ピアノが子供の習い事におすすめの理由!頭が良くなるってホント?



「ママ!私、これ習いたい!」

ある日突然、娘がママの目の前に
持ってきたのはとあるマンガ本。

どうやらピアニストの少年の話のようです。

子供ってすぐ影響されるよねー…。

そういえば私も昔は…。

ということで、せっかく娘が「やりたい!」と
思った子供の自発心を大切にしてあげよう
と調べましたピアノ習い事

ふむふむ、やはりピアノはいまだに
衰えず人気があるようですね。

あら!こんなに費用がかかるの?

でも良くなるなんて
ちょっとラッキーかも…?

スポンサーリンク
   
 

頭が良くなる?ピアノがおすすめの理由

ピアノを習っている子といえば、
昔は良家のお嬢様のイメージがあり、
男の子に至ってはそれだけで「おー…」と
いい意味で奇特な目で見られたもの。

昔の音楽家はもっぱら男性が多いのに
不思議なものですね。

現代ではだいぶ一般化されてきたピアノ
習い事ですが、おすすめされている理由
一体なんなのでしょうか?

1.音楽的センスが磨かれる
ピアノを覚えると、自然に音感やリズム感と
いった音楽的センス磨かれます。

これは例え途中で辞めてしまったとしても、
ピアノは音楽の基本である
「ドレミファソラシド」を身につける事が
出来るので、他の楽器に興味がうつった時にも
役立つものです。

2.記憶力アップにつながる
昔からピアノをやっている子は頭がいいという
イメージがありますよね。

楽譜を読まずに演奏する暗譜がその理由の1つで、
が自然に覚える訓練をすることが日常生活にも
いい影響を及ぼすのだとか。

ピアノは楽譜を読んで足と指を
同時に左右に動かす…という
複雑な動きが求められます。

これにより、右脳左脳が同時に動き脳全体
活性化に繋がるそうです。

さらに、音楽用語で英語だけでなくドイツ語や
イタリア語も覚えるので、脳科学者の
目から見ても一般知脳を高める上でピアノは
とてもいい働きをしています。

3.交流性を高め、礼儀正しい子になる
習い事をしている子に共通していることの
1つでもありますが、

【礼に始まり礼に終わる】
が縦社会にも通用する礼儀正しい子
育ててくれるようです。

また、普段接する親や(幼稚園、学校の)先生、
友達とはまた違った人脈をつくるのが、
子供にとっていい影響に繋がります。

ピアノは単独戦ですが、合唱などではみんなを
まとめるリーダーシップも必要に。

これにより、責任感や集中力の高い子にも
なるようです。

英才教育は必要?何歳からがおすすめ?

ピアノは、早い子だと3歳には
習い始めることが多いようです。

やはり耳の感受性が高いことが
要因の1つみたいですね。

ただ、3歳でいきなり1曲弾くというのは
よほどの神童でなければ無理な話。

弾き始めるのは早くても指先がしっかりしてくる
4、5歳で、それまでは色々な楽器に触れる
楽しさを学ぶことが大事なようです。

逆に遅いからといって悪いことはないのですが、
中学生くらいになるとやはり部活や塾に
忙しくなるという人が増えます。

習い事はなんせ習わせるより「習いたい」という
自発心が大事。

4、5歳で音楽や楽器に興味を持てば
ベストタイミングくらいの気持ちでいれば
良いのではないでしょうか?

個人?大手?ピアノの習い事の費用はいくらくらい?

さて、習い事の最大のネックは、どこ
習わせるか、いくらかかるのか…というもの。

やはり、費用が優しくても先生と合わないことも
ありますしね。

1.大手
主に楽器店が店舗内や塾のように行っている場合。

幼児クラス、小中学生クラスといったように
クラス分けしていることが多く、
幼児クラスなら約8000円
小中学生クラスは約1万円以上かかります。

これは、やはり個人でなく大手という
ブランド力が高いようです。

反面、転勤などで引っ越しを余儀なくされても
次の教室を見つけやすいという
メリットがあります。

2.個人教室
対し個人教室の場合、月額5000~8000円以下
費用が抑えやすい反面信頼できる先生
当たれるかといえばなかなか難しいところ。

近所で行っている個人教室があっても、
なかなか「入りたい!」と門を叩くのは
勇気がいりますしね。

また、経験を積む場として発表会コンクール
出る機会も増えると思います。

こうなると衣裳代参加費用などで
1万5000円~3万円くらいは
上乗せされると考えておくとベスト。

こういった点でも、悩んだ際はやはり
周囲の言葉に耳を傾けてみるのがいいでしょう。

保育園などで先輩ママに聞いてみたり、
ネットの口コミをぜひチェックして
お子さんに合った先生を見つけたいものです。

ちなみに、習うとなればお家にも
練習用のピアノが必要になりますよね。
お金に羽根が生えて見えます。

気軽に買えるのは電子ピアノ

10万円前後です。

スピーカーを通して音を出すので音量調節も
しやすいという利点があり、ヘッドホンで
本人だけ聞けるなどマンションなど
借家住まいにはありがたいですね。

ただ、電気系統特有で、数年経つと音がでなく
なるなどの不具合がでるデメリットがあります。

ちなみに、キーボードはさらに鍵盤のタッチが
軽くなり、小さい子供弾きやすい反面、
長く使うと本物ピアノ馴染むまで
時間がかかるといわれています。

ただ、録音機能や自動演奏で鍵盤が
光るというのは小さい子供が興味をもつのには
いいかもしれませんね。

対しグランドピアノは、弦の調整次第で
自分の音楽がしやすくなるなど子供にとって
満足の得やすい環境を作れるも
やはりお値段ネック

このふたつの間を取り持つハイブリッドピアノと
いうものも販売されていますが、
こちらもお値段がネック。

中古のグランドピアノクラスとされています。

私個人的にはまず電子ピアノで慣れ、
家も問題なく、本人もやる気を継続できたら
少し値が張ってもグランドピアノに
してあげたいかなと感じました。

最後に

「子供は親とともに…」

子供がとある場所にある【ご自由にどうぞ】の
ピアノに触れる事が多くあります。

ただ、本人たちはまだまだ弾けるレベルでなく、
「ママ弾いて」といわれる始末。

仕方ないので、娘の指を使って≪かえるの合唱≫。

ママ、これくらいしかまともに弾けないのです。

あー…恥ずかしい…とも思いますが、我が家は
どうやらピアノよりイラスト派。

一緒になって絵を描いたり塗ったりしていると
楽しそうにしています。

要はママの姿を見てやりたいもの
見つけるのかもしれないですね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ