身体の不調を治す筋膜リリースとは?その効果とやり方は?


「あなたの不調、ただの筋肉痛じゃないのかも?」

kinmakuriritop

日々の家事や育児、仕事で溜まりに
溜まっていく筋肉痛…。

本当に毎日辛いですよね。お察しします。

でも、なんだかあまりに治らない時
ありませんか?

それ、もしかしたら年齢だけじゃない
原因があるかもしれません。

そこで今日は、身体の不調を治せる
筋膜リリース効果などについて
調べてみました。

筋膜っていったいなに?リリースって
どうやるの?

どんな効果が見られるの?

道具やり方についても動画つきでご紹介。

その不調が早く治る事を祈って、ぜひご覧下さいね。

スポンサーリンク
   
 

全身を守るスーツ!筋膜って何?

筋膜とは、全身の筋肉、筋繊維、内臓といった
身体のあらゆる部分を覆っているネット状の
繊維膜であり、それぞれが適正な位置から
動かないよう包んでいます。

イメージ的には全身タイツのようなものですね。

みかんの薄皮も似たようなものです。

分かりやすいのは、鶏肉などを切る際に
ついている白い薄皮の事です。

お肉の周りに白いベトッとしたものが
ついていますよね。

一部でよじれてしまうと、そのまま
固まってしまう(癒着する)事でコリ痛み
しびれが生じやすくなってしまいます。

影響はストレスでも起こるので、中には
表情筋が偏ったり、病気やケガ、肥満といった
弊害を生み出す事も少なくありません。

痛みの原因(トリガーポイント)は、実は
約70%が痛む箇所別の箇所といわれています。

例えば、肩こりや頭痛の原因が
虫歯や腰痛だった…とか。

筋膜リリースを行う上では、この
トリガーポイントをきちんと見極めながら
行う事が大切です。

keiniku

歪みを元に戻す?筋膜リリースとは?

リリースというと、CDリリースなんかが
浮かびますよね。

残念ながら筋膜を発売する事はありません。

ここでいうリリースとは、“解放”などの
意味をもっています。

よく釣り用語でいうリリースと同じですね。

そう、つまり筋膜リリースとは、固まって
しまった筋膜を解放するという事。

これをする事で、全身の疲れやコリ、
ゆがみやたるみを取る事も出来ますよ。

筋膜リリース、ストレッチとはどう違う?

筋膜リリースは、一般的なストレッチとは
違って全身にアプローチするものだと
思ってもらえればと思います。

ストレッチといえば筋肉1つ1つの箇所を
伸ばしたり縮めたりしますよね。

これにより、スポーツなどでのケガの予防や、
高齢者などであれば関節の可動域を
広げる事が可能となります。

また、一時的ではありますが筋肉の
リラクゼーションにも繋がります。

リリースの場合は、先に話したとおりねじれや
癒着による筋繊維の短縮を解放。

病的な硬縮などといった姿勢の
改善などに繋がるそうです。

sutojyosei

筋膜リリースの効果って何?ダイエットにも効く?

筋膜リリースを行う事で一番の影響を
及ぼすのが血流改善です。

血流改善を行うと基礎代謝のUPが起き、
身体には色々なメリットがあるのは
皆さんご存知ですよね。

例えば、

・コリの解消
・冷えの改善
・便秘解消
・肌質改善

特にコリの解消は、身体を動かす際の制限
無くす事が可能になります。

これって意外と大事な事で、動かす際に
見られていた痛みがなくなるのは
心因的不安を取り除く事にも繋がるんです。

「昔の古傷が痛くなるのが怖くて動きたくない…」

なんて方多くないですか?

そんな怪我や加齢で動けなくなっていた筋肉を
動かしたいという方には、とてもありがたいですよね。

スポーツ選手などは関節可動域の改善が
起こる事で、動きのキレや筋トレ効果の
UPに繋がり、ケガの予防や回復力UPが
見られるようになります。

また、基礎代謝のUPという事は脂肪が
燃焼しやすく筋肉つきやすい身体
なる事が可能。

太りにくく痩せやすい体質作りをするには
最適な方法なんですね。

keturyuu

筋膜リリースのやり方とは?動画で簡単なやり方も

筋膜リリースのやり方というとなんだか
難しい印象がありますが、意外にも
その方法簡単です。

より高い効果を目指すならば、身体がより
温まっている時を狙うのが良いでしょう。

特に分かりやすいのは運動後入浴後

1日の疲れを取るという意味でも行うのがいいですね。

自分で行う場合には、ストレッチポールや
グリッドフォームローラーといった
エクササイズグッズ、テニスボールなどの
道具使うと、手の届かない部分伸ばす事が可能です。

■筋筋膜リリースの実際

 
 

最後に

「筋膜リリースで身体の不調を治しておきたい」

節々が痛いのはいつもの事だけど、ある日母が
膝の痛みが強すぎて動けなくなった姿を
見てとても不安になりました。

あまりに同じ体勢でいたために
凝り固まってしまったのだとか。

介護用語で言うところの廃用症候群
(安静にするのが長期に亘る事で患部以外も凝り固まってしまう症状)になってしまっていたんですね。

そんな母はトリガーポイントに機器を当てる事で
治す整体院に行く事で完治。

現在ではありえなかったくらい動けています。

日頃から簡単に出来る筋膜リリースで、
あなたもぜひ身体の不調を直しておいて
みてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ