個人事業主になって初めての確定申告も freeeで簡単でした!



2月も中旬になり確定申告っていう言葉や
文字をよく見聞きするようになり、
いよいよ確定申告の時期の到来です。

確定申告

確定申告をするっていうと、難しそうな
イメージがありませんか?

個人事業主のクラウド会計ソフト選びと比較!おすすめは?」にも
書いているように今年は私が個人事業主
なってからの初めての青色確定申告です。

実を言うと先日、私は既に確定申告を
済ませてきたのですが、タイトルにも
あるように簡単に終わってしまいました。

なんでこんなに簡単に終わったたのかというと、
やはり、クラウド会計ソフトfreee(フリー)
導入したおかげだと思っています。

freee(フリー)を使っていなかったら、
こんなに簡単に確定申告は終わって
いなかったことでしょう。

そこで今日は個人事業主である私が
クラウド会計ソフトfreee(フリー)を使い、
確定申告簡単に済ませた様子などを
紹介してきますね。

スポンサーリンク
   
 

クラウド会計ソフトfreee(フリー)を導入

1昨年に白色申告をしたのですが、
特別控除の金額が「10万円」と少なくて
これはちょっともったいないと思いました。

それで来年は特別控除が「65万円」の
青色申告にしようと思いましたが、青色申告を
するには帳簿をつける必要があるそうです。

税理士を頼もうかとも思いましたが、頼むと
相当お金がかかりそうなので、自分で
するしかないと思い、いろいろ調べました。

調べていくうちに、会計ソフトを使うと
簡単確定申告できるようなことが
書いてありました。

会計ソフトのなかでも、PCにインストール
する必要のないクラウド会計ソフトが便利な
ことも分かったのです。

そして、なかでもfreee(フリー)初心者でも
簡単に帳簿付けができ、青色確定申告が
できるとのことで2月に導入をしたのです。

freee(フリー)なら分からないことがあっても、
メールチャットで訊くことができるので
安心です。

導入した時は、科目や取引の登録、口座振替
など、意味や方法が分からず、メールや
チャットでいろいろ教えていただきました。

私の初歩的質問に親切丁寧に
教えていただいたのを覚えています。

助かったのは、チャットサポートですね。

質問したら、すぐに答えが返ってきて、
その答えが分からなくても、その場また
質問できるからです。

自分の納得できるまで教えて
いただけるところがいいですね。

freee(フリー)仕訳・記帳も楽々!

取引の登録ですが、freee(フリー)が
銀行口座やクレジットの明細を自動
取り込んでくれます。

そして、科目もfreee(フリー)が予想して
くれるので、随分助かりました。

そして、どうしても分からない時は
メールやチャットで問い合わせをして
取引を登録していきました。

ある程度、取引登録していくと、
freee(フリー)が自動振り分けてくれる
ようになっていきます。

こうなると、殆どほったらかしでも
大丈夫ですね。

時々、銀行の実残高とfreee(フリー)の
残高合っていることを確認しておけば、
あとは、殆どほったらかしでした。

銀行の残高もいちいち銀行のページに
ログインしなくてもfreee(フリー)で確認
できるので大変便利です。

帳簿付けに時間がかからないので、
仕事のほうに集中できるので
大変助かりました。

freee(フリー)を導入して大正解です!

freee(フリー)を使い、初めての決算

こちらでは、私がfreeeで決算をし、
青色申告書類の作成をした様子を
紹介していきたいと思います。

案内従って入力していくだけで、結構簡単
青色申告用の「確定申告書」が出来上がります。

簡単に紹介しますと、freeeの上部の
確定申告」をクリックします。

すると決算のページに移行するので、
そこの「確定申告書類の作成」をクリックして
基本情報」から順に入力していきます。

★ここから下の画像はクリックで拡大します
kakuteikihon1-1

収支」の入力の欄では表示されている金額が
期末時点実際の口座の残高と確認し、
同じであれば、次の入力に移ります。

kakuteikihon2-2

違った場合、修正する必要があるのですが、
私の場合は、バッチシ合っていたので、
良かったです。

次は指示に従って入力していきます。

実際に入力の仕方ですが、該当するものは
「○(まる)」を選び、選んだらその項目の詳細や
金額などを入力していきます。

だから、非常に簡単に入力
していくことが出来ました。

kakuteikihon3-3

kakuteikihon4-4

kakuteikihon5-5

kakuteikihon6

全て入力が終われば、①提出方法、②納付方法
申告書出力して完了です。

kakuteikihon7-7

私が確定申告用に用意したのは
以下の5枚です。

確定申告書B 2枚
(第1表・第2表)

所得税青色申告決算書 3枚
(損益計算書・損益計算書の明細書・貸借対照表)

★ 確定申告書Bの見本

★ 決算書の見本

これまでの作業が1時間もかからずに
意外と簡単に終わってしまったのには
びっくりです。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)

個人事業主として初めて青色確定申告

2016年2月8日の月曜日に姫路の労働会館へ
確定申告をしに行ってきました。

私が持って行ったのは大体、
以下のようなものです。

昨年の書類
「e-Tax」のIDとパスワードが書いてある書類
昨年の確定申告書の控え

税務署から届いた封筒
納付書(こちらに納税金額を書いてもらい
納付します)

昨年度の源泉徴収表

確定申告用書類
確定申告書B 2枚
所得税青色申告決算書 3枚

印鑑と訂正印
念のためにもっていきました

 

受付は朝9時からなのですが、8時30分頃
姫路労働会館に到着しましたが、既に行列
できていました。

私の前にはざっと数えて40人くらいの方が
並んでらっしゃいました。

なんでも、月曜日一番人が多いとのことで、
たぶん、どこの確定申告会場でも同じでしょう。

だから、確定申告に行くときは、月曜日
外して行ったほうがいいと思います。

9時から受付が始まりましたが、パソコンを
自分で入力できる方とできない方では
待ち時間がだいぶ違うようです。

自分でパソコンで入力できる方は待ち時間が
少なく、できない方は待ち時間が
長いようでした。

私は自分で入力できるので、結構早くに
順番がまわってきてパソコンの前に
案内されました。

昨年、白色申告をした際に「e-Tax」に
登録していたので、そのIDとパスワードを
入力し、「e-Tax」にログインしました。

そして、源泉徴収票などを見ながら、
係員さんの指示に従って入力していきました。

時間にして、約10~15分くらいで入力
終了し、印刷を終えて無事に確定申告を
終えました。

時間を見ると9時40分くらいでした。

最後に

実をいうと個人事業主になって、
初めての青色確定申告に行くのが
とっても心配でした。

確定申告書Bや決算書などが
きちんと作成できているかどうかや、
経費が認められるかどうかなどです。

しかし、意外と簡単に終わっちゃいました。

それも、短時間に!

これもクラウド会計ソフトfreee(フリー)
おかげだと思います。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)を
導入して本当に良かったです。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ