指輪を右手の薬指にする意味とは?指ごとに意味があるのを知ってる?



素敵な指輪を男性からプレゼントしてもらった時。

どの指につけようかな・・・

そんな風に迷った経験はありませんか??

婚約指輪や結婚指輪は左手の薬指という事は
知っているけれど、
他の指にはいったいどんな意味があるの??

何となく今までは指輪
右手の薬指にしていたけど、
右手薬指意味することって??

という事で今回ご紹介するのは
指輪はどの指にする?指ごとに込められた意味。

指輪に限らず、ネイルなどでも活用できる
各指メッセージをご紹介します。

是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
   
 

指輪を右手の薬指にする意味とは?

結婚指輪は、右手薬指!婚約指輪は、左手薬指!
あれ?反対だったかな?

今は、結婚していても、
仕事には邪魔なので、指輪をしない人が
増えていると思いませんか?

実際、わたしもしていませんが・・・

指輪を右手薬指にする意味って??

■10本の指の意味
指輪と言ったらやはり薬指!

まずは薬指に込められた意味を見ていきましょう。

●薬指
マリッジリング・アニバーサリーリング

恋愛創造の象徴、新しい世界へと
進むパワーが込められた指です。

【右手】
10本の指の中で最も指輪が持つパワー
受けやすい指とされています。

誕生石のリングをする指としてもおすすめ!

インスピレーションを高めるパワーがあり、
また創造性を高めたリ、心の平穏などにも
作用する右手の薬指。

自分らしさを見失いがちな時、
また気持ちがフワフワ落ち着かない時などは
右手の薬指に指輪をしてみましょう。

【左手】

エンゲージリング、マリッジリングと
結婚と結びつきの深い左手の薬指。

恋愛力を高め、また永遠愛の絆
意味する指です。

古代ギリシャでは、左手の薬指は血管が
直接心臓に繋がっていると考えられ、
近い指と尊ばれていました。

ハートに最も近い指。

その愛の証として、左手薬指に指輪
をするようになったんですね。

恋人や配偶者がいる場合は永遠の愛を、
そして片思いの場合は思いが通じるよう
パワーをくれる素敵な指です。

●親指
サムリング

“thum(サム)”は英語で「親指」の事。

親指に指輪をすると願い叶うという
言い伝えがあり、また権力や権威の象徴としても
知られています。

【右手】
指導力や行動力、主導権を司る右手の親指。

リーダーシップ発揮したい場面などに
ピッタリの指です。

困難に立ち向かうパワーが欲しい時などには、
親指の右手にリングを!

【左手】
何をやっても長続きしない、
飽きっぽさを打破したい時は
左手の親指がおすすめです。

信念を貫き、意思通すパワーを発揮!

かなえたい夢、手に入れたいものがある場合にも
効力を発揮してくれますよ。

●人差し指
インデックスリング

インデックスの名の通り、指標・指針を
意味する指です。

活力や行動力向上、また導くパワーも。

【右手】
ひとつの事に集中したい時に適した指。

意思を強固なものにし、集中できるパワー
生まれます。

仕事や勉強だけではなく、
ダイエットや新しい趣味を始める時などにも
最適です。

【左手】
積極性を向上させてくれる指です。

人見知り、引っ込み思案などで悩んでいる方は
この指にリングを。

自分自信が付き、対人・恋愛パワーも
高まります。

●中指
ミドルフィンガーリング

指の中央を意味するミドルフィンガー。

直感インスピレーションを司ります。

【右手】
右手の中指に込められた意味は邪気払い。

邪気を払って身を守る、運気向上の指です。

何となくうまくいかない、
直観力を研ぎ澄ましたい時などにおすすめの指。

【左手】
協調性アップ、人間関係改善の指です。

対人関係悩みがある時や、自己主張が
強すぎてうまくいかない時などに最適!

円滑なコミュニケーションを求めたいなら
左手の中指にリングを付けましょう。

●小指
ピンキーリング

チャンス秘密を意味する小指。

チャンスを得たい時にピッタリ!

【右手】
自己アピール、表現力をアップさせてくれる指。

自分に自信持てない時は、右手の小指に
リングを付けてみましょう。

【左手】
チャンスを引き寄せ、願いをかなえるパワー
を持つ、願望達成の指です。

呼び込む力もあるとされ、
素敵な恋人と出会いたい人にもピッタリ!

叶えたい事がある方は、左手の小指にリングを
して、毎日願いを伝えてみて下さいね。

最後に

いかがでしたでしょうか。

指ごとに込められた意味。

これだ!という指は見つかりましたか??

10本それぞれに、こんな意味があったとは
驚きですよね。

それぞれの意味を感じながらつけることで、
より効力も高まるはず!

素敵なプレゼント、そして自分へのご褒美。

込められた意味に願いを込め、
大切につけてみて下さいね!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ