長寿祝いの基礎知識!由来・名前や祝う歳は何歳?



誕生日はいくつになっても楽しいもの

お誕生日というと、
どうしても小さい子にばかり目がいって、
大人になるとお座なりになってしまうもの。

とはいえ、やはりいくつになっても
誕生日はその人にとって大切な日ですよね。

そこで今日は、誕生日といっても大人の…そう、
長寿祝い名前などについて
調べてみました。

ご長寿祝いって具体的にいつ?
なにをするの?とちょっと
意気込んでしまう方も多いのでは?

大丈夫、意外と中身は簡単なものですよ。

是非、この機会にご長寿祝いをしてみては?

スポンサーリンク
   
 

あなたはいくつ知ってる?長寿祝いの名称とその由来

有名なものもありますが、
中にはただのこじつけじゃ…!?と
いうものもあります。

あなたはどのくらいご存知ですか?

長寿祝いの名称と由来

■還暦(かんれき)…60歳
生まれた年の干支に還るという意味から
「還」暦という名前になりました。

■緑寿(ろくじゅ)…66歳
77歳、88歳、99歳などぞろ目の賀寿が
あることから、緑を「ろく」とも
読めることも相まって2002年に
日本百貨店協会が提唱しました。

■古希または古稀(こき)…70歳
中国・唐時代の詩人「杜甫」が書いた
詩の一節『人生七十古来稀なり
(人生70年も生きる事は昔から稀だ)」に由来。

■喜寿(きじゅ)…77歳
「喜」という字の草書体が七を
3つ重ねた形『?』になることから
七十七と読めるとされています。

■傘寿(さんじゅ)…80歳
「傘」という文字を分解した時に
「八」と「十」の文字になることに
由来しています。

■米寿(べいじゅ)…88歳
「米」の字をくずすと八十八と
読めることに由来。

■卒寿(そつじゅ)…90歳
「卒」の略字が九と十を重ねた形『卆』に
なることに由来。

■白寿(はくじゅ)…99歳
「百」という字から一を引くと「白」に
なる事から、100に1足りないという事で
由来しています。

■紀寿(きじゅ)または百寿…100歳
一世紀が100年という事から、紀寿、
または百寿と呼ぶようになりました。

■茶寿(ちゃじゅ)…108歳
「茶」という字を崩すと草冠が十十、
下が八十八に分かれます。

この事から10+10+88=108に繋がります。

■皇寿(こうじゅ)…111歳
「皇」という字を崩すと、
白一十一に分かれますよね。

白は先に話したように99の意味になるので、
99+1+10+1=111となりました。

■頑寿(がんじゅ)…119歳
「頑」という字を崩すと、ニ八で元、
百に一本多く、さらに八が入ります。

ここから、2+8+101+8=119歳に
繋がります。

うちのじぃちゃんばぁちゃんは○レンジャー!?長寿祝いの祝い方

まず長寿祝いをする上で大切なのが、
その祝い時毎テーマカラー
存在するということ。

まるで戦隊ヒーローのようですね。

■長寿祝いの色
還暦…赤
緑寿…緑
古希(古稀)…紫
喜寿…紫
傘寿…黄(金茶)
米寿…黄(金茶)
卒寿…白
白寿…白
紀寿(百寿)…白
茶寿…無色
皇寿…無色
頑寿…無色

●長寿祝いは以上の
ちゃんちゃんこ
ぼうしまたは頭巾
座布団

を用意します。

あとは通常のお誕生会一緒です。

特に何かを食べなくてはならない
というワケではなく、
主賓であるご長寿本人健康を家族や親戚、
友人が祝います。

何かとご挨拶をする場面では、
慣習的にお年を召した事はめでたいことで
あるとともに、そのことに自身も
“あやかりたい”という旨を添えます。

昔は主賓自らがみんなを
呼んでいたものですが、
近頃では周囲の皆で主賓を招待して行う事が
多くなってきたといわれています。

主賓はなんといってもご長寿ですから、
体調配慮して無理のない程度
長寿祝いにしたいものですね。

これ贈りたい!長寿祝いのプレゼント

人へのプレゼントは貰った人はもちろん、
選ぶ人もドキドキワクワクを
大切にしたいですよね。

ご長寿の方へのプレゼントとなると、
まず持ってなにを選ぶべきか悩みます。

特に自身の近い方だと趣味や
好きなものも分かりますが、
義理の親戚や友人なんかだと何がいいか…。

そこでここではご長寿におすすめの
プレゼントについてお話しますね。

1.入浴剤

ご長寿は若い人と違ってお風呂に
ゆったり浸かるのが大好き!

そこで、「日本名湯巡り」などの入浴剤を
プレゼントしてみてはいかがでしょう?

合わせてお風呂で使える名入れタオルなども
一緒に贈るといいですね。

なぜ、名入れタオルがいいかって?

これは年齢にもよりますが、
ご長寿になると介護サービスを受けたり、
通院入院の機会が増えるからなのです。

また、ご家族みんなで旅行に行くのも吉。

近頃は宿泊にお誕生日など記念日を祝う
プランがプラスされている事もあります。

2.寝具

多少好みの偏りはあるものの、パジャマや
シーツカバーはもちろん、
近頃はをプレゼントする人が増えています。

特にご本人の首や背中の形に合わせて
作られたオーダーメイド枕は、
へたりが出たらメンテナンスも
受けられるなどのサービスもあります。

最低でも3万円ほどとお値段は張るものの、
その効果高く喜んでもらえますよ。

ただ、ご本人を連れて行かないと
作れないので、秘密にしたい、
お値段を抑えたい場合は
5000円ほどでそれに近いものが買えます。

3.家族と一緒にできるもの

3-1.パズル
パズルなんて意外!と
思う方もいるかもしれませんが、
やはり認知症予防にはバッチリです。

年齢がいってしまっている方でも、
お孫さんなんかと一緒に出来る
64ピースくらいのものをすれば
脳トレ&コミュニケーションに!

また、パズルといっても
はめ込むタイプだけではなく、
漢字ナンクロや数字をはめる
ナンプレなんかも意外とハマります。

一緒にやればご家族もついつい
手を出しちゃうかもしれないですね。

3-2.塗り絵
近頃「大人の塗り絵」シリーズが
流行っていますよね?

元々の絵を知っている名画バージョンや、
自身で色のバリエーションを変えられる
図画バージョン。

その人の美術センスに合わせて内容を
選んでみては?

3-3.写経
ご先祖さまを大切にする
ご長寿に所縁の深いお経。

それを延々写していくのが写経です。

写経鎮める効果高いといわれていて、
お寺体験では座禅と共に
とても人気があります。

選ぶ際にはご長寿帰依する宗教
選ぶのが前提ですよ!

4.似顔絵や花束
すっかりおなじみになってきた似顔絵

最近では名入れポエムとともに
描かれることも増えてきました。

プロに描いてもらうのもいいですが、
お孫さんなど小さい子描いてもらうのも
味があっていいもの。

に入れればそれなりになりますね。

花束は、やはり生花がすぐ枯れるのが嫌…
いう方もいます。

そこで、長く生花のような新鮮さを
味わえるプリザーブドフラワーや、
特殊な液体に浸した花を楽しむ
ハーバリウムがオススメ!

特にハーバリウムは、100均で買った材料で
手作りする事可能なので、
お孫さんなどと一緒に作って
プレゼントしてみてはいかがでしょうか?

5.携帯やタブレット
核家族が増えています。

今更携帯なんて…
と嫌がる方も多いでしょうが、

GPS機能

など持っているだけで居場所
把握出来るのは安心。

また、テレビ電話などを活用すれば
さんとのコミュニケーションにも
繋がりますね。

最後に

「大切なのはご長寿を敬う気持ち」

一昨年、実父の祖母が80歳を迎えた際に
傘寿の祝いで親戚一同集まって一泊しました。

宴会はもちろん、
その際もプレゼント贈呈があり、また、
記念撮影やゲーム大会も楽しみました。

後半は祖母も少し疲れてしまったようですが、
普段会えない遠い場所にいる親戚にも会え
涙も浮かべていました。

歳をとると誕生日だなんて…という声も
聞かれますが、こんな風に
沢山の人に愛されてる事を認識出来るのは
歳の功ですよね。

次は実母の祖母がして欲しいようだったので、
目下計画中の我が家です。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ