インフルエンザで咳が止まらない!効果のある対処法は?



「侮ってはいけないインフルエンザの重篤性」

infurutop

毎年インフルエンザの季節になると、
会社や保育所など集団生活を行う場では
予防接種の声がけがなされます。

それでも、中には一度もかかった事がないと
いう人もおり、高額を払ってまで…と
予防接種を受けないという人も少なくありません。

しかし、インフルエンザは慢性的な心疾患を
持っていたり、気管支系が弱い人、乳幼児、
高齢者の中には死に至るほどの効力も。

そこで今日は、そんな侮れないインフルエンザ
症状で止まらないときに効果のある
対処法についていろいろ調べてみました。

長引く咳の原因、悪化させない対策とは?
風邪薬が効かない理由とは?などなど

あなたの症状が少しでもよくなる事を願いつつ、
その恐ろしさにも着目していただけたら幸いです。

スポンサーリンク
   
 

インフルエンザで咳が止まらない原因は?くしゃみと咳の違い

風邪やインフルエンザになると、昼夜を問わず
出る咳に悩まされる方はとても多いと思います。

咳というのは、肺や気管といった呼吸器系
侵入しようとしてくる異物を気道から
排出するために起こる身体の防御反応。

風邪やインフルエンザになり鼻水から咳に
繋がるのは、鼻水に含まれる細菌やウィルスが
喉に炎症を与えているためだったんですね。

ちなみに、くしゃみの違いは、
の異物かの異物か、どちらを
取り除こうとしているかで違います。

そのため、が連続的に出たら風邪
インフルエンザ

くしゃみが連続的に出たらアレルギー性鼻炎
疑うのがいいとされています。

どちらも上半身を大きく使うので、無理に
止めてしまうと腰を痛めますし、続くと
疲れてしまいます。

中には、咳やくしゃみの連続で肋骨が
疲労骨折を起こしてしまう事も!

咳やくしゃみが続き、胸や脇腹などに痛みを
感じた場合にはまず疑ってもいいと思います。

どちらにせよ、これらは身体からのSOS

出来るだけ早い受診を心掛けたいものですね。

ひどい咳、夜中の咳を軽くする対策は?

咳はひどくなると喉にも負担になるので、
出来る限り乾燥防いで対策したいもの。

一般的には加湿器をつけて、
マスクをして…が当たり前ですよね。

でも、ここに一手間加えられると
さらにいいと思います。

特に夜は副交感神経が優位になる事で
気管支の収縮が頻繁に。気道が狭くなりやすく、
咳が出やすくなるといいます。

そこで、直接加湿機能がついている
濡れマスクを着用したり、メントールの
オイル
(ヴェポラップなどもおすすめ)を活用したいですね。

ただ、ヴェポラップを直接塗布や気管支を
拡張するホクナリンテープ生後6ヶ月頃まで
使用を禁止
されています。

そこで、寝室にメントール系のオイルを
垂らしたお湯を置いておいたり、洗面器周りで
毛布を被っているだけでも効果的です。

要は体温をあげるために軽くサウナのよう
するという意味ですが、浴室でも出来ます。

また、昔から知られている方法といえば、
ショウガ汁やハチミツなどを飲んだり、
ネギを首に巻くというのも一理あります。

ただ、ハチミツはグルコン酸という成分が
咳を鎮める一方、乳児ボツリヌス菌を発症する
という理由から1歳以上の使用がすすめられています。

このように対策は様々あり、どれが効くというのは
見ての通り一概にはいえません。

しかし、どれも1度試してみるには
問題ないでしょう。

どれが自分に合うのか、ぜひ検討したいものですね。

インフルエンザに風邪薬は効かない?有効な咳止め薬の選び方

jyouzai

インフルエンザの咳の原因が風邪と同じと
聞いて、きっとほとんどの人が咳止め薬

解熱剤などのいわゆる市販風邪薬
対処すると思います。

しかし!インフルエンザは風邪のなかでも
とても感染力の強いもの。

長引く事で気管支炎や肺炎、はたまた心不全
といった重病に繋がる事も多々あるので、
出来れば医師の指示に従い処方箋を受けるのがベストです。

どうしても病院に行く暇がない、または
「風邪かインフルエンザかわからない」なんて
時には、以下の点に着目して薬を選びましょう。

まず、病院で診察を受ける際、医師に
こんな事を聞かれると思います。

「今、一番辛い症状はなんですか?」

インフルエンザを始めとする風邪の症状と
いうのは、鼻水→咳→熱となるのが通常の進行です。

そこで、症状を一気に和らげようとついつい
頼りたくなるのが“総合感冒薬”。

ですが、これが症状をむしろ悪化させる
原因
にもなりえるのだといいます。

というのも、“総合感冒薬”には
インフルエンザの時に使用できない

「サリチル酸系」と呼ばれる解熱、
鎮痛成分が入っています。

インフルエンザの時に使うと、
ライ症候群・インフルエンザ脳症」といった

脳症や肝機能障害といった合併症
引き起こす事があるというのです。

怖いですね…。

特に未成年者の場合には
死亡率も高くなるといいますから、それだけ
安易に使用しない事が求められます。

大人になれば少しはリスクが減るとされてますが、
それでもなにもリスクをおかすことはないでしょう。

そこでどうしても市販薬を使わなくてはならない
状況に陥った場合には、“解熱鎮痛剤”など
ピンポイント症状抑えてくれるものを選びます。

そう、先に話した“今、一番辛い症状”を
和らげるんですね。

そういった意味では、症状そのものではなく、
その原因に働きかけてくれる漢方薬もすすめられています。

もちろん、病院に行けるのならば、ぜひとも
症状が悪化する前に受診したいものです。

ここで話した対処はあくまでも応急処置と
考え、出来るだけ早く症状の改善を
図れるよう心掛けたいですね。

手で鼻と口と抑えるのは問題外?!正しい咳エチケットの方法は?

tesyuhanasenai

皆さんは、とっさの咳を受け止める際に
どのような手段を取られるでしょう。

咳エチケット基本マスクですが、それが
出来ない場合も多々ありますよね。

実は一般的に知られる
“咳やくしゃみを素手で覆う”というのは、

残念ながら正しい咳エチケットでないと
いうのをご存知でしょうか?

そこでここでは、正しい咳エチケットに
ついてお話したいと思います。

マスク

マスクは基本的な事ですが、
1度外したものは再利用不可

また、外す際やつける際、マスク表面
ついている可能性のあるウィルスや細菌に
触れないよう注意します。

マスクにはサイズがあり、自分の顔により
フィットしたものを選ぶのが大切です。

◆マスクのサイズの選び方◆

1.まずは親指と人差し指でL字を作りましょう。

2.こめかみの位置に親指、鼻の付け根から
約1cm下の位置に人差し指の先端がくるよう当てます。

3.親指~人差し指までの直径を元に、
以下のようにサイズ目安がつけられます。

・9~11cm→子供用サイズ
・10.5~12.5cm→小さめサイズ
・12~14.5cm→普通サイズ
・14cm以上→大きめサイズ

 

フィットしていないと、結局は隙間から
ウィルスや細菌入る原因となります。

面倒だからとお父さんからお子さんまで
同じサイズ…なんて事はないようにしたいですね。

ティッシュやハンカチを使用

マスクがない際、ティッシュハンカチ
鼻や口元を抑えます。

使用したティッシュは出来るだけ早く
ゴミ箱へ捨てるようにしましょう。

間違っても置きっぱなしにしたり、
再利用しないように。

ハンカチ同じ面は使わないよう心掛け、
出来るだけ早く洗濯したいですね。

その際、感染者とその他の家族などの
洗濯物がかぶらないよう注意しましょう。

直接手で抑えない

急な時は肘の内側などを用いて、上着などが
口と鼻を覆う形になるようにします。

素手で口と鼻を覆った場合、手のひらに
ウィルスこびりついてしまいますから、
出来るだけ早く手を洗うよう心掛けましょう。

これを機に、皆さんもぜひ自身の
咳エチケットを見直してみて下さいね。

最後に

「毎年ドキドキ…インフルエンザの季節の過ごし方」

以前、2歳の娘が保育所に通い始めた1年目は、
ほぼ2~3週に1度の割合で風邪をひいていた気がします。

2年目ともなるとそれもあまりなくなるが、
次は0歳の娘が入所。

保育所でインフルエンザやら溶連菌やらの
ワードが出るたび、いつかかるかとドキドキ…。

とりあえずなにが一番大変かといえば、
仕事が休めないので休養先の確保です。

ばぁばに電話をかけ、その日頼めるかと
連絡しまくりであります。

まずはかからないようにするのが一番だけど、
こういった時の根回しも働くママに
とってみれば大事な子育ての一環かもしれませんね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ