寒中見舞い出す時期はいつまで?喪中だけじゃなく年賀状のお返しにも


みなさんは「寒中見舞い」って、
耳にされたことありますでしょうか?
 
暑中見舞いは、よく知られていますが、
寒中見舞いは、あまり知名度が高くありませんね。
 
寒中見舞いの出す時期や、どういった時に出すのか
知らない方が、多いのではないでしょうか?
 
hasusiro
 
「寒中見舞い」とは、簡単に言うと喪中のため、
年賀状が出せない場合や、年賀状の返礼が
遅れてしまった時の代わりに使用される書状のことです。
 
今日は、寒中見舞いの時期いつまで
出したらいいのか?
 
また、寒中見舞いのいろいろな
使われ方について紹介します。
 
 

スポンサーリンク
   
 

 

寒中見舞いの用途は?

 
寒中見舞いの用途ですが、季節の挨拶状だけでなく、
喪中関係でもいろいろと使われます。
 
いろいろな場合があるので、その場面に応じて
使用するようにしましょう。
  

寒中見舞いの用途は一般的に、
 冒頭にもふれたように
 
 こちらが喪中のために、
 年賀状を出せなかった場合で、 
 その代わりに挨拶状として。
 
年賀状をもらっていて、松の内(1月7日)までに、
  お返しを出せなかった場合に。
  
寒さの厳しい時期に一般的な季節のご挨拶として 
  (わかりやすく言えば、暑中見舞いの冬版ですね)
  
相手が喪中ある場合に、
  年賀状の代わりの挨拶として
  
相手が喪中とは知らずに、こちらが年賀状を 
  出してしまった時のお詫びとお悔やみを兼ねて
 
こちらの喪中を知らずに年賀状をもらった場合、 
  相手に喪中を知らせると共に、お詫びを兼ねて

 

寒中見舞いの出す時期はいつまで?

 
寒中見舞いの「寒中」とは二十四節気の
小寒」と「大寒」の間の期間をいいますが、
この「寒中」に出す挨拶状が寒中見舞いです。
 
しかし、寒中見舞いの出す時期ですが、
終わりは立春の前日までで間違いはないのですが、
始まりには、以下のように概ね3通りの解釈があるようです。
 

1月5日以降という考え方

小寒は1月5日からなので、1月5日以降から
という考え方もあるようです。
しかし、1月5日だとまだ、年賀状のやりとりが行われています。
だから、寒中見舞いはちょっと早すぎるように思います。

 

1月15日以降という考え方

関西では松の内が1月15日のところもあるようです。
喪中に関係なく、年賀状とは別に寒中見舞いを出す人に
とっては年賀状から間隔が空いているのでいいでしょう。

 

1月8日以降という考え方

この1月8日以降というのが、一般的で1月7日の松の内
(門松などを片付ける日)を過ぎた1月8日から節分(立春)の
前日の2月3日までが、一番多く用いられています。

 

実際のところ、寒中見舞いを出す一番良い時期は1月10日頃です。
 
何故かと申しますと、寒中見舞いの多く場合は、
服喪中で年賀状をもらった人への返礼として、
寒中見舞いを返すケースが多いからです。
 
相手方に失礼のないように、返礼は
なるだけ早く返さなければいけないからです。

 

喪中時における寒中見舞いの注意点とは?

本来、寒中見舞いは暑中見舞いと一緒で季節の挨拶だから
決まった注意点はないのですが、喪中である場合は
少し注意しなければいけないことがあります。
 

  • 派手でない落ち着いたデザインにする
  • 年賀はがきを使用しない
  • 正月に関係する定番の写真やイラストは入れない
  • 「拝啓」や「敬具」などの頭語や結語は不要
  • 「年賀状」という言葉は駄目、使用するなら「お年始状」
  • 喪中はがきを出していなかった相手の場合は、
      その事に対するお詫びの一文を書いておく
  •   

    寒中見舞いの書き方の基本

     
    寒中見舞いの書き方の基本ですが、
    季節の挨拶状」の場合と「喪中時」の
    の場合について紹介します。
     

    季節の挨拶状として使用する場合
     
    ①季節の挨拶文
     「寒中お見舞い申し上げます」
     「寒中お伺い申し上げます」

    ②先方の安否を伺う文
     その他に、先方の無事を祈ったり、自分の近況を伝える文
     「厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。」
     「厳寒の折から皆様にはお変りありませんか。
     くれぐれもご家族の皆様には、
     お身体を大切にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。」

    ③日付
     日付は□□年□月だけでもいいです。
     
    喪中で年賀状をもらった返礼として使用する場合
     
    ①季節の挨拶文
     「寒中お見舞い申し上げます」
     「寒中お伺い申し上げます」
     季節の挨拶文は季節の挨拶状と同じで構いません。

    ②相手に喪中であることを知らせる文
     「昨年□月 続柄□□が□□歳で他界いたしましたので
     年頭の挨拶を遠慮させていただきました。
     本来ならば旧年中にお知らせ申し上げなければならないところ
     年を越しての事となり 深くお詫び申し上げます」
     
     「昨年□月 続柄□□が□□にて永眠いたしました為
     新年のご挨拶を失礼させていただきました。
     昨年中頂きましたご厚誼に深くお礼を申し上げますとともに
     今後も変わらぬご好誼の程よろしくお願い申し上げます」

    ③先方の無事を祈る文
     「日々寒い折柄 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」
     「本年も皆様にとりまして良い年でありますよう心からお祈りいたしております」

    ④日付
     日付は□□年□月だけでもいいです。
     
    喪中とは知らずに年賀状を出してしまった場合
     
    ①季節の挨拶文
     「寒中お見舞い申し上げます」
     「寒中お伺い申し上げます」
     季節の挨拶文は季節の挨拶状と同じで構いません。

    ②年賀状を出してしまったことの謝り文
     「この度は、ご服喪中とは存じ上げず年頭の挨拶を
     差し上げてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」

    ③先方の無事を祈る文
     寒さ厳しき折 皆様のご健康をお祈り申し上げます

    ④日付
    日付は□□年□月だけでもいいです。
     

    寒中見舞いはがき印刷なら、こちらから簡単注文できます!

     
     

    最後に

    あまり、みなさんに馴染みの少ない寒中見舞いですが、
    少しはご理解いただけましたでしょうか?

    寒中見舞いどういった時に、いつくらいに出すのかを
    覚えておくだけで、役に立つ時がきっときますよ。
     
     


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ