子供の低身長の基準や目安!原因や治療の方法は?



うちの子小さいかも…そう思ったら

小さいうちは気にならなかった身長も、
ある程度の月齢になると「あれ?」
と不思議に感じる事もあります。

そんな中、最近気になったのが
『低身長症』という言葉。

他の子よりも著しく身長含む体格が
小さく生まれた事をいうらしい。

うちの子小さくない?

あんまり身長伸びてる感じがしないなー

そう感じたら、とりあえず病院に
行ってみるのもいいかもしれません。

そこで今日は、子供低身長症
その原因や詳しい症状
治療法について調べてみました。

スポンサーリンク
   
 

病気じゃない?低身長症

低身長症とは、平均身長比べて著しく
その低さわかるものをいいます。

あくまで低身長症は成長障害症状であり、
何が原因かによってその病名が加わります。

低身長症の詳しい原因は後で話すとして、
基本的には生まれつき、はたまた成長過程

周囲との差が激しいので
分かりやすいかもしれません。

とはいえ、低身長症だからといって
何か不具合があるかといえば
案外そうでもない様子。

著しく病気のリスクが上がったり
するわけでもないし、中には

『もののけ姫』の米良美一さんなど
有名人もいるんですよ。

2SDってなに?低身長症の基準や目安

低身長症見分けるには、定期健診などの
身長伸び具合を知る事が大切です。

その年齢層ごとの平均的な身長よりも
明らかに低すぎたり、
あるいは伸び悩みが見られます。

受診目安としては、
「Standard Deviation=SD(標準偏差)」
平均値からどれだけ離れているかによります。

詳しく説明すると、平均値+2SD~-2SD

この-2SD以下低身長症基準になります。

-2SD以下小人症
+2SD以上巨人症と呼ばれる事も。

SD値は男女年齢別に変わり、
分かりやすいのはグラフ表示です。

母子手帳にある身長、体重のグラフ表示を見ると
「痩せ過ぎ、太り過ぎ」なんてありますよね。

これを見てみるとSD値載っているので
参考にしやすいと思います。

また、+2SD~-2SDの身長を保っていても、
1~2年の間にどれくらいの成長を
遂げているかでも症状が疑われるのです。

例えば男の子は、
成長期1年4cmほど身長を伸ばします。

つまり3cm以内は低身長症疑いが出てくるのです。

一概に「何cmだから低身長症!」とは
いえない部分もありますが、

身長の伸び横ばいになった場合は
疑ってみるのもいいかもしれません。

遺伝?病気?心因性?気になる1つでない原因

低身長症原因は未だによく掴めていませんが、
病気遺伝など様々な説を持っています。

特に病気の場合は、

成長ホルモン分泌不全性低身長症

ターナー症候群

SGA性低身長症

プラダー・ウィリー症候群

軟骨無形性症

愛情遮断症候群

といった病名がついたものから、
甲状腺ホルモンや主要臓器の成長異常など
原因の原因が不明瞭な場合も少なくありません。

聞きなれない方が多いSGA性低身長症

この場合は、母親の胎内にいる時点
身長、体重が他の子の標準値より低く

うち1割が2~3歳までに身長
追いつかないとされています。

SGA性とは

SGA性とはSmall for Gestational Age=在胎週数に
おける時点で小さい事を表しています。

名前的に怖く感じるのが軟骨無形性症

難病指定の成長障害で、成長軟骨をつくる
細胞異常を起こす事で手足や指が
短くなる病気をいいます。

愛情遮断症候群というのも気になりますね。

養育者のうつや虐待などによって
子供への愛情乏しく

身長や体重だけでなく目線を合わせない、
抱っこを嫌うといった障害が起こります。

中には「うちのお父さんも小さいから
この子も小さいの?」なんて
家庭もあると思います。

確かに遺伝子というのはそういった
不思議な事が起こるもの。

低身長症の場合は「特発性低身長症」
といって約7割原因不明

その中には、「家族性低身長症」
も含まれているそうです。

副作用の心配は?治療法とその費用

低身長症の一般的な治療法は、
成長ホルモン甲状腺ホルモンを補う注射や、

軟骨無形性症などに対して行なわれる
脚延長術があります。

元々身体になければならないホルモンを
打つのでほぼ副作用ないとはされていますが、

中には身体に合わずかぶれ湿疹などが
起こる場合も。

また、糖尿病腎疾患などを持っている
お子さんの場合は何らかの症状を

引き起こす事もあるので禁止あるいは
留意した治療が必要です。

費用は「小児慢性特定疾患」の基準を
満たしていれば、申請する事で20歳になるまで
助成を受ける事が出来ます。

ただし基準の1つとして、1年ごとの更新時
未成年であっても

男子…156.4cm

女子…145.4cm

越えた場合は助成が受けられなくなります。

もちろん、助成が100%なくなると
いうわけではありません。

保護者の所得割合によって一定の額を払うと
それ以上は戻る「高額療養費制度」を
受けられる事もあります。

詳しくは各自治体や就労する会社の保険料を
扱う部署へ問い合わせてみましょう。

市販されているサプリメントもありますが、
基本的には医薬部外品や栄養補助食品なので

あまり期待しない方がいいというのが
小児科医のご意見です。

最後に

「今思うと彼も?」

小学校の同級生で背が小さい少年がいました。

今思うと彼もまた、この低身長症の症状を
持っている子だったのかもしれません。

身長が低い事でいじめられたりもしていましたが、
それでも学校には休まず登校していて、
高校は大好きな車を勉強出来る工業高校に進んだとか。

背が小さい事を馬鹿にする人というのは
少なくありませんが(もちろんそれだけに限らず)、
そういった人にこそきちんと勉強してほしいです。

もちろん、その本人だけでなく
その両親にもです。

もしも自分の子供が言われたら…
そういう気持ちを持ってくれたら差別も
少しは緩和されるのかなと思います。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ