身丈と着丈の違い!洋服の場合は?



お洋服を購入する際に
大きさの目安になるサイズ表記。

目で見て試着することが出来ない、
インターネットでお買い物をする際などは
特に参考にしますよね。

そこで気になるギモン!

身丈》と《着丈》があるのは何故??

身丈着丈違いは何??

一般的に使われることが多いのはどちら??

という事で今回は身丈と着丈の違いについて
ご紹介致します。

これにて一件落着!

お洋服購入時の参考に是非ご覧くださいね。

スポンサーリンク
   
 

身丈と着丈の違い!洋服の場合はどう違うの?


出典:http://plastered.ocnk.net/product/881

Tシャツやブラウス、
ワンピースやコートなどに表記されるサイズ。

洋服身丈?それとも着丈??

どちらも、服の縦の長さである《丈》を示すものですが、
実は計る位置に違いがあるのです!

それでは、その違いを見ていきましょう。

■身丈

身丈は正面である“胸側”から図ります。

・Tシャツ
首のリブの付け根から裾までの長さ

・ワンピース
首元の一番高い位置から裾までの長さ

・襟付きのワイシャツやブラウス
襟の付け根の縫い目から裾までの長さ

・パーカー
フードと本体の付け根の縫い目から裾までの長さ

 

■着丈
身丈とは異なり、
着丈は“背中側”で計るのが一般的です。

・Tシャツ
服の背中側の“中央部分”の首リブの
付け根から裾までの長さ

・ワンピース
背中側中央部分から裾までの長さ

・襟付きワイシャツやブラウス
背中側中央部分、襟の付け根の
縫い目から裾までの長さ

・パーカー
背中側中央部分、
フードと本体の付け根の縫い目から裾までの長さ

 

以上の事から、

身丈は、
正面から、一番高い位置の襟の付け根から裾まで計測

着丈は、
背中側から、中央部分の襟の付け根から裾まで計測

以上のように計る場所、位置ともに
違いがあることが分かりました。

分かりやすい例)
胸が大きく開いているタンクトップ


出典:https://fashion.dmkt-sp.jp/contents/info/measure.html

肩の一番高い位置から裾までが身丈

大きく背中が開いたデザインの物でも、
背中中央部分から裾までが着丈

つまり、着丈の方が短くなる事になりますね。

身丈と着丈で使われることが多いのはどっち?

【身丈と着丈 使われ方】
こんがらがってしまいそうな身丈と着丈ですが、

洋服で使用されるのは主に着丈です!!

大手通販サイトなどのサイズ表も、
着丈の表示がほとんどです。

では、身丈はどんな時に使うの??

■着丈
洋服での表記は着丈が一般的です。

■身丈
着物など、和装でのサイズ表記に用いられます。

着物は通常、帯の中へとたくし込んでしまう
部分である《おはしょり》があるため、
身丈=身長とされます。

身体の丈で、身丈という意味なんですね。

最後に

サイズ表記のギモン《身丈と着丈の違い》

ご理解いただけましたでしょうか?

洋服は着丈、
和服は身丈と覚えておくと良さそうですね!

一般的には上記の通りの違いとなりますが、
店舗などによっては表記差がある場合もあります。

各サイトの《サイズ表示の見方》など、
詳細をご参考にどうぞ!

また、洋服であっても中には
身丈表記の商品もありますので、
見間違いのないよう注意して下さいね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ