お盆のお墓参り時期はいつからいつまで?意味や持ち物は?



お盆やお彼岸、命日などに行うお墓参り

お墓

大切な故人、そして命の繋がりであるご先祖様を
供養する、昔からの素晴らしい風習です。

梅雨が明ければあっという間にお盆!!

という事で今日はお盆お墓参りについて、
時期いつからいつまでなの?

また、マナーや、持参すべきものや
万が一都合でいけない場合はどうしたら良い??等等、

なかなか人には聞きづらい、お盆お墓参り
マナー作法をたっぷりとご紹介致しますね。

スポンサーリンク
   
 

お盆にお墓参りをする理由と意味

■お盆にお墓参りをする理由・意味
お盆には、ご先祖様や亡くなった人たちが
浄土から現世に帰ってくると言われており、

その精霊をお迎えして、供養するのが
お盆の習慣です。

地域や宗派などにもよる様ですが、
そのお墓参りのタイプは2つ。

①盆入りでお墓へご先祖様をお迎えに行き、
盆明けでご先祖様をお墓へと送りに行く。

②お盆入りに玄関先で迎え火をたき
ご先祖様をお迎え、中日にお墓参りを行い、
お盆明けで玄関に送り火をたき送り出す

場所によっても異なりますが、
共通して言えるのは一年に一度現世へと

帰ってきてくれたご先祖様精霊
思いを馳せながら、親戚一同供養すること。

それこそが、お盆にお墓参りをする
一番大切な理由なのです。

お盆のお墓参り時期はいつからいつまで?

お盆のお墓参りいつからいつまで
行ったら良いのでしょうか?

■お盆のお墓参りの時期

~お墓へご先祖様をお迎えに行く場合~
一般的には、お盆入りである8月13日
お墓お迎えに行き、16日の夕方再び
お墓へと送りに行きます。

その間はご先祖様はお墓におられない事に
なるため、ご先祖様が帰っているお宅仏壇

手を合わせに行くのが良いですが、
あくまで大切なのは供養する気持ち

都合でお墓へしか行けない場合は、
8月13日~16日までのお盆期間に
お墓参りを行うのが良いでしょう。

~お迎え・お送りをしない場合~
地域により、自宅で行う迎え火送り火のみで、
お墓へ出向いてお迎えやお送りを
しない場合もあります。

その際は、中日である14日・15日あたりに
お墓参りへ行くようにしましょう。

人が亡くなって、告別式や四十九日法要を
終えた後に初めてえる初盆(地域によっては新盆)
の場合は、お墓参りと共に法要を行うのが一般的です。

お墓参りのマナーと持ち物は?

■お盆のお墓参りの持ち物
お供え用の花
(先にお花が供えられている状況であれば省いても)

お線香とロウソク
(マッチかライターも)

お菓子などのお供え物と置くための半紙

数珠

他 ※霊園にて貸出を行っている場合もあります。

手桶と柄杓

掃除用具

 

霊園によっては、
火気禁止の場合やお供え物持ち帰りなど、
ルールが定められている場合もあります。

霊園毎の決まりに従ってお墓参りを行いましょう。

■お墓参りのマナー
寺院墓地であれば、先ず本堂の
ご本尊をお参りして、ご住職挨拶します。

必要なものを持ってお墓へ向かい、
墓地掃除を行いましょう。

掃除を終えたら飾りお供え物を半紙を
敷いた上に置きます。

そして、お線香をつけ香炉に立てるか、
線香皿の場合は横に寝かせて置きましょう。

お線香の日は口で吹き消さず、
仰いで消すのが鉄則!

故人と縁の古い人から墓石に向かい
お数珠にかけ合掌、故人を偲んで祈ります。

お参りが済んだら、必すゴミや忘れ物が無いか確認し、
帰路につきましょう。

お盆のお墓参り時期に行けない場合はどうするの?

お盆のお墓参りに都合で行けない・・・、
そんな時はどうしたら良い??

お盆時期とは言えども、ご家族のご都合などで、
お盆に帰省できない時もありますよね。

そんな時は、伺えない事情電話などでお伝えし、
ご先祖様への感謝・供養の気持ちを込めて
お盆のお供え物送りましょう。

夏場、一番暑い時期ですので、常温で置いても
日持ちをする和菓子(羊羹やせんべいなど)

洋菓子(クッキー・焼き菓子など)
が良いでしょう。

相場は3千円~5千円程度。

ですが金額うんぬんよりも何より、
ご先祖様に思いを馳せ、
心を込めて送ることが大切です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

日本人として欠かせないお盆のお墓参り。

時期やマナーなど、
ご理解いただけましたでしょうか。

気になるお墓参り時の服装ですが、
“初盆”以外は、ラフな格好でOK!です。

暑い時期、お子さんも涼やかな普段着で
お参りへお出かけ下さいね。

ご先祖様に感謝をし、供養を行うお墓参りは
大切な習慣です。

決して当たり前ではない命の尊さを、
是非この機会にお話ししてあげて下さいね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ