食べられる花「エディブルフラワー」って知ってる?栽培方法は?


いつもの食事に彩りを添えて

毎日気付けば揚げ物などで茶色い食卓。

なんだかとても虚しい時がありませんか?

かといってサラダじゃ味気ない感じがして…。

そんな時おすすめなのが、食べられる花!

tabebabatop

食べられる花ってどんなものがあるの?

実際買おうと思ったら高いんだけど、
自分で栽培出来る?

そんな疑問も調べてみました。

本当にいろんなものが食べられる花として
進化しているんですね。

色とりどりの季節の花を料理に飾れば、
きっとあなたの食欲を刺激してくれるはずです。

★TOPICS
・料理を彩ってくれる食べられる花の正体とは?
・「エディブルフラワー」は一般人にも育てられるらしい!
・通販で上手に「エディブルフラワー」を買う方法は?

 
 

スポンサーリンク
   
 

 

料理を彩ってくれる食べられる花の正体とは?

近頃、ハワイアンの店やエスニック料理の
出る店に行くと、料理の上に彩り豊かな
花が乗っています。

この花、食べられちゃうんですよ。

そんなお花を世界では「エディブルフラワー」と
呼びます。

山菜でもハーブでも言うので、実はお刺身の
わきにある食用菊たらの芽ニラなんかも
この「エディブルフラワー」に属するとか。

…と、いう事は、名前で真新しい感じが
しているだけで、食事に美しさを求める
日本食でも随分昔から親しまれてきていたんですね。

それもそのはず、広い範囲では味や香りの
アクセントとして用いられていますが、
基本的に彩りとしての利用が多いと云われています。

そのため、近頃はチューリップバラ
パンジーなんかもこの「エディブルフラワー」と
して使われる事が増えてきたというではありませんか!

じゃあどこで売っているかって?

もちろん花屋さん!…ではなく、デパ地下
食料品の充実した大型のショッピングセンター
近所の八百屋さんなど。

普通の野菜や果物のようなトレイなどの
容器に、約15~20個くらい。

まるでイチゴやミニトマトのように入っているのです。

もちろん、今時はネットでも購入できるので、
とりあえず

食用花 エディブルフラワー

なんて検索すると沢山出てきますよ。

楽天市場の「食用花 エディブルフラワー」 の検索結果一覧はこちら

「エディブルフラワー」は一般人にも育てられるらしい!

実際購入してみようと思ったら、なんだか
意外と良いお値段なんて事多いですよね。

そんな「エディブルフラワー」、
実は一般人にも栽培出来るとか。

そりゃそうです!元々鉢植えや観葉植物と
しての花が食用になっただけなのですから。

でも「エディブルフラワー用」の
ものを使うのが基本。

直接口にするものですから、間違っても
農薬を散布した観賞用
食べたりしないようにして下さいね。

インテリアにも!簡単に栽培する方法、注意点とは?

kanesyon

「エディブルフラワー」は、近頃専用
キットなんてのがあります。

初心者向けに事細かな説明書が
ついているし、可愛い入れ物だから
部屋に飾るのにも気兼ねありません。

最近ではバラやカーネーションなども販売
されているので、何気なく調理前にそこから
花を摘んでいたら驚かれそうですね。

楽天市場の「エディブルフラワー 栽培」 の検索結果一覧はこちら

特別な日の食事にはぴったりです!

育てる際に気をつけるべき事は、肥料

そして太陽、風です。

結局全部じゃん!と思われるでしょうが、
案外だから何をするというのは知らない方が多いもの。

とはいえ、高いものを使う必要は全くもってありません。

例えば土は、吸水性にすぐれてさえいれば、
園芸用培養土で充分です。

肥料も家庭菜園用肥料が一番です。

水はなんでも良いですが、1日1回早朝
あげるのが一番だとか。

乾き具合は土によって違いますが、
土の表面から深さ1cmくらいまでが
白く感じたらあげたいですね。

本当に水が足りない時はぐんぐん
吸い上げる様子がわかりますよ。

太陽と風に関して言えば、風というよりは
エアコンに気をつけたいです。

人工的な冷暖房、乾燥しやすくしてしまい、
太陽もジリジリ当たりすぎると
干からびてしまうので注意したいですね。

特に夏場は、せっかくあげた水滴レンズ代わり
なって葉焼けを起こす原因になること

も。

そのため、あまりに暑い日は、朝より夕方
水やりをした方がいいようです。

通販で上手に「エディブルフラワー」を買う方法は?

通販で初めて「エディブルフラワー」を
試すなら、やはり専門店からの購入がおすすめです。

例えば、「エディブルフラワー」の専門店、
《よしむら農園》なんかだと季節ごとの花を
お試しパックとして販売。

色鮮やかで、かつ栄養価も案外多い
「エディブルフラワー」の数々が楽しめます。

また、最近では国産のものも増えてきているので、
サイトでじっくり見定めてから購入するといいでしょう。

おすすめの食べ方はやはりサラダですが、
中にはエグミ強いものも少なくありません。

苦手ならば、サンドイッチに挟んだり、
ババロアの色合いとして使うというのもいいようですよ。

最後に

エディブルフラワーを初めてみたとき

エディブルフラワー。

最近は、本当にその姿をよく見るように
なってきましたね。

やっと見慣れてきましたが、おしゃれなものに
慣れていなかった最初は除けて食べていたもの。

ここ最近は、「これ食べて良い用?」なんて
確認を一応するようになってきました。

とはいえ、食べてみれば…うん、ごちそうさま。と、
元々生野菜が苦手な私には除けて食べるものに。

もちろん、桜の塩漬けや山菜は好きですが、
やはり自分にはおしゃれなものが
似合わないと痛感いたしました。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ