上げると痩せる基礎代謝とは?効果的な食べ物とおすすめの食べ方


「代謝を上げるってどんな事?」

kisotaisitabetop

人の身体の中には、基礎代謝活動代謝
食事誘導性熱代謝物質代謝
といった働きがあります。

そもそも代謝とは、身体の中で
生じている消化や栄養補給など化学変化や
エネルギー変換をさします。

そのうち、人間の身体の基本
支えているのが基礎代謝

呼吸や循環、体温、腸内の蠕動運動、筋肉の
緊張などといった維持を行う必要なもので、
生活していくうえでは必ずしも必要なものとなります。

…と、いう事は?!基礎代謝上げる
身体が痩せやすくなるという事!?

そこで今日は、基礎代謝働きと、上げ方
基礎代謝上げる食べ物食べ方について
調べましたので紹介しますね。

★TOPICS

・基礎代謝ってなに?上げるなら食事改善が一番!
・代謝がUPすると期待出来る“痩せやすい体質”になる理由
・基礎代謝を上げるのに効果的な食べ物とおすすめの食べ方

 
 

スポンサーリンク
   
 


 

基礎代謝ってなに?上げるなら食事改善が一番!

基礎代謝は、身体を動かすなどの活動を
していない状態でも、呼吸をしたり体温を

調整するといった最低限生命維持
支えるエネルギーを指します。

その消費量は1日分の約6~8割分!

そりゃ呼吸しないワケに行かないですから
当たり前の事ですよね。

ただ残念ながら、年齢や性別、体格だけでなく、
平均体温などによってその消費量大きく変わります。

しかも、20歳頃を境に徐々に減少。何か
対策している人としていない人とでは、
50歳前後でさらにその差がつくのだとか。

では、基礎代謝低いとどうなるのか?

・量を食べていなくても太りやすい
・免疫力が落ち、病気にかかりやすい
・疲れやすい
・便秘がち、もしくは下痢がち
・朝起きれない、または夜なかなか寝つけない

 

あれあれ?当てはまる事が多い気がする…
なんて人、まずは食事改善から基礎代謝を
UPさせてみませんか?

もちろん、身体を動かしたり、お風呂や
寝る時間をきちんと決めて実行するのも

いいのですが、食事を見直すだけ
改善出来るなら嬉しいですよね。

代謝がUPすると期待出来る“痩せやすい体質”になる理由

metaboonaka

基礎代謝上げる事で期待出来る効果の1つに
痩せやすい体質になる」というものがあります。

これは、身体に入ってきた栄養が上手に
エネルギー化される事で常に脂肪を
燃焼させているためです。

要は、代謝を上げる事で燃費が
良くなるという事ですね。

先述した通り、基礎代謝低い場合には
体温なども低く、身体がなかなか暖まりません。

例えるなら、冬場の朝に
車にエンジンをかけた状態。

特に新車ならまだしも、中古車なんて
下手したらなかなかエアコンなどが
効かず寒い思いをするものです。

ここに良いガソリン(=栄養)を入れたり、
質の良い走り方(=適度な運動)をすると、

エンジンがいつまでも綺麗に保たれ、
燃費がUPしますよね。

これが身体にも起きるというワケ。

身体が暖まれば自然と活動的になり、
適度な食事と運動をとる事が
出来るのではないでしょうか?

では実際、どんな栄養を摂ればいいのか?

分かっているようでなかなか出来ないのが
この部分です。

そこで次の項では、おすすめ
食材についてお話したいと思います。

基礎代謝を上げるのに効果的な食べ物とおすすめの食べ方

cooking_shichimi

基礎代謝上げるには、まず身体内側
温める必要があります。

一番分かりやすいのは、唐辛子や
チリペッパーに含まれる「カプサイシン」でしょうか?

食べているだけで身体が暑くなって汗が
ダラダラ…なんて方も多いですよね。

え?辛いのは苦手?

なら、生姜特有の「ショウガオール」、
ネギ、玉ねぎ、にんにくなどに含まれる

硫化アリル」、かぼちゃやさつまいも、
うなぎなどに多い「ビタミンE」はどうでしょう?

割かしら口にしやすいですし、
お料理としての幅も広げやすいと思います。

身体を温めたら、次に疲れにくく健康的に
動けるようになりたいもの。

そこで食べたいのが、
低カロリーで高「タンパク質」。

低カロリー高タンパク質の白身魚や
鶏のささみはカロリーの燃焼を促進し、
疲れにくい身体を作ってくれます。

さらに魚介類、肉類、レバーや乳製品、
大豆に多いのが「リジン」や「アルギニン」、
「アラニン」、「プロリン」といった「アミノ酸」。

「ビタミンB群」を多く含む玄米や青魚、
大豆製品や「ヨウ素」を含む魚介類、海草類も
加えると、代謝促進に役立ちますよ。

また、是非取り入れたいのが抗酸化作用を
もっている「カテキン」。

緑茶に特に多く含まれていますよね。

エネルギーの燃焼を促進する力をもつので、
是非食前、食中関わらず定期的な
水分補給として飲みましょう。

食べ方としては、自律神経の活性化を
促すため、咀嚼量を多くするよう心掛けます。

特に食物繊維が豊富な食べ物(全粒粉パン、
根菜や果物など)は、口の中で噛む量が増えますよね。

ずっと噛んでいるのも面倒な気がしますが、
その分消化に至るまでの時間が短縮。

実に約10%程ものカロリー消費に繋がるとか!

しかも満腹中枢も刺激されるので、
おやつなど口が寂しい時にはガムや
硬いりんごなどを食べるといいそうですよ。

栄養素 基礎代謝を上げる効果的な食べ物
カプサイシン 唐辛子、チリペッパー
ショウガオール 生姜
硫化アリル ネギ、玉ねぎ、にんにく
ビタミンE かぼちゃ、さつまいも、うなぎ
低カロリー高タンパク質 白身魚、鶏のささみ
アミノ酸 魚介類、肉類、レバー、乳製品、大豆
ビタミンB群 玄米、青魚、大豆
ヨウ素 魚介類、海草類
カテキン 緑茶

 
 

まとめ

「代謝を上げる生活を心掛けよう」

暑さ、寒さに関係のない体力勝負の職場は、
やっぱりとんでもなく疲れやすいですね。

休みの日はついつい軽い食事に
なってしまうのですが、仕事の日はやっぱり
動いた分だけ食べなくては!といった感じ。

寝ている時間も、キリン並みに短い時間で
ぐっすり寝てる事も多くなりました。

これって、きっと代謝が上がっているって
ことなのかもしれません。

ただ、便秘と冷え性は改善していないのですが…。

やっぱり、食事も大事ですが、ほどよい
運動や睡眠、ストレス解消もしっかりしないと
いけないのでしょうね。


スポンサーリンク

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

Current ye@r *

このページの先頭へ