内側から出来る日焼け対策…焼ける人より焼けない人が危険!?



「日焼けの跡が消えない…みんなより真っ黒…」

まだ本格的な夏が始まっていないのに、
少し晴天の下にいただけでみんなより真っ黒
日焼けしている人っていますよね。

子供のうちならそれでも少しやんちゃだったり、
おてんばな子なのかなと思われそうですが、
残念ながら大人になるとそうだともいえません。

とはいえ、日焼け止めを塗ったりしても
いまいち変わった様子がなければ
諦めるしかないのかな…とげんなり。

いいえ!この日焼け、する人としない人とでは
ある違いがあるのです。

しかも内側から対策することも!

そこで今回は、内側からの日焼け対策と日焼けの
メカニズムについて調べてみました。

スポンサーリンク
   
 

日焼け対策は内側から?日焼けしやすいあなたは●●が多い

普段から日焼け止めを塗ったりして
気を使っていてもなんだか焼けやすい。

そんなあなたは体質的焼けやすい
いうことかもしれません。

周りにもいますよね?

真っ白なのに赤くなるだけで終わりな人と
短時間しかいないのに凄く焼けてしまう人。

実際真っ白で赤くなるだけで終わりの人の方が
重症らしいですが…。

さて、この日焼けしやすい理由とは
何のせいでしょう?

日焼けは紫外線によって起こるもので、
そのなかで紫外線A派(UVA)は即時に肌が
黒くなる「サンタン」、紫外線B派(UVB)は
皮膚に炎症を起こして終わりの
サンバーン」を引き起こします。

要は黒くなりやすい人は「サンタン」、
赤くなって終わりの人は「サンバーン」が
起きてるんですね。

これは体内のメラニン色素が紫外線から
肌の細胞組織を守るために起きる防御反応だとか。

ということは、メラニン色素多い人
日焼けしやすいということなんです。

日焼けって悪いことばかりでなかったんですね。

むしろしない方問題だったとは…。

とはいえ、日焼けするのを
放置するのもいけません。

皮膚組織や細胞が少なからず影響を
受けますからね。

これは体質的なもので、外側から簡単には
どうこうできないのも納得がいきますが、
だからといって諦めたくないのが
内側からの対策だといえます。

日焼けをいい方向へ促す!?おすすめの食べ物

日焼けしやすい人にとって、もはや
日焼けすることで肌が黒くなってしまうのは
仕方がないこと。

むしろ一定時間日を浴びていないと“うつ”に
なりやすいとまでいわれてますから、
日の下に沢山楽しみたいものです。

とはいえ、放っておくのはダメージ
与えてしまうので注意したいです。

そこで大切にしたいのが、日焼けしても
負けない強い肌を作る
ということ。

ここでは、日焼け効果ある程度抑制または
いい方向へ転換してくれる食材について
お話していきましょう。

1.リコピン
トマトやアセロラなどの赤い野菜、果物は、
その赤い色素で太陽から身を守るための
リコピンを保有しています。

近頃すっかり一般化されてきたリコピンですが、
なんと驚くのはその耐性の強さ。

普通、野菜に含まれる成分はを加えると
消失するのが当たり前なのですが、リコピンは
その逆で増加するんだそうです。

トマトなら煮ても焼いても美味しくリコピンを
摂取することが出来ますね。

他にも、リコピンはスイカや
レッドグレープフルーツ、ラズベリーなど
夏に美味しい果物に含まれてますよ。

2.ビタミンC
お肌といえばビタミンCですね。

シミやシワの原因となる活性酸素の働きを抑え、
皮膚に必要なコラーゲン生成します。

柑橘系に多いイメージですが、キウイ
ブロッコリー、カリフラワーなどにも
多く含まれています。

また、近頃はビタミンC誘導体といって
ビタミンCそのものよりも
さらに肌への効果を実証するものも!

こちらも保湿剤や化粧品に含まれていますよ。

3.ビタミンE
仮に活性酸素が発生した場合、細胞膜を守り
酸化を防ぐ効果があるビタミンE。

特にアーモンドなどナッツ類、魚類
多く含まれていて、他の成分と合わさり
相乗効果をあげやすい成分ともいわれています。

4.βカロテン
酸化によって失われてしまったビタミンAの
代わりに肌の修復にひと役かうβカロテン。

緑黄色野菜に多いイメージですが、他にも
さつま芋しそなどにも豊富に含まれています。

5.オメガ3脂肪酸
肌を強くし、日光のダメージを受けにくくする
強い肌を作ってくれるのがオメガ3脂肪酸。

主に、ニシン、サバといった魚介類のほか、
クルミ緑黄色野菜、全粒穀物にも
多く含まれています。

6.ポリフェノール
抗酸化作用といえばポリフェノール。

肌の老化を遅らせるだけでなく、皮膚がんを
予防する効果があります。

ーヒー緑茶、赤ワインだけでなく、
カカオ70%以上のョコレートにも
多く含まれているので、食後のおやつに
もってこいでしょう。

7.コラーゲン
ビタミンCでも作れるコラーゲンですが、
大人になると減っていくのが残念なところ。

大人になると日焼けの跡が消えにくくなるのは
このコラーゲンが足りないためです。

潤い成分のコラーゲンは別名≪飲む日焼け止め
とも呼ばれ、豚足、鶏皮などに含まれています。

また、近頃はスープやジュースに混ぜて
飲むことが出来る粉タイプコラーゲンも。

フカヒレやスッポンなどから摂られた
良質なものが多く、飲みやすい特徴があります。

いかがでしたか?こうやって見ると
夏場に美味しい食材が多い気がします。

夏は旬の野菜や果物を沢山摂って、
内側からの日焼け対策を励んでみては
いかがでしょうか?

最後に

「ずっと油断してました」

筆者、実は日焼けせずむしろ、
赤くなって終わりのタイプの人間なんです。

昔から「白いねー」といわれてきました。

…が近頃、なにもしていないためか
少し肌がくすんできたように思います。

これはきっとこれまでの積み重ね。

ずっと油断していたツケがじわじわと
迫ってくるのでしょうか?

逆に娘は誰の肌質?といわんばかりの黒さです。

息子は私似で白く、先日も絶対焼けそうな
日射しのもと赤くなって終わりでした。

ずっと肌質が逆だといいのに、
といわれている姉弟。

将来どうなるのかとても楽しみです。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ