新幹線のグリーン車と普通車の違い!座席以外には?


今更聞けない?
新幹線普通車とグリーン車の秘密

新幹線のグリーン車といえば、
普通車に比べて値段が高い…と

いうことくらいしか知らないという人は
多いのではないでしょうか。

でも、そこには値段以外にも
知るべきお得な事がきっと多いはず。

そこで今日は、今更人には聞けない
新幹線グリーン車普通車違い
ついて調べてみました。

え!こんな事も出来るの?という
知られざる情報もあるかもしれません。

これを知って、あなたも帰省だけでなく、
素敵な旅に出かけてみてはいかがでしょうか?

★TOPICS
・値段だけじゃない!新幹線のグリーン車と普通車座席の違い
・座席だけじゃない!グリーン車と普通車の違いとは?

 
 

スポンサーリンク
   
 

 

値段だけじゃない!新幹線のグリーン車と普通車座席の違い

新幹線のグリーン車座席は、
少なくしている分、普通車に比べると
1列分余裕があるそうです。

横幅が広いので恰幅が
大きい方でも平気ですね。

また、電動レッグレスト小型
フットレストがついており、
リクライニングも可能。

後ろの方への配慮は必要になるものの、
25~31度近くまで椅子倒す事が出来ます。

これに加え、最近では座席が
回転するパターンも主流に。

より快適に旅をするための配慮が
沢山なされているんですね。

座席だけじゃない!グリーン車と普通車の違いとは?

室内灯も暗めなのでゆっくり眠りたい人にも
ありがたく、読書などをしたい方には
手元照らす事も可能。

値段も高い高いと感じがちですが、
だいたい100km=1000円くらい
思っておくといいようです。

東京~大阪が5,000円、
東京~仙台で4,000円くらいですかね。

あくまで相場ですが、案外高くないと思います。

また、会社によって異なるもおしぼりや
車内販売の方も優先的に来てくれますし、

ブランケットの貸し出しは
自由に使えるので助かります。

近頃充実しているといえば
コンセントのサービス。

「はやぶさ」や「こまち」なら全車両、
「のぞみ」でも定期列車の
ほとんどについているそうです。

長旅になり携帯やゲーム機などの充電が
なくなった時にはとても助かりますね。

最後に

「新幹線経験4回」

私が新幹線に乗ったのは、
これまで記憶にあるもので4回。

中学校、高校に修学旅行で1回ずつ。

社会人になってから仕事と私用で
1回ずつ乗りました。

残念ながらいずれもグリーン車では
ありませんでしたが、
新幹線って本当に快適ですよね。

実母がその昔車内販売のお姉さんを
していた事があり、柳葉敏郎さんや
哀川翔さんなどにお会いした事があるとか。

時代を感じる巡り合わせですが、
本人はとっても嬉しかったようで
いまだに話してくれますね。

やはりこれもグリーン車効果?なんでしょうか、

気になります。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ