絵本の読み聞かせのコツと効果とは?おすすめの絵本は?



絵本は子供の友達?

絵本読み聞かせ

保育園幼稚園に入ると、何だか
不思議な言葉遣いで帰ってくる子供。

今まで使った事ないようなその言葉遣いは、
クラスの友達やその親、はたまた
先生たちからも影響を受けてくるとか。

また、保育園や幼稚園に行かなくても
影響を受けるのがTV絵本

特にTVは悪影響を及ぼすイメージが
強くありますが、絵本は脳の活性化など
良い影響が多いとされています。

えー、でも読むの下手だし

まだ小さいから読んでもわかんないよね

なんて方にこそおすすめ!

そこで今日は絵本読み聞かせコツは?、
おすすめ絵本は?など、そんな素朴な疑問などに
ついてお答えしていきたいと思います。

スポンサーリンク
   
 

絵本の読み聞かせによる驚くべき効果とは?

絵本読み聞かせをする事で、子供にとっても
ママにとっても驚くべき効果があります。

・語彙(ごい)が増える
当然ながら絵本から言葉を覚えます。

月齢に合わせるとなども覚えるので、
TVを見せるよりも脳が活性的に働きます。

・集中力が高まる
最初のうちは次のページに行きたかったり、
全然違う事を始めます。

ですが、続ける事で聞く体勢ができ、
興味がある事は質問するなどの
集中力高まります。

・コミュニケーション能力が増す
語彙が増える事で話したり
聞く事が楽しくなります。

これにより、普段の親子や周囲との
会話にも積極的な子になります。

読み聞かせする際に必要なコツ

お気に入りの絵本を読む女の子

読み聞かせする際は、ズバリその
なりきる!物語に自分入り込む!といった事。

確かに、初見で読むとなると
つかえたりするのは当たり前です。

ここで大事なのは、いかにママやパパが
楽しめるかという事なんですね。

簡単なのは、効果音動詞力を入れる事。

例えば「桃太郎」なら、子供を膝の上に乗せ、
川上ら流れてくる桃に見たてて
「どんぶらこ」に合わせて揺らすとか。

文章にはない風や雨の入れてみたり、
船を漕ぐ動きしたり

また、兄弟やペットが居れば
登場させてしまうのもあり。

特に「3匹のこぶた」や「ヘンゼルとグレーテル」
なんかは協力しあう大切さを教えるのにピッタリです。

意味は伝わる?読み聞かせを始める時期

yomikikase

読み聞かせを始める時期は、皆さんが
考えるほど特には決まっていません

内容が伝わらないんじゃ?と思うかも
しれませんが、パパママ
読んでもらうという事が重要

いつの間にか部分部分を覚え、ある日突然
逆に読み聞かせてくれるように
なる事も少なくありません。

内容?リズム?おすすめの絵本とは?

ehon_boy

小さいからまだ意味が伝わらないんじゃ?と
思うかもしれませんが、それならまずは
月齢に合わせて読めるのが大切。

■0歳~
まずは文字がなくても大丈夫。

絵があるだけで赤ちゃんには魅力的です。

指差しで「犬がいるね、可愛いね」
「雨が降ってるよ、ポツポツ…」など、
ママなど読み手が感じた事そのまま伝えましょう。

■1、2歳~
この頃になると、リズム感が出てきて
語彙(話せる言葉)が増えてきます。

また、真似する事が大好きなので、読み方次第で
「こんな時はこんな風に話すんだ…」と覚えます。

■3歳~
簡単なお話であれば逆に
読み聞かせしてくれる世代。

たまにオリジナルの物語になってしまう事も
ありますが、怒らず聞いてあげる事で
喜んで物事を覚えていきます。

慣れたら素話といって、お互いにオリジナルの
物語を作ってみるのもいいかもしれません。

最後に

「絵本の思い出とその後…」

子供のころに自分が読んだ絵本て
どのくらい覚えていますか?

私は小さい頃に読んだ絵本が先日本屋さんで
ベストセラーになっていて驚きました。

やっぱり人の心を繋ぐものって
受け継がれていくんですね。

また、自分の子供が「保育所で読んだよ」と
教えてくれたものが知ってるものだと、
なんだかほくそ笑んだりしています。

大人になるとついつい離れがちになる
絵本ですが、この機会にちょっと本屋さんの
絵本コーナーをのぞきたくなってしまいました。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ