仏壇にお供えしたご飯は捨てる?食べる?どっちがいい?



仏壇を家に置く慣習ができたのは
江戸時代といわれています。

宗派によって細部は少しずつ異なりますが、
一番上の仏像を安置する須弥壇に
ご本尊を祀り、下の段に先祖の位牌を置きます。

そして、花や線香の他にご飯や水、故人の
好物などをお供えしますね。

お供えした食べ物は後で皆でいただくと
思いますが、ここで問題になるのがご飯

小さな器によそって仏壇にお供えしたご飯
少し時間が経って下げた後、
食べるべきなのか捨てるべきなのか、
悩むことはありませんか?

そこで今回は、仏壇にお供えしたご飯
捨てる食べる?どっちがいいのかについて、
ご紹介していきますね。

スポンサーリンク
   
 

仏壇にお供えしたご飯はいつ下げるの?

お供え物とは神仏の前に供えるもの。

供物ともいいますが、仏壇お供え物には
何があるでしょうか。

宗教によってお供え物は色々ありますが、
仏教では「香」「花」「灯」「水」「飲食」
五つが基本のお供え物で「五供(ごくう)」
呼びます。

」は線香のことで、その香りで
心身清めるために供えます。

」は美しい花で飾られた本尊と
向き合うことで落ち着かせます。

」は仏壇を照らすロウソクの灯ですが、
仏が悟りを開くに至った智者の光を表しています。

」は仏様の清らかな心に
洗われたいという思いで供える浄水です。

飲食」は主食、つまりご飯供えることですが、
故人の好物や季節の食べ物なども
供えることがあります。

この中の飲食に当たるご飯温かいもの
供えるのが決まりとなっているので、
炊きたてホカホカのご飯を
仏飯器(ぶっぱんき)によそって供えます。

本来ご飯を供えるのは午前中だけ
午後には下げなくてはいけないということですが、
朝はパン食でご飯を炊かないわという家庭も
今は多いのではないでしょうか。

それならばでも夕方でも、ご飯炊いた時
少し取り分けてお供えすれば十分だと思います。

お供えは仏様への感謝の気持ちですから
今日もご飯を頂くことができます、
有難うございます
」という思いで
供えることの方が大事ですからね。

では、お供えしたご飯は
いつ下げれば良いのでしょう?

供えたご飯は、本来の慣習の通りに
考えればには下げることになりますね。

そのほかの時間に供えた場合も、お供えして
仏様を拝んだ後ならば下げても大丈夫でしょう。

あまり長く置きっぱなしにすれば埃もつきますし、
ご飯が乾いて固くなってしまいますからね。

仏壇にお供えしたご飯は捨てる?食べる?どっちがいい?

仏様にお供えしたものを簡単に捨てるというのは、
ちょっと抵抗がありますよね。

それに、食べ物を粗末にするのはいけないことと、
子供の頃に教わったのではないでしょうか。

やはり仏壇お供えした食べ物は、
ご飯もちゃんと頂くべきだと思います。

衛生的なことも考えると、
あまり長く置きっぱなしにしないで、
ご飯乾く前下げたほうが良いでしょう。

もしも下げるのを忘れて時間
経ってしまったご飯もゴミとして
捨てるのではなく

庭に蒔けば鳥が食べるかもしれませんし
土に還れば肥料になりますよね。

子供の頃、祖母にねだって仏壇から下げたご飯を
食べさせてもらった記憶があります。

その時祖母は、冷えて少し固くなったご飯に
お湯をかけて、洗って柔らかくしてくれました。

まだ通りに物乞いを見かけた時代でした。

家の戸口に現れることもあり、
そんな時は祖母が仏壇のご飯やお供えを
渡していたような。

仏様のお下がりを他に分け与えることで
功徳を積む、というような意味も
あったのかもしれません。

最後に

現代は葬式や墓にもこだわらなく
なってきていますから、
家に仏壇がある家も少ないのではないでしょうか。

日本人は特に、宗教にこだわりの少ない民族と
言われていますし。

仏壇がある家でも、仏壇は
仏様に祈る場所というよりも
亡くなった家族に語りかける場所の
意味合いの方が強いような。

ご飯供えるのも、家族共に
食事をしてもらいたいという
気持ちからでしょうね。

本来、仏壇にご飯を供えるのは
仏様からお下がりを頂くということの方に
意味があるようです。

仏様やご先祖様にお供えしたご飯は、
有り難く頂くことにしましょう。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ