ボウリングの基本的な投げ方のコツとは?



お友達から誘われる機会の多い年末年始。

ショッピングやカラオケ、
更に仲間で盛り上がるボウリングも定番です。

初めてボウリングに行くことになったけれど、
投げ方さえも分からない・・・

見よう見まねでも何とかなりそうではありますが、
基本をしっかりと抑えておけば
初心者でも良いスコアを狙えちゃうかも!

という事で今回ご紹介するのは
ボウリングの基本的な投げ方コツ

コツを身につけて、ハイスコアを
狙っちゃいましょう!

スポンサーリンク
   
 

基本的なボウリングの投げ方の種類

野球のピッチャーを例に取っても、
ストレートやカーブ、フォーク、スライダーなど
球種は様々。

ボウリングにも様々な投げ方種類があるのです。

①ストレートボール
ストレートボールとはその名の通り、
ボールの軌道がほぼ直線で進んでいきます。

横回転なく、進行方向に縦に回転がかかるため、
ボールが曲がらずにまっすぐ進みます。

②フックボール
途中まではストレートボールと同じ軌道で
まっすぐ進みますが、ピン手前曲がります。

スピードや指を離すタイミングなどが要求される、
中級者以上のテクニックです。

③カーブボール
右投げであれば、右のガター側に
大きく弓なりにカーブしながら進みます。

コントロールするのが難しいため、
失敗してしまうとガター確率アップ。

④バックアップボール
右投げであれば本来左へ曲がっていきますが、
右回転をかけ曲がるボールです。

フックやカーブとは逆に曲がる球と
考えて良いでしょう。

上記他のボールと比べても安定しない
投げ方のため、あまりおすすめ出来ません。

ボウリングの基本的な投げ方のコツ!抑えておくべきポイントは?

基本的な投げ方のコツ&ポイントは以下の通りです。

■ボールは親指が緩すぎず、丁度良いサイズの物をチョイス!
ボールを強く握らずに済むため、
入れずに振り子のように
振れるようになります。

基本とされるストレートボールでの投球時には、
ボールにさしている親指が狙ったピン
対してまっすぐに向いている事がポイント!

■ボールのコースをイメージ!
ボールを持ってアプローチに立ったら、
ボールの進む軌道イメージします。

一投目であればストライクを狙うべく
真ん中のピンを、1投目以降は残ったピンの中で
一番前のピンを狙うイメージで
投げるコースを決めます。

■振り子のイメージでボールを振る!
支点として、ボールの重みで
振り子のように大きくゆったりと振ります。

狙いを定めたボールコースに向かって、
振り子まっすぐなるよう振るのがポイントです。

ボールは振らずに、ボール重みのみ
利用して自然に振るのがコツ!!

■助走はテンポよく!
ボールを投げる時に重要な助走。

まっすぐテンポよく!がポイントです。

右投げの人であれば、「右・左・右・左」の
4歩が基本!

右利きの人であれば、最後左足
に出ているように投げるようにしましょう。

右投げなのに右足を最後に踏み出すと、
無理な力がかかって軌道がそれやすくなります。

最後の4歩目が一番大きな歩幅となるよう
意識すると良いですよ!

■まっすぐにボールを振りぬく!
狙いを定めた軌道に向かって、
まっすぐになるようボールを振りぬきましょう。

・参考動画
ボールが曲がらない秘密とは?【スタートダッシュUP!!ボウリング講座】 新世界佐藤

 

フックボールの投げ方のコツは?

大きく弓なりの軌道のカーブとは異なり、
ピンの手前で大きく曲がるフックボール。

中級者以上のテクニックを要するフックボール、
その投げ方のコツを見ていきましょう!

【フックボールの投げ方のコツ】
・投げる際の持ち方
手首固定、親指がレーンに向かって
10時方向(やや左)である状態で構えます。

・投げ方
10時の状態を保ったまま、振り子のように
手をゆっくりと大きく振ってボールを離します。

手首ひねったりせず、腕はまっすぐのまま!が
ポイントです。

【更に強いフックの投げ方】
基本の投げ方と同様、構えからスイングまでは
親指12時の方向(まっすぐ)に保ちます。

ボールから指を離す瞬間(リリース)に、
親指を抜きながら中指と薬指で10時方向へと
ボール回すように送ります。

よりボールに回転がかかり、強いフックボールを
投げられますよ!

が!テクニック要する手首にかなり負担
かかりますので、初心者には不向きです。

まずは基本の投げ方をしっかりと
マスターしましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか。

『ボウリングの基本的な投げ方のコツ』
是非ご参考になさってくださいね。

真ん中からセンターに向かって投げているのに
一向にまっすぐ球がいかない・・・

そんな場合は、レーンの手前にある▲の印
(スパット)
を利用しましょう。

右投げの場合は右から2番目スパット
狙いたいピンとを繋いだ延長線上位置から
投げます。

右から2番目のスパットの上をボールが
通るイメージで投げるのがコツ!

まっすぐ投げられさえすれば、
ボールが中央に集まるようになりますよ。

お試しあれ!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ