子供が肥満になる原因と太らないための対策と食習慣は?



ウチの子デカっ!

同じ時間、同じ量を食しているはずなのに、
なんだかウチの子は周囲より
ひとまわりくらいお腹が大きい気がします。

健診に行くと先生からも
貫禄あるお腹ねー」なんて
苦笑いされてみたり。

可愛いけど、ちょっと待って!
このまま可愛いで済まされない体型に
なっちゃったらどうしよう!?

そこで今回は、子供肥満
基準カウプ指数やそれを作り出す
原因について調べてみました。

ふむふむ…あれ?これママも
当てはまってるかも!?

スポンサーリンク
   
 

子供の肥満基準は?カウプ指数ってなに?

子供体型基準は、
母子手帳にもあるグラフを使うことで
見る事ができます。

この時、月齢ごとの医師からの所見欄に、
《カウプ指数》というものが書いてあるの
を見た事はないでしょうか?

■《カウプ指数》とは、乳幼児とされる
3ヶ月~5歳児の成長指数。

カウプ指数=体重(kg)÷身長(cm)2×(10)4
・13未満…痩せ
・13~15未満…痩せ気味
・15~18未満…正常
・18~20未満…肥満気味
・20以上…肥満

 

■6歳~15歳の場合は《ローレル指数》を使います。

ローレル指数=体重(kg)÷身長(cm)×(10)7
・100未満…痩せ
・100~115未満…痩せ気味
・115~145未満…正常
・145~160未満…肥満気味
・160以上…肥満

 

■高校生以上は《BMI指数》を使います。

BMI指数=体重(kg)÷身長(m)2
・18.5未満…痩せ
・18.5~25未満…正常
・25~30未満…肥満(1度)
・30~35未満…肥満(2度)
・35~40未満…肥満(3度)
・40以上…肥満(4度)

 

お子さんの年齢に合わせて計算方法
変えてみてくださいね。

子供の肥満原因をつくる悪習慣とその対策

では早速、お子さんの肥満原因
作ってしまう悪習慣についてお話します。

①時間
ご両親が共働きなんかの場合、
お子さんのご飯の時間
遅くなったり早くなったりと
バラバラになりやすいもの。

そこで知っておきたいのが、
子供と大人では時間配分が違うという事。

特に小さければ小さいほど、
その時間配分はしっかりせねばなりません。

例えば、夜7時はすでに赤ちゃんにとっては
真夜中同じだと言われています。

そんななか、親の都合で遅い時間の
食事になってしまうのは可哀想ですね。

子供は入眠後2~3時間以内成長ホルモン
分泌されやすいとのこと。

遅い時間だと成長ホルモンが
分泌されにくいうえ、血糖値高い状態に。

そのまま眠ってしまう事で肥満
引き起こすだけでなく、眠り浅く
イライラしがちな状態を引き起こすのだとか。

この場合、だからといって
時間を直すことは難しいので、
早い時間(18~19時の間)に主食だけでも
食べるといいでしょう。

子供は少し食べて、また時間をあけて
食べる事が多いので、遅い時間の分は
ヨーグルトやバナナ、野菜スープなど
胃腸影響少ないものを。

②食べ方
子育て質問コーナーに
よくあげられているのが、

子供の食べる速度が遅ーい!
というもの。

子供のご飯を食べるために使いたい時間は、
赤ちゃんなら5~10分、幼児は10~15分
小学生なら20分くらいでいいらしい。

遅くても40分程度に終わらせて、
ダラダラ食いは避けたいといわれています。

あまりダラダラ食べたり、
ながら食べをしてしまうと血糖値が常に
上がっている状態になってしまうそうです。

これで夜遅く…じゃ、
肥満になってしまうのも
致し方ないのかもしれません。

そこで大切なのが、食べない理由。

・お腹が空いてない
おやつ食べ過ぎた、外遊びしてない
いった理由があります。

また、もしかしたら病気の延長で
いまいち調子が悪いのかも。

子供の食べる量を日頃から認識し、
ワンプレートのお子様ランチ風
するのも1つの手ですよ。

・ご飯に集中できない
大好きなアニメなどTVが終始流れていれば
当然ご飯の手は止まってそちらばかり
見てしまうものです。

フードコートの場合、ゲームセンター
近くにあって落ち着かない…
なんて事もありますよね。

・つまらない、美味しくない
自分の嫌いなものばかり入っていると
当然食事進みません

味付けも大人と子供では味覚が違うので
注意してあげたいですね。

赤ちゃんの頃はよく食べていたのに、
なんて思っていてもその後小学生くらいに
なるまでに味覚の成長で感覚変わるとか。

中には非常に敏感な子もいるので、
食器洗剤の残りが料理にうっすら
混じっていて急に食べなくなる事もあります。

当然、以後その献立は“変な味”と
認識されてしまうかしれないですね。

つまらない、というのは、食事の際の
会話がなく黙々と食べる…とか、
「早く食べなさい」「美味しくないの?」
などプレッシャーかかる食事

作ったママやパパにしてみれば食べて
欲しくてあれだこれだ言ってしまうはず。

ですがこれにより、子供にとって食事が
つまらない、美味しくないといった感想を
持たせてしまうようです。

あまり気合いを入れ過ぎず、子供機嫌
見ながら食べましょう。

20分以内でしっかり噛んで食べさえすれば、
満腹中枢も刺激され程よい量満足します。

お菓子は大袋の状態で全部分けるのではなく、
小皿に取ってあげるといいそうです。

ご飯も大皿より小分けした方が、
みんなの食べる量一目でわかって
食べ過ぎを予防できます。

最後に

「我が家も反省して…」

少し前まで、我が家もなかなか夕飯進まず
ガーガーギャーギャー喚いていました。

でも、保育所で給食や夕方のおやつが
自分好みだとお代わりするとお聞きし、
もしかしたらそれほど空いてないのかもと
思ったら少し楽になりました。

それから1番目は若干小食、
2番目は大食と分かり、
それに合わせて食事を用意。

食べれないなら無理に食べなくても大丈夫、
その代わり「ごちそうさま」をいいなさいと
いうようにしました。

「ごちそうさま」がないうちは
まだ食べるのかな、と思ってしまいますから。

それからは少し、子供との食事
楽しめるようになりましたよ。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ