お歳暮を贈る時期はいつから?マナーと相場は?


年末になってくると、慌しくなってくるので、
ついつい後回しになってしまいそうなお歳暮
 
 
「お歳暮を贈る時期はいつからだっけ?」って
思ったことはありませんか?
 
 
なにやら関西や関東では違うような話も聞きますし・・・。
 
 
今日はお歳暮を贈る時期マナー相場について、
ズバリ紹介していきます!
 
oseibo1
 
 

スポンサーリンク
   
 

お歳暮とは?

お歳暮とは、読んで字の如く年の暮のことを意味します。
 
 
お歳暮は一年間お世話になった方へ感謝の気持として、
そして、「これからもよろしくお願いします」という
気持ちを込めて贈るものです。
 
 
お歳暮の由来
 
元々のお歳暮という慣習は、正月に先祖の霊を迎えるために
必要なお供え物を、嫁いだり分家した人が本家や親元に
持って行く行事だったようです。
 
 
これが、現在では、普段お世話になった方への
年末のお歳暮となっているのです。
 
 

お歳暮を贈る時期はいつから?

a0006_002881
 
お歳暮商品は、早ければ11月にはデパートなどで販売が開始され、
また、ネットショップだともっと早いようです。
 
 
お歳暮商戦はだんだん前倒しになっているので、
お歳暮を贈る時期はいつなのか、
分からない方も大勢いるようです。
 
 
また、地域によっても違い、関東と関西では異なります。
 
 
関東方面の平均的な、お歳暮を贈る時期は、
12月の初旬頃から20日頃でした。
 
 
しかし、最近では関東と関西の差がなくなってきています。
 
 
また、お歳暮の贈る時期はだんだんと早くなってきて、
11月の下旬頃から贈る方も増えているようです。
 
 
本来のお歳暮を贈る時期
12月10日頃から12月20日頃
正式な日にちです。
 
 
贈るのを忘れていて12月25日過ぎてしまったら?
  
慌てて年末の慌しい時にお歳暮を贈っては駄目ですよ!
 
12月25日を過ぎてしまっても大丈夫です。
 
年明けの1月1日~1月7日(松の内)には
御年賀」として贈りましょう。
 
  
松の内を過ぎたら2月4日(立春)までに、
寒中御見舞」として贈りましょう。
 
 

お歳暮のマナー

 
お歳暮を持参して渡す時のマナー

①連絡を必ずしておく
 お歳暮を持参する場合は、必ず事前に連絡をとっておきましょう。
 
 午前中に訪問するならAM10時~11時
 午後に訪問するならPM2時~4時
 (早朝や食事時を避けるのがマナーです)
 
 もし、事前連絡がとれずに急な訪問の場合は、
 玄関でお歳暮を渡し、さっさと帰りましょう。
 

②約束の時間を守る
 到着時間は、約束の時間の5分くらい前がちょうどいいでしょう。
 時間より遅れると、心配されることもあるので、
 遅れそうなときは、必ず連絡しましょう。
 
 
③身だしなみを整える
 玄関前に到着したら、チャイムを鳴らす前に
 身だしなみを整えましょう。
 手袋などは取り、コートも脱いで手に持ちましょう。
 
 
④風呂敷包みを解いて渡す
 お歳暮を渡すときは、風呂敷包みを解いてから
 先方からのしを、正面から見えるように
 品物の向きを正して手渡しましょう。
 
 紙袋などで持参しても構いませんが、
 風呂敷で持参するのが正式なマナーです。
 

 上がるときは、正面を向いて靴を脱ぎ、先方に後ろ姿
 見せないようにして、ひざまずいて靴を揃えます。

 

宅配便で送る場合のマナー

最近はデパートやインターネットで注文し、
宅配してもらうのが当たり前になりましたね。

この場合は品物が届くより前に、
ハガキや手紙で送り状を出しましょう。

特に生鮮食料品を贈る場合は、先方の都合もあるので、
贈る前に送り状は必ずだしておきましょう。

送り状には、
①時候の挨拶
  ↓
②日頃、お世話になっていることのお礼
  ↓
③贈り物の内容を簡単に
  ↓
④相手の健康を願う文

 
お歳暮を受け取った側のマナー

お歳暮を贈る側にマナーがあるように、
お歳暮を受け取った側にもマナーがあります。

相手方に失礼にならないよう、
覚えておいて下さいね。

無事に受け取ったことを知らせるために、
お礼の礼状は出来るだけ早くだしましょう。

ごく親しい間柄の場合や生鮮食料品などを
いただいた場合は、電話やメールでも構いません。

でも、上記以外の場合はちゃんとはがきなどの
「礼状」をだすのがマナーです。

礼状には、品物に対してのお礼だけでなく、
相手側のお心遣いに対しての感謝の気持ちも伝えましょう。
 
また、「奥様にもよろしくお伝えください」などのように、
一言付け加えることも忘れないようにしましょう。

 
 

お歳暮の相場は?

 
oseibo2
 
一般的なお歳暮の相場3,000円~5,000円程度ですが、
どれくらいの金額のものを贈るかは、贈る相手の
お世話になっている度合いなどで決めます。
 
 
しかし、大変お世話になっているからといって、
あまり高額なものを贈ると反対に失礼になります。
 
 
一般的にお歳暮を贈る相手ですが、父母義父母
親戚仲人会社関係などでお世話になった人や友人です。
 
 
具体的には、どれくらいの金額なのか、
お歳暮の相場を紹介します。
 
父母や義父母:¥4,000~¥6,000
 (同居の父母にお歳暮は贈りません)

仕事関係:¥3,000~¥5,000

友人・知人:¥3,000~¥5,000

お歳暮の相場ですが、お中元と比べて2~3割り程度
高額の品物を贈る方が多いようです。
 
 

最後に

 
お世話になった方へ感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮
 
出来れば、もらって喜ばれるものを贈りたいですよね。
 
それならば、相手側の好きなものを前もってリサーチしておくことです。
 
 
しかし、本当に大事なのは、贈る側の
日頃の感謝の気持ちを確実に伝えることです。
 
 
お歳暮は宅配便ではなく、出来るだけ訪問して、
手渡しで感謝の気持ちを伝えましょう。
 

お歳暮をスムーズに贈るコツ

贈り物ノート」を作っておくことをオススメします。
 
人間の記憶は案外アテにならず
誰に何を贈ったのかや、
「いくらくらいの物を贈ったのか」、
「何をもらったのか?」
など、結構忘れてしまっていますよね。
 
だから、家計簿などではなく、
専用のノートを作って書いておけば、
一目瞭然でわかりやすいですよ。
 
また、お歳暮だけでなく、
お中元」や「お年玉」など、
贈ったものや贈られたもの、
また、その反応などを
 
メモしておくことで、
次回の贈り物のときに参考になりますよ。

 


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ