和菓子と洋菓子!カロリーだけじゃなく健康に良いのはどっち?


アナタは和菓子派?それとも洋菓子派??

洋菓子

どちらかなんて決められない

どっちも派も多い、

女性が大好きなあまーいデザート!

四季折々、

季節に応じて展開する魅惑の品々、

ダイエット中我慢するのは

本当に大変ですよね。

そこで気になるのが、その栄養事情!!

和菓子と洋菓子、

カロリー高いのってどっちなの?

健康の為には、どちらの方がおすすめ??

という事で今日は和菓子洋菓子

どちらが健康に良いのかなどについて

紹介していきますね。

健康を気遣う方ならば知っておきたい、
気になる添加物も要チェックです!!

スポンサーリンク
   
 

和菓子と洋菓子のカロリー!高いのはどっち?

■代表的な和菓子・洋菓子のカロリー一覧
※全て100グラムあたり 単位はキロカロリー

《和菓子》
食品名 kcal 摂取量
まんじゅう(蒸し) 261 100g
大福もち 235 100g
さくら餅 238 100g
かしわ餅 206 100g
ようかん 296 100g
水ようかん 171 100g
どら焼き 284 100g
きんつば 264 100g
今川焼・たい焼き 222 100g
あん団子 201 100g
みたらし団子 197 100g
かりんとう 441 100g
あられ 381 100g
塩せんべい 373 100g
甘辛せんべい 380 100g
揚げせんべい 465 100g

 

《洋菓子》
食品名 kcal 摂取量
ショートケーキ 344 100g
シュークリーム 235 100g
エクレア 245 100g
ワッフル 256 100g
プリン 126 100g
ドーナツ 375 100g
タルト 293 100g
アップルパイ 304 100g
チョコレート 557 100g
ポテトチップス 554 100g
ビスケット 522 100g
キャラメル 433 100g
マシュマロ 326 100g

 

全体的にはやはり、
若干洋菓子の方が高めの様です。

その中でも特に、和菓子では
“あられやせんべい、かりんとう”、

洋菓子では“ショートケーキやドーナツ、
チョコやポテトチップス”のような
お菓子のカロリー高めですね。

ですがこれはあくまで
100グラムあたりカロリー

商品により大きさ違いがありますので、
カロリーが低めだからと

パクパク頂いていては
あっという間に高カロリーに!

油断せず、食べる量には
十分注意しましょう!

和菓子と洋菓子に入っている添加物は?

■和菓子・洋菓子に入っている添加物

●合成着色料
和菓子にも洋菓子にも使用されます。
鮮やかな色の物は要注意

着色料(黄色4号・黄色5号・ビタミンB2・
カロテノイド色素)など

●人工甘味料
安全性が確認されていません。

和菓子にも洋菓子にも使用される場合あり。

トレハロース

●安定剤
主に洋菓子に使用されます。

カラギーナン

和菓子、洋菓子ともに原材料を
良くみて購入しましょう。

ケーキ屋さんや和菓子やさんで
購入する場合は、《添加物無添加》などと
謳っているお店を選ぶと安心です。

和菓子と洋菓子で健康に良いのはどっち?

健康気遣うならば、
まずは和菓子・洋菓子共に上記の添加物
入っていないものを購入しましょう。

そして、脂質少ない
《和菓子》のほうがおすすめ!

糖分は高いものの、大半の和菓子
脂質少ないのが特徴であり、

また、おまんじゅうやきんつばなどに
使用されるあんこ食物繊維豊富です。

反面、生クリームのケーキやバターを
たっぷり使ったドーナツや焼き菓子などの
洋菓子には、糖質の他脂質たっぷり

高カロリー高脂質
生活習慣病の危険因子です。

頂くならばほどほどに、
を心掛けましょう。

ダイエットをするなら、和菓子と洋菓子のどっちが良い?

こちらもやはり、
和菓子のほうがおすすめです。

砂糖+油組み合わせ
もっとも太りやすく

ショートケーキや揚げドーナツなどは
その代表選手!

油を使用しない、和菓子の方が
太りにくいと言えるでしょう。

が!

やはり、食べるタイミング
が何より重要!!

血糖値が上がりやすい空腹時避け
食後適量頂くのがポイントです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

どちらも魅力満点の和菓子と洋菓子。

“和菓子は比較的低カロリー”という
イメージがありますが、

意外とおせんべいなどは
高カロリーなんですね。

小袋で食べやすく、一枚、もう一枚と
手が伸びやすいですが、

予め食べる量を決めておくなど、
食べ過ぎには注意しましょう!

また、ダイエット中だからといって
食べるのを我慢し過ぎるのは、
リバウンドを招く結果にもなり兼ねません。

その特徴やカロリーなど
ポイントを押さえて、
適量を美味しく頂きましょうね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ