから
決めるのが一番確実でしょう。

だから、面倒くさがらずに両方の
クラウド会計ソフトを試して見て下さいね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ