お国柄で変わる洋食マナー!あなたのナイフとフォークの持ち方大丈夫?



洋食マナーが変わってきている?

ある程度の年齢層になると、
昔授業の一環として洋食マナー
学んだというのをよく聞きます。

改めてどうかと聞かれると
正直自信がない!!

とはいえ、社会人になると
そういったお店にお呼ばれしたりする事も
少なくないですよね。

そこで今日は、洋食マナーの中でも
基本中の基本であるナイフフォーク
使い方について調べてみました。

この基本の動きでも
お国柄によって変わるようですよ。

これを読むと、親子でももしかしたら
ジェネレーションギャップが
あるかもしれません。

スポンサーリンク
   
 

イギリス式?フランス式?ナイフやフォークの使い方

まず、
ナイフフォーク基本的使い方について
お話していきたいと思いますが、

実はこの使い方にも様式があるのを
ご存知でしょうか?

特にフランス式イギリス式
呼ばれるものがあり、
日本伝来しているのはフランス式
ごちゃまぜになっているのがほとんどの様です。

とはいえ、
基本的な用途はどちらも一緒なので、
次で具体的な動き方をご説明しますね。

●ナイフ
お肉や魚など、大きなものを切ることに使います。
くれぐれも一気に細かく切ることはないように。

●フォーク
具を食べる際に口に運ぶのに使います。
スプーン代わりともいえるかもしれませんが、
スープを飲む際はスプーンを使うのが筋でしょう。

最低限NGマナーとして
ナイフやフォークを持ったまま
指差したり、向けたまま
置いておかないというものがあります。

持ち替える?持ち替えない?正しい持ち方

イギリス式とフランス式の大きな違いとして、
フォークを持ち替えるか持ち替えないかと
いうものがあります。

●イギリス式
左手にフォーク、右手にナイフ。
ステーキをカットしたら
左手のフォークの背に乗せて食べます。

●フランス式
左手にフォーク、右手にナイフの状態で
ステーキをカット、その後手を持ち替え、
フォークでお肉を刺して食べます。

ここがややこしいですが、
フランス料理のお店ならまだしも
イギリスで持ち替えないのは
別に恥ずかしくないそうです。

正式な持ち方ですからね。

持つ際には、どちらも刃の付け根部分
人差し指を添える事が大事だそうですよ。

ずれてしまうと料理を刺してしまったり、
力が入りにくくなってお肉を変なところに
飛ばしてしまうかもしれません。

どんだけあるの?ナイフやフォークの正しく使う順番

ナイフやフォークがお皿の周りに
何本も合って驚いちゃいますよね。

使う際には、コースに従って
両外側から順番に1本ずつです。

デザートやコーヒー用も
小さいスプーンもあるので、
こちらも外側から使いましょう。

使う順番を間違えても別に問題はないので
恥ずかしがる必要はありません。

落としてしまっても慌てずに
ウエイターさんにお願いします。

和食も洋食も難しい魚料理の食べ方

魚を食べるのは和食でも洋食でも面倒ですが、
だからこそ食べられるようになると
素敵な気がします。

洋食は、切り魚の場合身が柔らかいので、
フォーク中をすくうようにして
食べるのが一般的です。

問題は丸ごと出てきた焼き魚の場合。

ひっくり返して食べるのはご法度ですよ。

ナイフで中骨の部分に切れ目を入れ、
まず自分から見て向こう側(背)を食べ、
それから手前側(腹)を食べます。

中骨の下にナイフを刺しこんで
身を外す事で下側の身を
食べる事ができます。

この際、外した骨は
お皿の上の方へおきましょう。

手で押さえちゃいけないかな、
なんて思われるかもしれませんが、

フィンガーボウルと呼ばれる
手洗い専用ボウルが出たら
汚れた指先すすぐのに使えます。

これもジェネレーションギャップ発令中?ライスの食べ方

ライスの食べ方にもイギリス式、
フランス式があります。

●イギリス式…フォークの背に乗せる

●フランス式…フォークの腹に乗せる

日本では初めに伝わった
洋食のマナーがイギリス式だったので、

今でもある程度の年齢層の方には
フォーク乗せるのが
マナーとしている方が多いのだそう。

近頃は
フランス式も主流となってきていますから、
これはどちらでも案外平気かもしれません。

ただ、直接フォークですくうのではなく、
ナイフでライスをすくうのが基本です。

まぁ、本場の高級店でライスが
出る事はそうないですし、

ライスの際には頼む事
出来るといわれていますから

そんなに気にしなくても
良いのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか?

イギリス式、フランス式と両方あって
ちょっと分かりにくかったかも
知れませんね。

あまり、こういう機会は
ないとは思いますが、
どちらか、自分が食べやすい方で
食べればいいと思いますよ。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ