華やかすぎはNG!?結婚パーティーに呼ばれた時の女性の服装マナー



「いつでもドキドキ…結婚パーティー

友人や親戚から招待状が届くとドキドキするのが、
冠婚葬祭の出席。

特に喪服一枚あれば特に問題ないお葬式と違い、
結婚式は挙式や披露宴、二次会と髪型
バリエーション様々で驚いてしまいますよね。

そこで今回は、結婚パーティー
やってしまいがちな女性服装髪型
マナーについて調べてみました。

親戚か友達か、などでも違いが出てくる
マナー問題。

行く前からお財布と頭が痛くなってしまうのは
私だけでしょうか…?

スポンサーリンク
   
 

結婚パーティーにグッド?一般的な髪型マナー

結婚パーティーのイメージといえば
華やかさがウリの1つといえそうです。

男性と違い、女性のほうがバリエーション
あるのも、楽しみつつ悩むところでありますね。

そこで抑えておきたいのが、
当日着るドレスとの相性。

胸元がシュッとしてスカートがふんわりした
印象のフィット&フレアや、レースタイプならば
可愛い印象がありますよね?

こういった場合、おすすめなのが
ギブソンタックハーフアップといった
襟足の残り毛も愛らしい髪型がいいようです。

普段少し子供っぽさや姫系なイメージを
もたれがちな方には特におすすめですよ。

対して、全体的にシュッとした印象のパンツ
Iラインドレスなら、お団子フィッシュボーン
ポニーテールといったすっきり目の髪型がベスト。

ショートの人なら、編み込みカチューシャ
シニョンスタイルウェーブアップ
いったものがあります。

装飾品には注意が必要!髪型のNGマナー

結婚パーティー髪型服装には、
様々なNGマナーがあります。

特に髪型は、わざと後れ毛出すなどして
決めすぎてはなりません

理由はもちろん、主役である新婦引き立て役
しなくてはならないからです。

また、カチューシャやバレッタなどつける
装飾品も、華やかすぎたりティアラ風など
新婦の装飾品にありがちなものは避けます

ヘアをアップする事が多い髪型ですが、
下ろしてしまうのはおめでたい門出に
ふさわしくないから…とされています。

ハーフアップ半々になっている事でOKライン。

途中の髪止めなどで少し華やかにしましょう。

短すぎる髪型の方は、
流れをつけたりするのがベスト。

最近女性でも多い刈上げスタイル
NGとされているので、出来ればウィッグなど
隠れるようにしたいものですね。

悩んだ場合は、結婚式場付属や提携の美容室
相談するといいでしょう。

親族の場合、プランのなかに
組み込まれている事もあります。

本当に色々ある華美な服装たち

結婚パーティーに着ていくお洋服

普段よりおしゃれに、かつ華やかに
まとめるため一層悩んでしまいますよね。

一般的に多いのは、やはりフィット&フレア

ただ、ラインが出やすいので
体型カバーしにくいです。

対し、妊婦さんなどに多いパンツスタイルは、
オールインワンのものが多いです。

体型カバー出来るという点で
Aラインもいいですね。

足元は爪先の隠れたパンプスが一般的。

ヒールは3cm以上、
細ヒールが上品と言われています。

ちなみに、中には暑い季節だと
サンダルの方もいるようですが、
基本的にフォーマルの場での素肌はNG

肌色に近いベージュストッキング
履くのがベターです。

少しならラメが入っているのもおしゃれと
みなされるので試してみたいですね。

ガーン…知らなかった、意外とダメなNG服装

髪型の項でもお話したように、
主役はあくまで新婦。そして新郎、その家族です。

もしもあなたがそちらのご家族側の列席者なら、
気を付けなくてはならないのが肌の露出度

一般の列席者と違い、
それこそ華やかすぎてはならず、

一歩間違えると「新婦より目立ってない?
と陰口を叩かれてしまうかも。

もしそれしかない!となった場合には、
ボレロなどでなどを覆うように配慮しましょう。

一般の列席者は夜はOKですが、
昼間はNGとされています。(挙式はどちらにせよNG)

ちなみに、上に羽織るものとしてファーや
毛皮のコートを選ぶ人がいますが、
これらは動物の殺生を意味しNG

同様に、動物柄や皮製品もNGです。

真っ白ベージュ薄い黄色も映りかたなどで
ウェディングドレスとかぶるのでダメですね。

もちろん、真っ黒
真逆のお葬式のイメージになるのでダメ

敢えて選ぶなら、近い紺色ラメ
入っているものにしましょう。

また、着物は基本的に新郎新婦の親御さんが
着ることが多いので避けるのがベター

校則のようですが、スカート丈
膝の高さにとどめておきましょう。

それ以上短く、肩なども出ていると
少し下品に見え高齢者の列席者から
反感を買ってしまいます。

パーティーでも、身内が多いなら
少し砕けてもいいかもしれませんが、

あらかじめ列席者の年齢層を聞いて
カジュアルすぎない服装になるよう
心がけましょう。

最後に

「はい、私やらかしました…」

えー、ここまで偉そうに語ってまいりましたが、
かくいう筆者はやらかし派。

妹の結婚式に出席した際、少々華やかすぎる
ドレスにて姉に怒られてしまいました。

初めて真面目な結婚式に出席したため、
夫婦揃って無知の嵐。

いやー、恥ずかしかったですね。

今回はだいぶかいつまんで
お話したかと思いますが、
とりあえずこれだけは言っておきます。

【事前リサーチはしっかりと!】

特に結婚パーティーに慣れていない方は、
よく行く友人に聞いておいた方が
いいかもしれません。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ