双子妊娠はいつわかる?病気リスクや初期症状は?



双子妊娠の確定と不安

陽性の妊娠検査薬。病院に行ってみたら、

妊娠ですね、双子の可能性があります
っていわれちゃいました!

えっ、双子!?一気に2人の赤ちゃんのママ!
やったぁーっ!と喜んだのもつかの間。

ネットを見れば…

双子 病気
双子 妊娠 リスク

なんて不安になるキーワード…。

そこで今回は、双子妊娠に関する
メカニズムの解明に挑みたいと思います。

双子だけでなく、赤ちゃんが欲しい
皆さんに見て欲しいですね。

つわりなんかも2倍?と不安になるかも
しれませんが、その分生まれたときの
嬉しさ2倍ですよ。

スポンサーリンク
   
 

そもそも双子って?一卵性、二卵性の双子を妊娠する仕組み

双子の赤ちゃんを妊娠する仕組みは、
受精卵が細胞分裂する際に2つ
分かれてしまうところから始まります。

くっついたまま分裂していけばそのまま1人の
赤ちゃんとして生まれるはずなのですが、
なにがどうしてこうなるのか偶然の産物。

これがいわゆる一卵性双生児といわれています。

5つに分かれれば当然五つ子になるわけですね。

そう考えるとなんて強い受精卵なんでしょう。

当然、顔やDNA、血液型が全て一緒と
いう風になります。

ただ性格はまだしも、性別だけはごく稀に
違う事もあるので不思議なところですね。

もう一つよく知られているのが二卵性双生児

この場合は、なんの因果か排卵日に卵子
2つ出された事がそもそもの発端。

同時期受精することで二卵性になり、
性別や顔立ちも違う同じ日に生まれた
兄弟姉妹になります。

海外ではそれぞれお父さんが違う双子が
生まれたという驚きのニュースもありました。

双子が生まれてくる確率は超低い?

双子の赤ちゃんが生まれる確率は、
昔からみた統計でもほぼ変化がないそうです。

一卵性双生児…0.4%
二卵性双生児…0.2%

これは自然妊娠によるものであり、
もともと日本人は欧米に比べて
多胎体質ではないといわれています。

自然妊娠で双子を望むのはかなり
根気のいる作業といえるかもしれませんね。

双子妊娠の確率を上げる方法があるってホント?

双子妊娠確率についてですが、
1995年以降徐々に二卵性双生児に限っては
その数字を約2~4倍に上げてきていると
いわれています。

その理由は、現代ではよく聞くようになった
不妊治療です。

不妊治療の場合、男女どちらかに不妊要素があり、
ホルモン剤の投与などでその確率をあげます。

このため、排卵誘発剤体外受精によって
その可能性を高めているのでは?
ともいわれているようです。

また、二卵性双生児お母さん方
双子親族がいる場合もその率が高いとされ、
そのお母さんが高齢の場合さらに
ぐんと跳ね上がるとか。

これは排卵数が増える率が高くなるためと
いわれています。

加えて、高齢妊娠の場合は
医師と相談して多胎妊娠が出来るよう
ホルモン剤の投与など治療する場合も。

1人の出産でも相当な体力を使うため、
そのリスク軽減する事が
目的といわれているようです。

双子妊娠は双子が妊娠したら何が基準でいつわかる?

妊娠は、胎嚢と呼ばれる赤ちゃんを包む袋が
子宮内にあることが確認出来ればほぼ確定

この後、胎芽(妊娠9週まで胎児ではなくこう呼ばれます)、
心拍確認されることで妊娠確定として
母子手帳が発行されます。

このとき、一卵性双生児であれば
胎嚢は1つ、心拍や胎芽が2つ。

二卵性双生児であれば胎嚢が2つ確認されます。

なので二卵性の場合早く発見されるのですが、
一卵性の場合心拍確認出来る6~7週目までは
分からないことがほとんどです。

双子の妊娠によるリスクは?初期症状に違いは?

双子を妊娠した場合、つわりなどの初期症状に
なにか違いがあるかというと
案外そうでもありません。

この違いはやはり母胎の個人差が
大きく関係してくるようです。

妊娠中の体重も1人より2人なので
グングン増えるので心配かもしれませんね。

でも推奨的には1人の時+2~3kgであれば
問題ないそうです。

ただ、栄養分としては2人分奪われてしまいます。

鉄分やビタミン、カルシウムなど普段以上の
栄養摂取が必要となるわけですね。

また、一番かかりやすいとされるのが
双胎間輸血症候群

これは赤ちゃん同士で血液の行き来が起こる異常で、
うまく供給されない一方あるいは両方が亡くなる、
または障がいが残るなどの問題があります。

現代は早期発見のレーザー治療などで
そのリスクはだいぶ減ってきているそうですが、
今でも約2割の一方が亡くなっているそうです。

最後に

「双子のメリットデメリット」

赤ちゃんてただでさえかわいいのに、
双子でいたらまた新たなかわいさが
出てくるんだろうなーと思います。

一方、出費や病気リスクなんかは2倍…。

赤ちゃんといえば共鳴するように泣いちゃうから
そんな場面に陥ったらママまで泣いちゃいそうです。

筆者は2歳離れの姉弟なので
ちょうどいいといえばちょうどいいですが、

一気に育て上げるといえば
そっちもいいのかなーとか思ったり。

うーん、難しい問題ですが
授かったら頑張るしかないですよね!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ