こなゆきコラーゲンてなに?効果なしのひとの特徴は?



効果なしってどゆこと?」

今回は、ネットの広告などで
ちょいちょい見つけるこなゆきコラーゲン
お話をしていきたいと思います。

コラーゲンといえばお肌などに高い効果があり、
昔から親しまれていますよね。

ところが、このこなゆきコラーゲン
効果なしという項目が目立ちました。

そこで今回は、こなゆきコラーゲン
効果成分はもちろん、

正直な口コミの数々から中立な立場で
お話ししていきますね。

スポンサーリンク
   
 

最近耳にするこなゆきコラーゲンとは?

こなゆきコラーゲンとは、
実際ある食品店舗「タマチャンショップ」が
美容健康食品として販売しています。

「タマチャンショップ」は
宮崎県都城市にある食品会社で、
名前の由来は経営者の実のお母さん
「タマチャン」からつけられました。

九州の美味しいものを使って、
身体と心に元気を与えてくれる
お母さんのような存在になりたい…
そんな思いから様々な健康食品を
作り続けてきたそう。

なかでも、こなゆきコラーゲン評価高く
洗顔料なども販売。お客様からの要望
をきちんと受け止め改良を重ねてきました。

日本で2ヶ所しか抽出出来ない一番搾り!?こなゆきコラーゲンの成分とは?

商品は、国産豚皮100%使用した
こなゆきコラーゲンと、北海道鮭皮
100%使用したこなゆきマリンコラーゲン

どちらも独自の抽出技術を用いた
一番搾りの低分子コラーゲンペプチドが
主成分となっていて、アレルギー性
低く安全な作りになっています。

低分子コラーゲンペプチドは、
これまで知られてきたコラーゲンよりも
さらに細かく、ゼラチンよりもさらに
吸収されやすい成分。

細胞レベルまでその効果を送り届けてくれるので、
近年アミノ酸重要視されてきています。

その効果は?効果なしと感じる声も?

コラーゲンは、皆さん知っているとおり
肌や軟骨などに潤いを与えてくれる
いわば潤滑油の存在。

そのため、ほうれい線やシワで悩む
美活女性だけでなく、ひざなどの関節痛に悩む
高齢者や医療技術者、研究者から
注目が集められてきました。

低分子コラーゲンペプチドの場合は、
通常聞くコラーゲンよりも吸収率が高いぶん、
さらに良質なアミノ酸を身体の隅々まで
運ぶことが出来ます。

効果高さとしては、やはり
ゆっくり実感できている人が多いようです。

一度ダメかも、と思った人もいわば好転期を終え
やはりやめない方がいいかも…と
リピートする人が続出しているのだとか。

コラーゲンはタンパク質で、骨の20%、
軟骨にいたっては50%の割合で支える存在。

実際肌だけでなく、膝など関節の痛み
悩む人に対してはコンドロイチンとともに
積極的にとるのが望ましいと話す
整形外科の医師もいるほどです。

もちろん、ブロック注射や処方されるものに
比べれば気休め程度でしかないという
声もあるのですが。

このコラーゲンら、ビタミンCとの併用
吸収が高まるといわれています。

効果なし…と感じる方は
吸収の仕方悪いのかもしれないですね。

実際、口コミはどんな感じ?

口コミを見てみると、意外と多かったのが
効果よりもコスパ店舗対応について。

定期購入がずれ、前のとだぶりやすい。

住所変更がなされておらず遅れた。

電話受付の対応があまりよくない。

 

こういった点は少し信用度の面で
残念かもしれないですね。

これでは試したくないという口コミが
増えても仕方ありません。

効果や風味については、

溶かしてしまえば気にならない。

・なんとなく肌がプルプルしてるかも?

 

という声が声がある一方、

いつまで飲んだら効果がでる?

夏はいいけど冬は物足りない。

独特の味がある。

 

といった悲観的な口コミがありました。

実際、こういった商品の効果
最低でも3ヶ月見るべきだと言いますから、
これらに関しては判断が難しいと思います。

先に話した通り、気休め程度と思っておくのも
一理あるかもしれません。

風味に関しては、味のない白湯などに溶かすと
やはり独特だった印象。

ミルクティーやコーヒーなど味の濃いものに
溶かせば気にならないのではないでしょうか?

最後に

「我が家の場合は?」

筆者の実母は、こなゆきコラーゲンでは
ありませんが粉コラーゲンを
コーヒーに入れて飲んでいます。

以前一時期膝の痛みで動けないこともあったので、
効果の程は?と訊いたところ、

「よくわかんない。今は膝の痛みないけど…
これが効いたのかといわれたら断言はできない」

とのこと。

やはり気休め程度なのかもしれないですね。

でも病は気から、といいますから。

こういった気休めも大事な治療の一環なのかな?


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ