チョコレートアレルギーの原因と症状とは?かゆみがでたら何科を受診?



喉がムズムズ…鼻がズルズル

美味しいおやつの時間。

ちょっと疲れた身体には
甘いものが癒してくれますね。

…ん?ムズムズする。

…あれ?風邪でもないのに
鼻水垂れてきた…。

そういえば前にもチョコレートを
食べてたらこんな症状が出てきたかも。

そこで調べてみたら、
出るわ出るわアレルギーの話!

チョコレートアレルギーなんて
聞いた事なかったのに!

そこで今日は、耳新しい
チョコレートアレルギーについて
とことん調べてみました。

原因対策、詳しい症状は?
何科で調べられるの?気になる費用
チェックしておきましょう。

スポンサーリンク
   
 

チョコレートアレルギーって一体何?

チョコレートでアレルギーを起こすなんて、
あまりに身近な食べ物なだけに怖すぎます。

チョコレートアレルギー
別名カカオアレルギーとは、
チョコレートを食べることで起こる様々な
アレルギー症状をさします。

また、バレンタインデーにチョコレートを
貰った子が病院に駆けつける率が増えるため、
欧米では“バレンタイン症候群”という名も。

さすがは欧米。モテている人達への
なかなか皮肉ったジョークですね。

チョコレートアレルギーの原因は?どんな症状がある?

チョコレートアレルギー原因は、
名前にもあるチョコレートの原料カカオ

カカオはチョコレートの他にもココアや
モーレといった食用ソース、
テオブロミン、カフェインといった
薬用品の原料にもなっています。

人の体温溶ける性質を持っていることから、
座薬や軟膏にも使われてるんですって!

あれ、悪ものじゃないじゃん?と
思いますが…?

このカカオに含まれているニッケル
チラミンI型アレルギー原因物質
指定されているのです。

ニッケルは皆さんご存知の金属元素。

これが微量に含まれているため、
金属アレルギー近い症状
示すのではないかとされます。

とはいえ、これに関してはもともと
ニッケルに対するアレルギーがなければ
問題ないとも言われています。

もちろん食べ過ぎてしまえば
元も子もありませんが…。

どちらかといえばチラミン
特に血管拡げるなどの作用を出し、
アレルギー特有の

・湿疹
・かゆみ
・かぶれ
・蕁麻疹

といったものだけでなく、

・下痢
・頭痛
・粘膜の浮腫
・嘔吐、または吐き気
・痙攣

など結構深刻な症状を引き起こします。

チラミン、かわいい名前に反し怖い…。

昔からチョコレート食べすぎると
鼻血出すと言われていますが、
これももしかしたらこのチラミンに対する
アレルギー症状かもしれないですね。

中にはココアやチョコレートを飲食すると
くしゃみが出ていて、ある日突然
アナフィラキシーショック
起こしたという方も!

チョコレートを食べていて少しでも
何か異変がある時は、
何となく気に留めておいた方が
いいかもしれません。

チョコレートを近づけないことが最良の対処法

チョコレートといえば今や世界中に
溢れかえっている嗜好品の1つですね。

我が家では幸いそこまで
チョコレート大好き!というのがいませんが、
やはりこういった話は耳が痛くなります。

また、まさかチョコレートアレルギー
起こるなんて…と思われることも
きっと多いでしょう。

そこで大切な事は、
過剰摂取を避けることです。

そして、、少しでも疑われたら
たとえご厚意でも

・チョコレートやココアをもらう事を避ける
・成分チェックを怠らない

ことが大事です。

また、原因の1つであるニッケルに関しては、
カカオ豆だけでなくナッツ系食材
ほぼ入っているようです。

マカダミアンナッツやアーモンドなんて
チョコレートにまで入ってますから
ダブルで摂取してますよね。

このほか、海藻や大豆製品、なめこ、
オートミールや玄米といった食品にも
含まれております。

これだけでも怖いのに、今や見かけない方が
難しいステンレス製の食器にも…。

そりゃ金属ですからね。

これは探し、除去するのも相当根気が
いることではないでしょうか。

何科を受診すべき?

チョコレートアレルギーはその症状によって
受診する科を変えます。

かゆみや発赤が出るなら皮膚科、頭痛や
下痢などが起きたら内科といったように。

この際大切なのは、いつ、どうして、
どんな風に症状が出たのか

伝える事が大切です。

最近は、携帯用アプリで症状や薬の服用歴を
まとめられるものが増えてきているので
ぜひ活用しましょう。

血液検査で分かるので、
機会があったら調べてみるといいかも
しれません。

費用は保険適用、適用外含め
約3~5000円で、1セット10項目ほどで
ある程度のアレルギーが分かります。

治療法は残念ながら対症療法しかありません。

対症療法とは、頭が痛ければ頭痛薬、
鼻が出るなら鼻炎薬といったもの。

残念ながら原因そのものを
取り除く事はしないんです。

だから自分から避ける事しか
出来ないんですね。

最後に

「我が家のアレルギー事情」

我が家では皆元気なようでこれといった
食物アレルギーは出ていないように感じます。

下の子も一時食べると何かにか
症状らしきものがあったけど
今ではなんでも食べる食いしん坊だし。

ただ、若干気候の変化には皆弱いらしく、
すぐ風邪をひきやすかったり、

そこまで行かなくても鼻水を
垂らしてる事がちらほら。

筆者が子供の頃はこんなに
アレルギーどうの騒いでいた
イメージがないだけに、

なんだか世の中ひ弱になってきたものだなと
感じてしまいます。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ