なぜ50Hzと60Hzの電源周波数があるの?境界はどこ?



引越しで家電製品を持っていくことになった時、
果たして引越し先で使えるだろうかと
心配になったことはありませんか?

日本の電源周波数地域は、なぜ50Hz地域と
60Hz地域の二種類があるのでしょうか?

50Hz対応の製品を60Hzの地域で
使うことはできないんじゃないか?

ところで今住んでいるところは
50Hz地域なのか60Hz地域なのか?

普段あまり気にすることのない電源周波数ですが、
いざ知らないと困ることになるのかも…。

そこで今回は電力会社から供給されている
電気の50Hz、60Hz電源周波数について
調べてみました。

スポンサーリンク
   
 

なぜ、50Hzと60Hzの電源周波数の地域があるの?

まず電源周波数について
少し説明しておきましょう。

電流には直流交流があります。

直流は電流の向きと大きさが一定のもの。

対する交流は、電流の向きと大きさが
周期的に変化します。

電力会社から一般家庭に供給されている電気は
交流電流です。

交流電流は電気のプラスとマイナス
時間とともに規則正しく入れ替わり
その入れ替わる回数周波数と言います。

この周波数が日本には2種類存在するのです。

では、なぜ50Hzと60Hz、2つの周波数の地域が
できてしまったのでしょうか?

原因は日本に輸入された発電機にありました。

明治時代、それまでの
ろうそくや油を燃やしていた時代が終わり
日本でも電気を使うようになったのですが、

肝心の発電機は海外からの輸入に
頼るしかなかったのです。

この時、東京はドイツから
大阪はアメリカから発電機を輸入しました。

問題はドイツの発電機は50Hzの電気を、
アメリカの発電機は60Hzの電気を
作るものだったということ。

以来、日本は50Hzの周波数と60Hzの周波数、
2つの地域に分れてしまったのです。

50Hzと60Hzの地域の境界はどこ?

東京大阪
それぞれの地域が別の発電機を導入したために、

日本では50Hzと60Hz、二つの電源周波数地域が
存在することになりました。

では、その境界線は日本地図のどの辺りに
引かれているのかご存知ですか?

東京が50Hz、大阪が60Hzということは、
その中間辺りでしょうか?

二つの周波数境界は、
静岡県の富士川と新潟県の糸魚川
おおよそのラインとされています。


出典:http://www.sharp.co.jp/support/info/info_hz_1.html

この境界線東側の
新潟、群馬、埼玉、山梨、静岡以東が50Hz、

西側の新潟、長野、静岡以西が60Hzに
なっています。

ただし、境界線付近は50Hz、60Hzが
混在している地域がありますので、

このあたりに引越しをされる場合は
どちらの周波数かを
確認しておいた方がいいでしょう。

電源周波数が異なる地域に引っ越したら電化製品に影響は?

家電製品で、それぞれの周波数を
基準にしているものを違う周波数
使用すると故障の原因となる場合があります。

器具を痛めたり十分な性能が出なかったり
するのも困りますが、
火災を起こすような事態になっては大変です。

50Hz/60Hzの表記があるものや
切り替えスイッチがついている家電製品は
どちらの周波数地域でも使用可能ですが、
単独表記のものは注意しなくてはなりません。

ただ、現在の家電製品は大抵のものが
周波数の影響を受けないヘルツフリー
製品なのでご安心を。

冷蔵庫や洗濯機などのようにモーターを
使っていると周波数の影響を受けるものですが、

最近の製品は回路にインバータ
組み込まれているので、50Hzでも60Hzでも
問題なく使用できます。

けれども、温め専用の電子レンジ蛍光灯など
どちらか周波数対応になっており、
部品交換が必要になることもあるので
気をつけたほうがいいでしょう。

最後に

春は新しい生活を始める人たちの
移動の季節でもあります。

遠方への引っ越しで50Hz、60Hzの境界を
越える事もあるでしょう。

もしも心配でしたら、手持ちの家電製品が
引越し先でも使えるかどうか
一度確認しておくのも良いかもしれません。

電源周波数は引越し先の
電力会社に確認できますし、

家電製品が使えるかどうかわからないときは
家電販売店などに問い合わせると良いでしょう。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ