水着の洗い方!他の物と一緒に洗濯機で洗ってもいいの?



雨の季節が終われば暑い夏がやってきます。

夏といえば輝く太陽の下での水遊び、
海にプールにと水着の出番も増えますよね。

さあ出かけようと去年の水着を出してみたら、
なんだかよれよれで体にフィットしないし
色も変色していたなんてことはありませんか?

毎年水着を新調するというオシャレさんも
いるかもしれませんが、
お気に入りの水着を長く着たいというのであれば
水着お手入れ大事

ちゃん洗ってきちんと保管しておけば
水着長持ちします。

そこで今回は水着正しい洗い方
ご紹介しましょう。

スポンサーリンク
   
 

水着を持ち帰り、洗濯する前にすることは?

まず、海やプールで遊んだ後は、
水着脱いだらできるだけ早く水で洗いましょう。

海水はもちろん塩分を多く含んでいますし、
砂浜の砂は細かくて水着の繊維の間にまで
入り込んでしまいます。

プールなら大丈夫と思われるかもしれませんが、
プールはたくさんの人が利用しますから
雑菌が繁殖しないように水を消毒するための
塩素が入っています。

海やプールの水に浸かった水着
そのままにしておくと水着の変色
色あせ原因になりますので、とりあえず
真水ですすいでおきましょう。

洗ったら捻って絞らずに、形を整えて
タオル水気とっておきます。

普通、洗濯をした布はしっかりと絞って
水気を取りますが、水着は素材にポリウレタンが
使われていることが多く、強く絞る
型崩れして元に戻らなくなってしまいますから
強い力で絞るのはやめましょう。

水気をとったら形を整え乾いたタオルに挟んで、
通気性のあるバッグに入れて持ち帰りましょう。

よくやってしまうのが、濡れた水着をそのまま
ビニールバッグに入れて持ち帰ってしまうこと。

短時間で家に着くならまだしも、帰るまでに
時間がかかるようでは止めたほうがいいでしょう。

水着は他の物と一緒に洗濯機で洗ってもいいの?

水着デリケートな素材ですので、
できれば他の洗濯物とは別に
手洗いすることをお勧めします。

水着に使われるポリウレタンは、強い力や
薬品、熱などに弱い性質を持っています。

洗濯機でぐるぐる回されたら生地
傷みやすいもの。

特にドラム式の洗濯機は回転しながら
叩きつける洗い方ですから。

その上、他の洗濯物と一緒に洗うと洗濯物同士で
絡まって生地が引っ張られたりしますからね。

どうしても洗濯機洗いたいという場合は、
洗濯ネットに入れて。

この時、水着裏返しにしておくと飾りなどを
傷めずに済みますし、海水浴で生地の裏側
ついた砂も落ちやすくなります。

洗剤は使わなくても良いのですが、
使う場合はお洒落着洗い用の洗剤を使いましょう。

水着の正しい洗い方は?

水着を洗うなら手洗いがオススメです。

たらいなどに温水を張り、水着を浸して
押し洗いします。

通常は温水で汚れが落ちるまで何度か
押し洗いをするだけで十分ですが、
日焼け止めなどの薬品が染みたり汚れが

なかなか落ちない場合は、
中性洗剤(お洒落着洗い用)を溶かして
つまみ洗いをしましょう。

衣類の染み抜きのために漂白剤を使うことが
あると思いますが、水着に使うと
色落ちしてしまいます。

生地も劣化しますので、水着の汚れ落としに
漂白剤を使用するのは止めたほうがいいでしょう。

洗った後は洗剤が残らないように何度か
水を替えて綺麗にすすぎます。

水着の干し方は?

洗い終わった水着は、すぐに乾いたタオル
挟んで水気取って干します。

濡れたまま長時間ほったらかしはNGですよ!

さっさと乾かしたいから洗濯機の脱水へ、
というのはちょっと待ってください。

洗濯機脱水は洗濯槽が回転する遠心力で
水を吹き飛ばすもの、
強い力が加わりますので型崩れ原因
なってしまいます。

どうしても洗濯機の脱水を使いたいと
いうのでしたら、洗濯ネットに入れて
短時間の脱水ならば大丈夫でしょう。

だいたい30秒くらいが目安です。

水気を蒸発させようとドライヤーアイロン
乾かすのは危険です。

水着の素材に使われるポリウレタンは
熱に弱いというのをお忘れなく。

同じ理由でタンブラー乾燥機に
入れるのも避けましょう。

熱や摩擦や風で洗濯物を乾かす
タンブラー乾燥機では、あっという間に
生地が痛んでしまいますからね。

タオルドライ一番無難です。

乾いたタオルに挟んで軽くおさえるように
水気を取った水着は、整えてから
陰干しにします。

この時肩のストラップ部分を止めて吊り下げると
伸びてしまいますから、脇の部分
ピンチ止めるようにすると良いでしょう。

最後に

お子さんのスクール水着などは夏の間、
プールの授業で着たり放課後にも着たりと
使用頻度は高いもの。

子供の体は成長するから買い換えることは
あるとしても、数年は着てもらいたいですよね。

スイミングスクールやスポーツジムに
通っていればなおのこと。

頻繁に洗濯しますから、洗い方を間違えると
ヨレヨレのちょっと恥ずかしい水着に
なってしまいます。

確かに洗濯機に放り込んでしまえば楽なのですが、
綺麗な形のまま長持ちさせたいというのであれば、
ちょっと一手間を惜しまないほうが
良さそうですね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ