七夕で短冊に願い事を書くのはなぜ?由来や意味は?


笹の葉、さ~らさら~…

まもなく7月。

7月といえば七夕、ですよね。

七夕

七夕には竹に願い事を書いた短冊や吹流しを
飾り付けて…って…そういえば、何で七夕に

願い事を書くのかよくわかんないかも…って
人多いのではないでしょうか?

また、遠距離恋愛の織姫と彦星が一年に一度
会える日ですが、そもそも何で
遠距離恋愛になっちゃったのか?

そこで今日は七夕短冊願い事を書くのは
なぜなのか、また、七夕の由来意味などに
ついて調べてみました。

参考にして、当日の夜は恋人や家族、
友人との大切な時間にしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
   
 

七夕の由来や意味は?

七夕といえば織姫彦星の恋物語が有名です。

これは、元々中国から伝わった伝説で、
これに日本の慣わしが合体したと云われています。

昔々、機織の名手である織姫(織女星/しょくじょせい)と
農家の彦星(牽牛星/けんぎゅうせい)の二つの星がいました。

織姫は素敵な機織が出来る女性だったのですが、
自身の外見などには目もくれない娘でした。

そこで天の神様が婿探しの相手として
見つけてきたのが真面目に畑仕事を
していた彦星でした。

ところが、それまで真面目に仕事をしていた
2人だったからか、結婚すると2人は毎日
仕事をせずラブラブで遊んでばかり。

これに怒った天の神様が怒って、2人は
引き離されてしまいましたが、これでは
織姫が泣き暮らしてばかり。

ますます仕事が手につかなくなってしまいました。

そこで1年に1回、7月7日の夜にだけ会えるのを
楽しみに真面目に働き始めたと云われています。

ここに日本の『棚機(たなばた)』という
神事で使う着物を織る機械の名前と、
『七夕(しちせき)』という五節句にも

数えられる7月7日が重なって
今の形になったとされています。

七夕になると短冊に願い事を書くのはなぜ?

短冊

七夕といえば短冊願い事を書くという
習わしがありますよね。

元々、短冊というのは
字を書く事で学問や書道の上達を願う』という
意味を持つ飾りでした。

また、その色も昔は中国の五行説を用いて、
赤(木)、青(火)、黄(土)、白(金)、黒(水)が定番。

が、現在では不幸などを表す黒がなくなり、
赤、青、黄、浅黄、白、紫6色が一般的になりました。

多分、仏法で高貴を表す紫など日本色に
まとめられてきているのかもしれません。

さて、そんな短冊。

なぜ、『願い事が叶う』なんて
云われるようになったのでしょうか?

諸説ありますが、一番有力なのは

『字を書く事で学問や書道の上達を願う』
というものが、時代を追う事に

願い事を書く事で願いが叶う

と、少々無茶ぶりにもほどがある伝わり方
したのではと云われています。

確かに、七夕はただでさえ織姫と彦星が
出会える1年に1度のロマンティックな夜。

そんな奇跡に乗っかって、願い事をしたくなって
しまう気持ちも分からなくない…かもしれません。

七夕飾りは願いを込めて飾ろう

さて、短冊の意味が分かったところで
気になるのが他の飾り物。

そこでここでは、その他の飾り物に
ついてもお話していきますね。

◆吹き流し
元々吹き流しは織姫が機織りに使っていた
糸を表しています。

吹き流しは鯉のぼりの上にもついていますが、
こちらは戦国時代ののぼりにつけていた
魔除け』の意味が起原とされています。

昔は長寿を願って1本ずつ笹にくくりつけて
いたのですが、近頃は大きなくす玉に沢山の
吹き流しをつける事も一般的になってきました。

ちなみに、くす玉も元々薬草などを入れた
御守り=『厄除け』として中国から伝わったそうですよ。

魔除け厄除けの意味も込めてか、このくす玉と
吹き流しの合体したものが仙台七夕を起原に
日本中に知れ渡ったのだとか。

◆編飾り
魚を捕る網を表しています。

その見た目から分かるかと思いますが、
豊漁』や『豊作』を願っています。

◆くずかご
くずかごって事はゴミ箱ですね。

なぜ?と思っていましたら、『清潔』や
節約』の心掛けを養うという意味があるのだとか。

◆紙衣(かみこ)
着物の形をしていますね。

これは七夕の語源である棚機(たなばた)女が
神様に捧げた着物を表しています。

そこで、『無病息災』を願う身代わりとして
七夕竹の一番上に。

クリスマスの星飾りみたいですね。

また、機織りという事から『裁縫』や『手芸』が
上達するようにという意味も込められています。

◆巾着
巾着は財布を表しています。

という事で分かりやすく、『節約』と『貯蓄』の
心掛け、『商売繁盛』を願った飾りとされています。

◆千羽鶴
千羽鶴

千羽鶴とはいっても、千羽折る必要はありません。

その家に住む年長者の歳の数だけ折り、
家族の『長寿』を願う飾りです。

日本では病床の方への快気祈願などの
意味も込められていますよね。

この事から、家族の『健康』も願っている事
が分かるのではないでしょうか?

他人任せはダメ!願いが叶う短冊の書き方とは?

negaisuru

さぁ、ここではいよいよ短冊
書き方にいきたいと思います。

どうせ書くなら、何が何でも叶えたいですね。

どうしたら叶うのか、それは『宣誓』、
断言』といった書き方をする事!

ありがちな、

~したい
~なりたい

といった曖昧な表現や、

~できますように

といった他人任せ
(…神様へのお願いなのである意味他人任せ)な
表現ではなく、

~する!
~やる!

といった断言が大切なんだとか。

また、明らかに無謀な…

今すぐ
突然

といった無理難題を挙げるのではなく、

○月までに○万円貯める

など、自分がしたい目標として書くのが
一番良いと云われています。

確かに、短冊=願い事ではありますが、
要は自分自身に対する課題として挙げる事も
大切なんですね。

最後に

「天の川って見た事ありますか?」

夜でも電気やらなにやらで明るい現代。

なかなか夜空を見上げる事も
少なくなってきているのではないでしょうか?

そこで気になったのが、天の川って
見た事あったっけ?という事。

私は子供の頃か定かでないですが、
何となく見た事がない気がします。

あなたは天の川、見た事ありますか?

2016年はスーパーマーズなども見れる年です。

ぜひ、天の川に限らず見落としがちな空を
見上げてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ