喉の痛みの治し方!薬を使わないで和らげる方法はコレ!



冬は喉の大敵

nodonoitamitop

冬は暖房による乾燥した空気だけでなく、
風邪ウィルスや年末年始の飲み会など
痛める機会が非常に増えます。

出来れば避けたいと思っていても、
なかなか上手くいかないその予防対策

そこで今日は、痛み原因治し方
そして、どうしてもダメだった時の
行動についてお話していきたいと思います。

喉の痛みは1人で解決出来るものではありません。

家族や周囲の人と協力し合って
予防、対策していきたいですね。

スポンサーリンク
   
 

喉が痛い…その原因は?

鼻水も出てないのに喉が痛い。

もちろん、風邪症状としても
よく知られている喉の痛みですが、
それ以外にも疑われる症状多々あります。

■喉の痛みの原因

・アレルギー
花粉やダニといったアレルゲン物質により
喉が炎症を起こします。

・乾燥
エアコンを使っていたり、なかなか換気が
出来ない部屋だと喉が乾燥して痛くなります。

また、鼻呼吸が出来づらい子供や、口呼吸が
癖になっている人は注意が必要です。

・声の出しすぎ
カラオケや飲み会のあとなど、喉を使っての
声の出しすぎは喉を痛めやすくなります。

・喫煙
タバコに含まれる悪性物質が粘膜を
直撃するようです。

もちろん、非喫煙者でも近くにタバコを
吸う人がいる際は注意しましょう。

・病気
咽頭炎や扁桃腺炎など、風邪からくる場合も
ありますが、痛む場所や痛み方次第では
喉や甲状腺などガンに侵されている場合も。

また、うつ病など精神的なものもあります。
この場合は、痛みというよりもつかえる
感じなどの違和感があるのが特徴的です。

薬は使わない喉の痛みの治し方は?

ugai1

病院に行く程でもないけど、何だかイガイガ
してきたなーと思った時にしていただきたい
対策は、やはり喉を痛めない事です。

その方法のいくつかをご紹介しましょう。

・うがい
喉といえばうがいですが、意外とその
正しい方法を知らない方が多いと思います。

うがいをする際はただの水よりも
入れたり白湯にするほか、緑茶紅茶
洗口液などがいいようです。

うがいの仕方としては、よく喉の奥まで
流して声を出しながら…という方がいますが
これは間違い

まず口に含んだ水で口全体をすすぎます。
いわゆる「ブクブクペッ!」ですね。

次に含んだ水で喉の汚れを落とします。

これが「ガラガラペッ!」で、
大体3回くらい繰り返してください。

この時は声は出さなくて大丈夫ですが、
喉の奥届くよう意識しましょう。

・マスク
マスクもただつければいいというものではありません。

紙マスクよりも布マスク、布マスクよりも
濡れマスクが効果あるようです。

とはいえ、濡れマスクは高価ですよね、
コスパが気になります。

そこでおすすめなのが、布マスクの
上1/3濡らす方法。

これなら息苦しさも軽減できますよ。

または紙マスクの中に濡れたガーゼを
挟むというのもいいようです。

・喉を温める
喉周りを温める事によって痛みが軽減されるので、
ストールマフラー巻くのは効果的。

昔ながらのものならば、長ネギをタオルに
包んで巻いたり、ハチミツやショウガの
入ったものを飲むのもいいですね。

逆に辛いものや炭酸飲料など刺激が強いものは、
喉の痛みや咳を引き起こすので控えておきましょう。

・鼻呼吸
鼻づまりや鼻炎になりがちな場合は
その改善を急ぎましょう。

口呼吸しないよう心掛ける事が大切です。

・暖房機と加湿器を上手に活用
エアコンをずっとつけっぱなしにすると
空気乾燥します。

窓や換気扇を回したり、洗濯物を室内干しして
適度な換気を心掛けましょう。

ストーブがあるならやかんやお鍋を
かけておくのも定番。

火事に注意ですが、お料理などの時短にも
繋がるので嬉しいですね。

それでもダメだった時は?

isilya2

上記の対策を行なったり、薬を服用したにも
関わらず、喉の痛みが長引いたり、咳が続く
場合には迷わず耳鼻咽喉科へ行きましょう。

10日くらいにもなると肺炎なども気になります。

無色透明の痰はウィルスや細菌に
侵されている可能性が高くなります。

また、扁桃腺炎などが悪化すると、
膿栓(のうせん、におい玉とも…)と呼ばれる
悪臭を放つ3~5mmほどの塊が出来る事も。

体外に排出されるまで喉の痛みだけでなく、
ひどい悪臭を放つので、口臭が
気になるという方も少なくありません。

この場合は扁桃腺の摘出手術を行なう必要が
出る事もあるので、この場合も
早めに受診したいですね。

最後に

喉の痛みって、なかなか辛いですよね。

ウチの娘たちは昨日から風邪をひいたようで
咳をすると喉が痛いと言ってました。

インフルエンザでなくて良かったのですが、
みなさんも風邪には注意してくださいね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ