「寸志」と「志」の違いとは?渡し方や書き方のマナーは?



お金や品物を贈る際の表書きに「寸志」や「
という文字が使われているのを
見たことがあるでしょうか。

似たような二つの文字ですが、
使う場面異なりますので
気をつけなくてはなりません。

では、それぞれどういう場合に
使われるのでしょう?

改めて聞かれると、ちょっと
考えてしまうかもしれませんね。

そこで今日は知っているようで実は
意外と曖昧にしか覚えていない「寸志」と「」、
この二つの文字の意味使い方を調べてみました。

スポンサーリンク
   
 

「寸志」と「志」の違いとは?

「寸志」と「志」二つの文字に共通する
「志」という文字は、もともと
心の向かうところ」を意味しています。

ここから発展して「相手が寄せてくれる厚意、
親切心」や「気持ちを表して物を贈ること、
またその贈り物」となりました。

「寸志」のとは、ちょっと、少しという
意味ですから、寸志とは少しちょっとした
贈り物といった意味でしょうか。

では「寸志」と「志」の違いは
少しの贈り物と普通の贈り物?

というわけでもなさそうですね。

「寸志」と「志」はどのような場合に
使われるのでしょう。

寸志」は「心付け」の意味で使われるもので、
お世話になった人にちょっとした物や

金銭を送るとき、熨斗(のし)紙や熨斗袋に
「寸志」と書きます。

ほんのちょっとした心ばかりの物ですよと、
へりくだることで贈る相手
に立てているのです。

冠婚葬祭などで、お世話になった係の方達に
お礼を渡すときなどに使うことがあります。

ただ「寸志」はどちらかといえば
目上から目下へと言った意味合いが強いので、

この場合は「御礼」とした方が
無難かもしれません。

よく使われるのが社内の集まりに上司が「寸志」
としてカンパを出したり、宴会主賓

会費代わりに「寸志」を
渡したりするケースでしょうか。

一方「」は、弔事に使われることが
多いようです。

香典返しや僧侶に渡すお布施の表書きには
「志」を使います。

葬儀でお世話になった関係者の方達に
お礼として金品を渡すときにも、「寸志」よりも
」とした方が良いでしょう。

「寸志」の渡し方と書き方のマナーは?

「寸志」の渡し方ですが、宴会などの場合は
始まる前に幹事にそっと渡しておきます。

会が始まると、幹事は参加者全員に
「〇〇さんからご厚意をいただきました」と
報告をしますので。

この時、「寸志をいただきました」という
言い方は失礼に当たるので気をつけましょう。

渡す側は「寸志(粗品)です」とへりくだって
いるわけですから、頂いた側がそのまま使うのは
おかしいですよね。

熨斗(のし)袋には水引の上中央に「寸志」、
下中央名前を書きます。

水引紅白蝶結びのものを使いましょう。

肩書きや会社名を入れる場合は、中央に書いた
名前の右肩に小さく書きます。

3名までは連名で書くことができますので、
右側に年齢や役職が一番上の人の名前を書いて、
順に左に続けます。

4名以上になる場合は代表者の名前だけ書いて、
他の人は別紙に連名で書いたものを
中に入れておきましょう。

文字は太くはっきりと書きますから、
できれば筆が良いのですが、筆ペンや
フェルトペンなどでも大丈夫です。

「志」の渡し方と書き方のマナーは?

」は弔事の際の不祝儀(ぶしゅうぎ)袋や、
熨斗(のし)の付いていない掛け紙の
表書きとして使われます。

「志」は宗派に関係なく使うことができますから
無難ですね。

僧侶に渡すお布施は、葬儀や法要が始まる前に
僧侶への挨拶に伺った際に渡します。

もしも時間がなければ、終わった後に渡しても
問題はないようですよ。

その際、お布施お盆(切手盆 きってぼん)に
乗せて渡すか、または袱紗(ふくさ)に乗せて
渡すのが作法とされています。

香典返しは直接相手のお宅に伺って渡す場合と、
郵送で送る場合があります。

持って行く場合は掛け紙を包装紙の上に
(外掛け)送る場合は中に
(内掛け)掛けるのが一般的なようですね。

持参するときは風呂敷などに包みますから
外掛けで、郵送の場合は破れる可能性が
ありますので、包装紙の中に掛ける
内掛けにするというわけです。

書き方ですが、黒白結び切りの水引の上中央
」と書き、下中央に送り主の名前を書きます。

名前のところには〇〇家、または苗字だけを
書くのが一般的ですが、喪主のフルネームを
書くことも。

文字は毛筆で黒色で書きますが、最近は薄墨
書くことも多くなっているようですね。

最後に

「寸志」と「志」の使い分けは
おわかりいただけたでしょうか。

このような生活のマナー、特に冠婚葬祭の
マナーに関しては経験することで
学んでいくことも多いものです。

普段の生活にはあまり必要ありませんが、
いざという時に知識として持っていると、
あなたの評価が上がること間違いなしですよ。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ