深爪を防ぐ6つのポイントとは?なってしまった深爪の治し方は?



ついつい爪を短く切りすぎてしまう・・・

そんな事ってありませんか?

深爪

深爪の主な原因は、
爪を深く切りすぎてしまう事、
そして爪を噛んでしまう癖の2点。

見た目が可愛くないだけではなく、
細菌感染も招きかねない深爪

出来る事ならば治したいですよね。

そこで今回ご紹介するのは
深爪防ぐ6つのポイント!!

予防策はもちろん、
なってしまった場合の治し方
治るまでの期間もご案内いたします。

深爪とおさらばして、
綺麗な指先を取り戻しましょう!

スポンサーリンク
   
 

深爪とは?

深爪とは、爪を深く切りすぎてしまったり、
伸びた爪を短く噛んでしまう事などによって、

爪の下部分が接している皮膚の部分である爪床が、
指先露出してしまっている状態の事を言います。

爪床外傷感染起こりやすい部分。

露出してしまう事で、指先の様々なトラブル
起こりやすい状態になってしまうのです。

また、深爪によって、爪が延びるときに
周囲の皮膚に食い込んでしまう巻き爪
起こしてしまう事も。

予防法を知り、
深爪にならない様注意が必要です。

深爪を防ぐ6つのポイントとは?

【深爪を防ぐ6つのポイント】

その①爪先は尖らせず少しだけ丸みを持たせる程度で水平にカット
巻き爪を防ぎ、また、爪に最も負担が
かからないため割れなどを防いで伸びやすくなります。

その②爪先(白い部分)最低2㎜は残してカット
爪先がなくなるほどカットするのはNG!
必ず残して切るようにしましょう。

その③爪先(白い部分)が、両サイドの指の肉とつくように指の幅を保ってカット
切りすぎて狭すぎても、伸ばし過ぎて広すぎてもダメ!
本来の爪の幅に戻してあげることが重要です。

その④お風呂上りなど、爪が柔らかくなっている状態で切る
思わぬ割れや欠けを防ぎます。

その⑤爪を噛む・触る癖を治す
爪を噛む癖がある場合はまずは
治していくことが肝心です。

心がけに加え、ガムや飴をなめる、
ネイルサロンでジェルネイルを施してもらう、など、
噛まずに済む状況を作るようにしていきましょう。

その⑥指先のケアで手荒れ解消
手荒れで指先ガサガサはモチベーションが
下がるばかりか、ささくれなどから無意識のうちに
噛んだり触ったり・・・となり兼ねません。

ハンドクリームなどでこまめなケアを!

深爪になってしまった爪の治し方は?

その①血が出てしまったいる場合は止血を
必ず幹部を消毒して、細菌から守りましょう。

その②予防法こそ治療法!
十分に指先をケアしながら、
爪が伸びてくるのを待ちましょう。

その③栄養バランスの取れた食事
爪を育てるのに重要な栄養素
(タンパク質・ビタミン類・鉄分)を
積極的に摂りましょう。

その④爪全体の状態が悪くない場合は、
プロであるネイルサロンに相談するのもgood!

パターン別、症状に合った施術を行ってくれますよ。

参考ネイルサロンURL:http://nailstudio-camelot.com/menu2/

その⑤慢性的な爪噛みや爪に異常が
みられる場合などは、皮膚科での爪咬症相談、

また心療内科でのカウンセリングも有効です。

治るまでの期間はどれくらい?

なってしまった深爪、
治るまでの期間てどれくらいかかるの?

健康な人の爪が伸びるスピードは、
1日に0.1㎜と言われています。

つまり、《10日で1㎜》
《1ヵ月で3㎜》という計算です。

深爪の程度にもよりますが、
短く切りすぎてしまった場合、

解消されるまでに最低でも
ひと月くらい
はかかりそう。

指先をケアし、
食事からも十分栄養分を補いながら、
完治を目指しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

繰り返してしまう深爪にお悩みの方は、
ぜひご参考になさってくださいね。

前述通り、爪の栄養素として欠かせないのが、
タンパク質・ビタミン類、そして鉄分です。

ビタミンの中でも特に、
ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンEが最重要!

ビタミンAはレバーやカボチャ、ニンジンなどに多く含まれ、
ビタミンB2はレバー・うなぎ・卵や大豆製品などに
多く含まれます。

美肌や美髪のためにも欠かせないビタミンEは、
アーモンドやたらこ、かぼちゃなどが含有量豊富!

栄養素も上手に摂り入れながら、
女性の大敵《深爪》を予防しましょう!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ