赤ちゃんに虫歯菌はうつる?いつから予防する?注意すべきことはコレ!



本日お届けするのは《赤ちゃんの虫歯菌》

熱い食べ物をフーフー冷ます

自分の使ったお箸やスプーンで赤ちゃんに食べ物を与える

ママやパパならば普通に行ってしまいがちな
この行動、実は赤ちゃんに虫歯菌を
うつしてしまうNG行為だった?!

という事で今回は赤ちゃん虫歯菌うつる
予防注意点をご紹介致します!

注意すべき点をしっかり押さえ、
可愛い赤ちゃんのお口を
虫歯菌から守りましょう!!

スポンサーリンク
   
 

虫歯菌とは?

■虫歯菌
虫歯の原因になると言われている細菌が
ミュータンス菌と呼ばれる、
いわゆる虫歯菌の正体!

1/1000㎜とごく小さく、球状の細菌です。

この虫歯菌が歯垢であるプラークに住みつき増殖
食べ物や飲み物などの糖質をエサに
を作り出します。

その酸が、歯のカルシウムリン
溶かすことが虫歯のきっかけになるのです。

赤ちゃんに虫歯菌はうつるの?

赤ちゃんに虫歯菌がうつってしまうって
本当なの?

答えは《YES》です。

一般的に、2歳くらいまでのお子さんの
口の中には、虫歯の原因となり得る細菌
存在しないといわれています。

ではどうして虫歯になってしまうの?

それは、周囲の大人からの虫歯菌の感染
よるものなのです。

唾液を介して感染する虫歯菌
親子間だけではなく、
恋人同士のキスでも感染します。

虫歯菌をうつさないためにいつからいつまで予防すればいい?

【虫歯菌をうつさないための予防時期】
一般的に2歳半までに口内に虫歯菌
いるか否かで、その後の口内環境
大きく変わる、といわれています。

特に移りやすい時期としては、1歳半~2歳半まで。

感染が遅くなればなるほど、
虫歯になりにくくなるとされています。

上記を踏まえ、誕生から3歳ころまで
虫歯菌うつさないように心がけたい
予防期間だと言えそうです。

虫歯菌をうつさないために注意するべきことは?

唾液を介して感染してしまう虫歯菌

では、虫歯菌をうつさないための
注意点をみていきましょう!

■両親の歯のメンテナンス
まずはパパママ口内環境整える事が重要!

虫歯の治療はもちろんのこと、
定期的なクリーニングで口内を
清潔に保つよう心がけましょう。

赤ちゃんへの虫歯菌感染への観点だけではなく、
ご自身の歯や歯茎の健康寿命を延ばすためにも

大切です。

■口移しはNG!
熱くないか確かめるために、
一口かじってお子さんへ・・・などもNG!

唾液を介してお子さんに虫歯菌が
うつってしまいます。

固い物を口内で咀嚼して与えるなどの行為は
もってのほか!

絶対に行わないようにしましょう。

■お箸やスプーンなどの共有
パパやママが使ったお箸やスプーンで
お子さん食べさせる
またストローの共有などもやめましょう。

食べ物や飲み物だけではなく、
虫歯菌も一緒にお子さんのお口へと
運んでしまう事に。

■熱い物は自然に冷ます
熱い物をフーフーと吹いて冷ます行為も、
虫歯菌感染のリスクを高めてしまうためNG!

口から飛んだ唾液食べ物付着
唾液中の虫歯菌がお子さんへと
感染してしまいます。

熱い物は息を吹いて冷まさず、
しばらく置いて自然に冷ますように
しましょう。

■キスはほっぺに
可愛い赤ちゃん。

プルプルのお口にキスしたい気持ちを
グッと抑えて、3歳になるまで
キスほっぺにを心がけると良いですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか。

赤ちゃんにうつってしまう《虫歯菌》

スキンシップはとっても大切、
感染源を完全に遮断するのは

困難な点もありますが、口移しやカトラリーの
共有はしないなどを徹底するだけでも、
虫歯菌の感染リスクを減らすことが可能です。

可愛い赤ちゃんのお口の健康を第一に
考えてあげたいものですね。

また、どんなにパパやママが気を付けていても、
ついうっかりおじいちゃんと
おばあちゃんから!!なんてことがない様、

角が立たない程度に予め
お話しておくと良いかもしれません。

可愛い孫が虫歯で苦しまないため・・・と
分かっていただければ、
喜んで協力してくれると思いますよ。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ