山ヒルに噛まれたらどんな症状?対処法はコレ!


夏に向けて活発化!山ヒルにご注意を

寒い冬が終わり、まもなく暑い夏がやってきます。

夏から秋にかけて…といえば、海もいいですが
山でキャンプや登山、ハイキングなんかも
気合いをいれたいものです。

yamahirutop

…?そこのあなた!そんな半袖半ズボン
行くなんて…山ヒルにでも
目をつけられたらどうするんですか!

え?山ヒルをよく知らない…?
山に行くのならそれではいけませんね。

そこで今日は登山初心者の方のために
山ヒルに噛まれたらどんな症状になるのかや、
対処法などについてじっくりお話していきますね。

スポンサーリンク
   
 

山ヒルとは?生息地はどこ?

山ヒルは体長2~5cm赤褐色背中
黒い3本筋が入っているのが特徴です。

ヒルといえば吸血虫として有名ですが、
彼らも例外ではなく、吸血すると
約8cmほどにまで大きく膨れ上がります。

とはいえ、中には吸血せず、
他の水生動物捕食して生きるものも
いるなど、その生態は様々。

山ヒルはその中でも唯一の
陸生動物として有名です。

吸血されたからといって死ぬ…などの
害はないも、ヒルジンと呼ばれる血が
止まりにくくなる液を身体に注入されてしまいます。

活発化するのは、4月の終わり頃から
11月の始め頃までの登山やキャンプ時期。

特に6月~8月といったジメジメと
暑い季節には元気いっぱい
です。

生息場所登山道や川の近く(沢筋)、
落ち葉の生い茂った獣道
人工林なんかが多いようです。

関東ですと、東京都の奥多摩や神奈川県厚木市と
いった森林公園ダムキャンプ場周辺での目撃、
被害情報が多く聞かれています。

とにかく隙間を作らない!山ヒル対策の服装とは?

ハイキング

登山やキャンプ場に行く際、よくいわれるのが
長袖、長ズボンで”という事だと思います。

これらは山ヒルだけでなく、草木で肌が
負けたり、急激な気温差にやられて

しまわないようにする為の対策なので、
最低限守って行くよう心掛けて下さい。

山ヒル対策で特に注意したいのは、
雨の日雨の翌日

前述したように山ヒルはじめじめと
湿っぽい場所が好きなのですが、
実は雨は苦手なのだといいます。

え?なら心配ないじゃないかって?

いえいえ、草木の裏側などに張りついて
隠れていた山ヒルが食欲に負けて雨とともに

落ちてくるなんて事も多々ある事なのだとか…
いや~、気持ち悪いっ!

そこでまずは、服装での山ヒル対策。

◆山ヒル対策の服装

・分厚い靴下
万が一靴の中に入ってしまっても、
分厚い靴下を履いていればそうそう
突き抜けて噛まれないです。

・ズボンの裾は靴下の中
靴に入れただけではまだまだ隙間があります。
もちろん、シャツの裾もズボンの中に。

・忌避剤=虫避けスプレーなどを靴に塗る
アウトドアショップなどには、
ヒル用忌避剤が売っています。

このほか、塩やキンカンを足元に塗るのも効果的。

靴の中に異物を感じた際は、足場の良い
乾燥したところでチェックしてください。

※ヒル専用忌避剤は直接肌に塗ってはいけません。

・つばの長い帽子
案外見落としがちなのが首もと。

ポトッと首筋に入ってしまう事も多々あります。

タオルを首に巻くのもいいですね。

・ボタンのついた衣類は着用しない
ボタンの隙間からニュルニュル…と
入ってしまう事もあります。

同じ理由で網目が洗い軍手も避けましょう。

お洋服で出来る対策は大体こんな感じでしょうか?

続いては、実際噛まれてしまった時の
対処法や応急処置なんかについてお話します。

山ヒルに噛まれた時の症状は?

山ヒルは自分の体10~20倍の量の血液
吸う事が出来るといわれています。

そこで、まず襲われた時に驚くのは血だらけの
デカいヒルの姿だと思いますが、
焦らず冷静に対処しましょう。

山ヒルは噛まれても毒がないので死ぬ事はなく
麻酔成分をもつ唾液を出すので痛みもありません

海外では、彼らに悪い血を吸ってもらう
デトックスもあるそうです。

吸われた後にはヒルジンと呼ばれる血が
固まるのを防ぐ成分があり、
血がダラダラ流れるのが特徴。

気づかぬうちに出来た傷口は、残念ながら
1~2週間は残るといわれています。

人によってはじんましん痒みが出たり…
といったアレルギー症状を起こす事も少なくありません。

山ヒルを無理なく身体から引き離す方法は?

山ヒルは無理に引き離そうとすると、
噛んでいる部分が広がってしまったりします。

山ヒルに塩水防虫スプレーなどを
かけると簡単にはがれますし、
アルコールを近づけてもはがれます。

吸血後の山ヒルはその後2週間ほどで産卵、
その後1年は元気に過ごすそうです。

そこで、次の犠牲者を出さないためにも
その場ですぐ殺すのが鉄則です。

可能であればハサミなどで切ったり、
石などで叩き殺すのが一番。

ただ、なかなかこれらをすぐ出来るワケでは
ないので、強い濃度の塩水やエタノールを
噴霧するのも効果的です。

ヒルはアルコールに弱いのでウェットティッシュで
つまむのも効果あり。

怖ければライターなど火を近付けるのもいいそうですよ。

山ヒルに噛まれた時の応急処置の方法は?

aruko-ru

山ヒルに噛まれたら、まずしたいのが
ヒルジン体内から出す事です。

山ヒルは口だけでなく、尻尾など全身を
使って身体に張り付くので傷口は非常に
鋭利な刃物削られたような傷口をしています。

よく毒を持ってる虫などにやられた際に口で
傷口を吸う…なんてありますが、余計な

汚れや雑菌が入って化膿するといけないので、
とりあえず流水などで洗い流します

血と一緒に洗い流すのですが、ヒルジンが
多く残っていると5~6時間は流血しっぱなしなんて事も。

なければアルコール除菌ウェットティッシュ
抑えてからでもいいでしょう。

毒を取ってくれる“ポイズンリムーバー
なるものもあるので、これがあるとヒルジンの
排出を促し傷の治りも良くなるといいます。

抗生物質の入った抗ヒスタミン剤
(キンカンなども効果あり)を塗ると、
強い痒みも抑えられます。

その後はばんそうこうなどで傷口を
おさえておきましょう。

まとめ

「大人になると触れない虫たち」

日常的に土いじりをされている方なら
別でしょうが、なぜでしょう?大人になると
急に虫に触れなくなってしまうものです。

カエル、トンボ、バッタくらいなら
平気なのですが、ミミズ系はもう
だいぶ無理になってます。

きっとどこかで苦手意識を持ってしまうんでしょうね。

そんななか、ウチの娘は動き回る虫は
ダメだけど動かなければ平気だったですね。

夏の暑さで干からびてしまったミミズさんを
「あついね~」と持ち上げ、日陰である草むらへポイッ。

そんな娘に成長をみつめる家内でしたが、
とりあえず速攻で手を洗わせてましたね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ