ハローワークを利用した求人の仕方!トライアル雇用とは?


 
あなたは、いきなり常用雇用による就職に不安はありませんか?
 
fuan502_original
 
たとえば、常用雇用で就職したものの、
「この仕事は私には向いていなかったという経験はありませんか?
 
 
そういう常用雇用による就職に不安がある方の為に
いわゆる「お試し期間」を設けた雇用制度があるのです。

スポンサーリンク
   
 

トライアル雇用とは?

この「お試し期間」を設けた雇用制度が「トライアル雇用」です。
 
 
トライアル雇用の期間は3カ月間で、あなたはその間に仕事を経験し、
指導を受けたりして、その仕事や会社のことを覚えたりします。
 
 
会社側はこのトライアル雇用の期間中に、
あたたの仕事についての適正や、能力などをみます。
 
 
その後、双方の合意が得られれば、常用雇用に移行されます。
 
 
トライアル期間中も労働者としてみなされるので、
賃金も貰えるし、労働基準法も適用されます。
 
 
厚生労働省の資料によると、トライアル雇用終了者の
約8割が常用雇用へと移行されているようです。
 
 
このような便利な「トライアル雇用」ですが、
誰でもが、利用できるわけではないようです。
 
 

トライアル雇用の対象者は?

常用雇用による就職に不安があり、
以下のいずれかの要件にあてはまり、
 
かつ公共職業安定所長が職業相談を通じ
トライアル雇用が必要であると認めた人が対象です。
 

  • これまで経験したことのない職種や業務に就こうとする人
  • 離転職の常習者
  • (過去2年以内に2回以上離転職を繰り返している人で今後は長期就業を希望する人)

  • 直近で1年を超えて失業している人
  • (パート・アルバイトなどの就業形態も含みます)

  • 特別の配慮を要する人
  • (母子家庭の母、生活保護受給者、日雇労働者、ホームレスなど)

     
     

    トライアル雇用のメリットは?

    torai14_original
     
    あなたの希望する仕事に就労できる機会が広がります。
     
     
    あなたと企業がお互い納得済みで常用雇用に移行するので、
    就労後も安心して仕事を続けられます。
     
     

    トライアル雇用期間終了時に会社が希望する業務レベル
    達していない場合は常用雇用されない場合があります。

     
     
    雇う側雇われる側のどちらにも
    メリットがある「トライアル雇用」、
     
     
    もし上記にあてはまるのなら、
    積極的に利用してみてはいかがでしょうか?
     


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ