インフルエンザの種類と症状!【A型・B型・C型】の特徴や違いも!



本日はインフルエンザ種類症状について
ご紹介致します!

毎年多くの感染者を出すインフルエンザって、
いったい何型なの?

A型・B型・C型、その特徴の違いは何??

来期はどんな流行を見せるのか?!
型別特徴主な症状
徹底解説致します!!

スポンサーリンク
   
 

インフルエンザの種類と症状!

インフルエンザ種類主な症状
ご紹介致します!

■インフルエンザの種類
インフルエンザとは、インフルエンザウィルス
により引き起こされる急性の感染症です。

インフルエンザの病原体は
《A型》《B型》《C型》3つの種類が
存在しており、それぞれの型に
感染することにより

インフルエンザA型

インフルエンザB型

インフルエンザC型

と、3つのタイプに分かれます。

■インフルエンザの主な症状

・悪寒を伴う発熱

・全体倦怠感

・頭痛

・関節痛

・鼻水

・咳

・喉の痛み

・吐き気

・腹痛、下痢

 

症状はタイプにより強く出るもの、
出にくいものと様々です。

型ごとの症状の違いや特徴は、
次の項目で見ていきましょう!

A型インフルエンザの特徴や症状

■A型インフルエンザの特徴・症状

~特徴~
・流行時期:12月~1月

・完治までの期間:一週間前後

・ウィルスの数が最も多く、
感染力が高く流行しやすい。

また、3タイプの中で
最も重篤な症状を引き起こす傾向あり。

~症状~
・38℃以上の高熱

・倦怠感

・悪寒

・頭痛

・喉の痛み

・鼻水・鼻づまり

※呼吸器系の合併症を引き起こす可能性も!

B型インフルエンザの特徴や症状

■B型インフルエンザの特徴・症状

~特徴~
・流行時期:2月~3月
(A型の流行が落ち着いたころ、
B型の感染が聞かれるようになる)

・完治までの期間:一週間~10日前後

・比較的症状が軽く、
限られた地域で流行するケースが多い。

下痢や腹痛など、消化器系に影響が
出やすいのも特徴。

~症状~
・腹痛

・下痢

・嘔吐

※症状はA型より比較的軽く、
発熱しても微熱程度の場合が多い

C型インフルエンザの特徴や症状

■C型インフルエンザの特徴・症状

~特徴~
・時期:一年中

・完治までの期間:一週間前後

・ほとんどの人が幼児の間に感染。

一年を通して感染がみられ、
ごく軽い症状で済む場合がほとんど。

~症状~
・鼻水

・軽い咳・くしゃみ

※鼻水が多く出る程度で、
発熱しても微熱で済むケースが多い。

最後に

いかがでしたでしょうか。

毎年多くの感染者が出るのは
《インフルエンザA型》です。

流行情報と合わせて、
万全の対策を行ってくださいね!

インフルエンザA型は、全身症状が重く、
高熱も出やすいのでインフルエンザと

判断が付きやすいですが、
B型は熱があまり出ないのが特徴。

下痢や腹痛程度の症状で
済んでしまう場合もあるため、
インフルエンザなのか、お腹の風邪なのか
判断が難しいところです。

家族の中での二次感染を防ぐためにも、
インフルエンザA型の流行が落ち着いてきた

2月~3月頃に、腹痛や下痢、吐き気などの
消化器の不調を感じた場合、

微熱が続く場合などは、念のため
病院を受診するようにしましょう。

また、インフルエンザ予防に有効とされる
《予防接種》ですが、摂取してから効果が
出るまで2週間程度かかると言われています。

流行の真っただ中に摂取しても効力を
発揮できない場合もありますので、

流行シーズンを迎える前の11月頃の
摂取がおすすめ!

予防接種やうがい手洗いの励行、
マスクの着用などで、
辛いインフルエンザの感染を防ぎましょう!!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ