病気にならないためには免疫力を高める方法を!



みんなが持ってるようで持っていない免疫力

「最近なんだか風邪を引きやすい気がする。」

「あれ、なんか前より食べてないのに痩せないなー。」

そんな人はもしかしたら免疫力
低下してしまっているかもしれません。

「やっぱそっかー。でもそもそも、
免疫力ってどうやって低下するの?」

「てか免疫力って何で高めることができるの?」

そこで今回は、そんな不安を一掃!
免疫力高める方法として、
生活習慣見直しについて
お話していきましょう。

あれれ、なんだか免疫力が下がる事ばっかりしてた…
なんて人には、食べて改善を促す食材を調べてみました。

スポンサーリンク
   
 

病気になりやすい人とそうでない人の差は免疫力の高さにあった!?

免疫力低い人というのは、
基本的にまだ産まれたばかりの新生児から
1歳頃までの赤ちゃん、あるいは高齢者

とはいっても!免疫力は20歳頃までの成長で
整えられ、その後は低下の一途を辿るので、

以下の生活習慣で如何様にも
下がってしまうのだとか。

・慢性的な睡眠不足

・食事の時間や内容のバランスが悪い

・慢性的なストレス

・部屋の衛生環境が悪い

・運動不足

・便秘あるいは下痢になりやすい

・冷え性

・貧血

・身体の歪み

 

女性ばかりでなく男性でも
充分なりえるので注意が必要ですね。

では、一体どうしたらこれらを直し免疫力を
アップする事ができるのでしょうか?

免疫力の高めるなら睡眠を見直して

免疫力高めるには、質の良い血液を作り、
流れを良くする
ことが大前提です。

質の良い血液は、充分睡眠時間をとって
体内時計調整することが大切です。

よく質の良い睡眠は睡眠環境を整えることが
大事といわれています。

例えば、寝室の温度は暑すぎず寒すぎない
28度湿度30~60%程度が
いいといわれています。

夏場は冷房と除湿、掛け物を上手に
使いながら眠りたいものです。

パジャマは着たくないと感じるかも
しれませんが、薄手シルク生地
着用すると肌触りもいいですね。

胃腸を冷やさないためにもお腹は出さず、
出来れば薄い腹巻などで温めておくのが
ベスト。

睡眠は夜更かししないのがいいですが、
特に22~2時の間に眠ることで壊れた細胞
修復されるといわれています。

せめてこの時間までには
床に就いていましょう。

眠る前と起きた後にコップ一杯白湯
飲むことで、翌日の身体の中の巡りが
だいぶ変わります。

また、眠る1時間前にはデジタル機器
離しておきたいもの。

ついついスマホを離せないという人は
特に注意してくださいね。

スマホから出るブルーライトの刺激によって
脳が覚醒してしまうそうですよ。

特に日々のストレスが溜まっている方は、
コルチゾールというホルモンが
過剰分泌されやすくなっています。

これはストレスホルモンとも呼ばれており、
放っておくと脳内の記憶を司る海馬
傷つけてしまうのだとか。

またストレスは不眠を招きやすく、
これにより心身の不調も招き、
結果免疫力低下に繋がってしまいます。

眠って忘れる、というのは一理あって、
ストレスかかりやすくなっている時こそ
質の良い睡眠をとってコルチゾールの分泌を
抑制しましょう。

どうしても寝つけない…なんて時は
軽くストレッチやヨガをして身体を
疲れさせましょう。

本気になると身体が起きてしまうので程々に。

基礎に戻ろう!免疫力を高めるのにおすすめの食べ物は?

日本人の食生活は洋食に
移り変わりつつありますが、

昔から身体にいい食材といわれているのが
和食基本ともされている食材たち。

「まごはやさしい」という合言葉で覚えられ、
家庭科の調理実習で聞いたことがある!
なんて方も多いのでは?

■ ま…豆類。
主に大豆、大豆製品。
ご存知イソフラボンが豊富。

高タンパク質、低カロリーの大豆は
『畑のお肉』。骨粗鬆症やガン、
更年期障害など生活習慣病予防に期待。

■ ご…ごまやナッツ類。
抗酸化物質セサミンにより、骨や筋肉、
細胞の酸化を防ぎ、ビタミンEで
若返り効果も。

■ は(わ)…わかめ、昆布、海苔や寒天など
海藻類。

古来より食してきた日本人のみの特権。
海外ではあまり効果がないのだとか。

ミネラルが豊富で腸内環境の改善に
役立つとされています。

■ や…野菜は1日360g。
うちら120gの緑黄色野菜が基本。

緑黄色野菜に含まれるβカロチンによって、
細胞死滅を促す活性酸素を逆に除去。
お肌のハリもUPします。

■ さ…魚介類。魚だけでなく、エビ、イカ、
カニもバランスよくとりましょう。

特に青魚はDHA&EPAが豊富。
脳の神経活性化を促すだけでなく、
コレステロール値を下げ動脈硬化予防にも。

■ し…しいたけ、しめじといったいわば
キノコ類。

今や菌活の代名詞になったキノコ類には、
ミネラルが豊富で骨粗鬆症、
便秘改善といった効果が認められています。

また、しいたけに多い旨味成分グルタミン酸
は脳細胞の老化を防ぐ効果も。

■ い…芋。里芋、さつまいもなど。
脳の元気の素である糖質が豊富な
炭水化物です。

特に現在注目されているのが、
山芋に含まれるムチンなどの成分による
スタミナ増強、滋養強壮。

これぞ免疫力UPの極みつけといって過言では
ありません。

流行りのスーパーフードもいいですが、
慣れない海外の食材より昔ながらの
日本の食材に目を向けてみては?

最後に

身体の不調が分かる口当たり

筆者、野菜ジュースは苦手なのですが、
ミキサーで作るスムージー系は得意です。

とはいえ毎日飲んでいるわけでなく、
疲れた時にふと「今日は飲んどこ」くらいで
飲むんです。

案外バロメーターでして、先日も
「やばーい、なんか疲れてるー」なんて日に
飲んでみたら「…あれ、美味しい

逆に「今日は絶好調だけどちょっと
飲んどこ」と口に入れたら
「あれ、こんな野菜感増しましだった?」と
感じちゃうわけです。

これ、風邪や脱水時に飲む経口補水液にも
いえることらしく、美味しいと感じる時は
それほど身体に栄養が行き届いてない
証拠だそうです。

皆さんも是非、自分の飲みやすいもので
このバロメーター感じとってみてくださいね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ