上手なお餅の焼き方!フライパン、電子レンジ、オーブントースターで焼く方法はこれ!



プクーッと膨らんで焼けたお餅はビジュアルは
可愛いですが、網にこびりついたり、アルミホイルに
くっついたり結構ストレスたまりますよね。

omotiyakikaatop

でもちょっとした工夫で焼いてもくっつくことがなく
おいしく食べられる方法があるのです!

しかも、焼き網がなくても大丈夫!

フライパン電子レンジトースターでも
十分美味しく、上手焼くことができますよ!

そこで今日は上手なお餅焼き方
ご紹介しましょう。

スポンサーリンク
   
 

フライパンでの上手なお餅の焼き方は?

furaipan

フライパンでお餅を焼いたことがありますか?

焼き目焦げ目がしっかりと付き、膨らみ
すぎたりすることがないのでとってもおススメです。

注意することは、必ず冷たいフライパン
お餅を並べ、弱火で加熱して両面焼くこと。

テフロン加工のものを使えばをひく必要も
ない
のでさらにお手軽です。

そうでないものならクッキングシート
フライパン用のホイルを敷くとよいでしょう。

もしくは油を敷きますが、あえてオリーブオイルや
ごま油を敷いてから焼いても香ばしい香りが付き、
パリッと焼けます。

油の量少し多くして揚げ焼き風にすると、
かき餅のようになりこれもまた美味♪

お餅が古くて乾燥し、カピカピになったものは
キッチンペーパーを濡らしてフライパンの
中央に置き、ふたをして焼きましょう。

水分が蒸発してお餅を柔らかくしてくれます。

電子レンジでの上手なお餅の焼き方は?

densirenji

電子レンジを使うのもお手軽で便利ですね。

耐熱容器にお餅とお餅かぶるくらいの水を入れ、
レンジ(500W)で2~2分30秒加熱します。

仕上がりはまるでつきたてのお餅のよう
柔らかくなるのでお子さんでも食べやすいのが魅力です。

でも出来上がりがベチョベチョでイマイチ、
という方はこちらの方法をどうぞ。

深め耐熱皿に餅を入れ、お餅一個に対し
水小さじ1/2いれて全体にまぶします。

この時醤油も小さじ1/2程度入れて、
からませると味付けの手間が無くなります。

そのままラップを軽くかけて500W
1分弱加熱し、取り出します。

アツアツのうちに取り出せばお皿に
くっつくことはありません。

しかも味がシミシミで美味しい♪

砂糖醤油を少量ずつからませてチンしても
甘じょっぱくてたまりません。

バターをのせてバター醤油もいいかもしれません。

ただし、焼き目つかないので焼き色を
付けたい場合はやはりフライパンや
トースターを使うとよいでしょう。

100円ショップでもレンジ専用餅焼きグッズ
たくさん出ているので、活用してみてはいかがですか?

さらにレンジとグリルの合わせ技という
方法もあります。

お餅の長い方の辺の側面に包丁で少し
切り込みを入れ、レンジで5個で1分くらいチンします。

そのあと魚焼きグリル両面2分くらい焼いて
膨らんで来ればOKです。

普通に焼くより時短で早く焼けますね!

オーブントースターでの上手なお餅の焼き方は?

oven_toaster

オーブントースターでお餅を焼く方も
多いのではないでしょうか?

でも目を離すと膨らみすぎてお餅同士が
くっついたり、網にこびりついたり失敗も
多いかもしれません。

上手に焼くには、トースター予熱
温めておくことをおススメします。

アツアツになっていれば、餅が触れた
部分を先に焼き固めてくれるので、
くっつくことがないのです。

さらにを塗っておけば安心ですね。

アルミホイルを敷く場合はホイル温めておく
くっつきにくくなりますよ♪

もしくはわざとアルミホイルを一度丸めて
広げ、しわしわにしてからお餅を
乗せるというアイデアもありました。

また、餅の表面に焦げ目がついたらスイッチ
切りそのまま2分くらい置いておくと、余熱で

中まで火が通るので焦げすぎることなく
柔らかく仕上がります。

こんな裏ワザもあります。

お餅をトースターにいれたらその上に
醤油1、2滴たらして焼くだけ

それだけで不思議なことに網にくっついたり
することなく焼くことができます。

何もせずに焼くと全体に熱が加わりますが、
醤油を塗ると塗った部分の水分が先に蒸発します。

その時に他の部分より高温になるため、
そこだけ焼けて膨らむそうです。

最後に

お餅は一年中売っているけれど、なぜか
冬になると無性に食べたくなりますよね。

今まで魚焼きグリルや網で焼いていたという方も、
ぜひフライパンや電子レンジ、トースターで
気軽に試してみてください。

ご紹介した方法をいろいろ試してみると、
今までイライラしていたのはなんだったのだろうと
思えてくるかもしれませんよ。

お雑煮、あんころ餅、あべかわもち、
今日はどんな味付けでいただきましょうか?


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ