ウォーキングで脂肪燃焼?効果的な時間や距離、ポイントは?


ウォーキングは一番身近なダイエット

ulokingutop

そろそろ秋。

きっと多くの女性が出来るだけ気軽に、
辛くないダイエットをお望みなのではないでしょうか?

そこで今回おすすめするのがウォーキング

「え?いつも1駅余計に歩いてても痩せないよ」

とか、

「毎日2万歩以上歩いてるよ」

とか、人によっては歩いていても効果が
ないなんて人も少なくないかもしれないですね。

そんな人はもしかしたらやり方
正しくないのかもしれません。

人知れずダイエットに望んでるあなた。

ウォーキングで効果的、より効率的に
脂肪燃焼をしてみませんか?

★TOPICS
・ウォーキングで脂肪燃焼!そのメカニズムとは?
・脂肪燃焼の効率UPが期待できる時間帯とは?
・脂肪燃焼効率をUPするウォーキング前の下準備
・脂肪燃焼効率をUPさせるベストな食べ物は?
・ウォーキングする速度は?何分歩く?何km歩く?

 
 

スポンサーリンク
   
 

 

ウォーキングで脂肪燃焼!そのメカニズムとは?

キャンプなどで火を起こす際には、酸素など
空気を入れる事でその燃焼を促します。

それは人体でも同じ事。

人体に溜まっている脂肪は見ての通り脂です。と
いう事は燃えるはずなんです。

脂肪をなくすには、体内に酸素を取り入れ、
余分な血中や内蔵などについた脂肪
エネルギーとして燃焼する事が大切です。

でも脂肪や体調不良に悩まされている方の
多くは、冷え症や低体温症など身体が
冷え切った状態になっているといわれています。

知っていますか?体温1度下がるたびに
免疫力30%下がってしまうんです。

また、新陳代謝も上手くいかなくなって
しまうので、便秘や生理不順といった更なる
悪循環も生み出しちゃいます。

そこで効果的とされているのが、ウォーキングや
ジョギングといった有酸素運動の類。

有酸素運動を行う事で必要な酸素を身体に
取り入れ、これにより脂肪を燃やして身体を温めます。

これで身体にはほどよいストレスがかかり、
免疫力や自律神経系が刺激を受け、身体に
大切な抵抗力を作り出すのだとか。

なので、ウォーキングは糖尿病患者などにも
薦められているれっきとした運動療法の1つなんですよ。

もちろん、イライラしてしまう、眠れないなどの
ストレスは逆効果なので悪しからず。

これから紹介するポイントを大切にし、
あなたもウォーキング効果的脂肪燃焼を促しましょう。

脂肪燃焼の効率UPが期待できる時間帯とは?

arukuasimoto

ウォーキングをする事で脂肪を燃焼したいなら
一番良いのは、朝食前だといいます。

朝は交感神経が優位になっており、消費エネルギー
夜に比べて約10%上がっているのだとか。

しかも!

この食前というのがポイント。

これにより、普段食事によって摂れる
エネルギー源の糖質が足りなくなり、体内に
備蓄された脂肪使い始めるのです。

逆に、今食べた分を消費したいというなら食後。

かといって余裕なふりをしてバクバク
食べてはダメですよ。

もし筋力をつける目的なら、運動後に
しっかりと休む事が出来る夜が一番
ベストだといわれています。

朝は忙しいですから、自分のライフスタイルに
合わせて行うのが良いですが、出来るなら
朝型生活にすると効果が高いようです。

脂肪燃焼効率をUPするウォーキング前の下準備

jyunbiundou

ウォーキング前にする下準備をきちんと
整えるだけで、ちょっとでも脂肪燃焼効率
UPさせる事が出来ます。

例えば靴、そして服装。

動きやすい服はもちろんだけど、
出来る事なら有酸素運動効果的
サウナスーツを着るのも一利あり。

サウナスーツは着れば汗が出るのですが、
サラサラしてる汗はただの水分の無駄使い。

運動してドロドロの汗を流してこそ、
デトックス効果でダイエットに
繋がるといわれています。

だからサウナスーツはただ着るのではなく、
常々水分補給する事が大事。

また、用もないのにずっと着ていては逆に
体温調節の機能が衰えるというデメリットも。

何でも適度が大事なのですね。

これに合わせ、靴も普段通りではいけません。

もちろん履き慣れた靴は良いのですが、
こちらも出来ればウォーキング用などの
軽い靴を履くのが一番とされています。

足が疲れてしまっては意味がありませんからね。

準備運動でしっかり足の筋伸ばす事もお忘れなく。

プラスして、フォースコリーや
ブラックジンジャーなど脂肪燃焼を促す
サプリメントを使ってみるのも効果があるとされています。

脂肪燃焼効率をUPさせるベストな食べ物は?

ウォーキング時に摂っておきたいのが、
脂肪分解酵素=リパーゼを持つカフェインを
含んだコーヒー

そしてバナナチョコライ麦パン
いった低GI食品です。

特にバナナやチョコといえば、ランニングの
休憩所などに置かれ、アスリートを支えているの
をよく見掛けるのではないでしょうか?

バナナは、運動開始前に摂る事で単糖類から
すぐエネルギー補充できます。

これにより満遍なく体内にエネルギーが
供給されるのです。

コーヒーは運動前に飲めば目覚めもスッキリです。

30分前が丁度良いとの事。

ただ、胃腸が弱い人はコーヒーでお腹が
やられてしまう事も…。

なので、バナナとコーヒーなどの軽食として
摂ってから出発するのがベストと云われています。

ウォーキングする速度は?何分歩く?何km歩く?

ウォーキングをする際は、ダラダラ
歩いていたのでは意味がありません。

きちんと背筋伸ばして、腕振りしながら歩きます。

この時の歩く速度は、

お話しながら歩いてちょっと息が上がるくらい

が良いと云われています。

時間としては2~30分

距離にして約3~6kmくらいが適切です。

「今日は調子が良いからもうちょっと歩いちゃおうかな」

なんて日もあるかもしれませんが無理は禁物。

毎日の継続が大切なので、無駄な疲れを
溜めぬよう心掛けましょう。

最後に

主観的ウォーキングの効果UP方法

ウォーキングで効果を出すポイントの1つに、

「話をして軽く息が上がる速度」

というものがありました。

私は個人的に元々歩くのが速い方なのですが、
話をしていて息が上がるほどでもありません。

…が、これ通勤時の話。

以前の私の会社は駅から一山越える徒歩15分の道のり。

車を買うまで毎日否が応でもウォーキング状態でした。

そしてこの頃、通勤時の唯一の楽しみは
ウォークマン曲を聴きながら歩く事。

きっと多くの方がそうだと思うのですが、
ついつい口ずさんで…いくうちに
大きくなるなんて事ありません?

もちろん、あまりに大声で歌って歩くのは
おすすめ出来ないのですが、実は口を大きく開けて
いかにも熱唱的息づかいをしていると結構疲れます。

変な人…と思われたくない方!
マスクをするとさらに疲れます。

一緒に歩く人もいないし…なんておひとり様にも
おすすめなウォーキング方法ですよ。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ