Suicaの残高確認をする3つの方法とは?



チャージカードであるSuicaは、
お財布にお金を入れるようにカード内に
お金をチャージして使いますよね。

電車に乗ろうと改札でSuicaをかざしたら、
残高が足りなくてゲートが開かず
後ろに人は続いているしで焦った、
なんてことはないでしょうか。

事前にSuica残高把握しておけば、
このように恥ずかしい思いをしなくて済むわけで。

そこで今回は、Suica残高確認方法について
調べてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク
   
 

Suicaとは?

最近ではクレジットカードのみならず
プリペイドカード、チャージカードなど、
お買い物などの支払いに使えるカードは種々様々。

お財布にカードが溢れている人も
多いのではないでしょうか。

そんなカードの中でもSuicaという名前を
よく聞きますよね。

SuicaはJR東日本が発行しているICチップ
内蔵されたカードで、

Suica定期券」「MySuica」「Suicaカード」と、
いくつかの種類があります。

また、カードではありませんが
携帯情報端末と合わせた「モバイルSuica
などもあるようです。

JR東日本カードだけに、利用可能エリア内の
鉄道やバスの支払いに使えますし、

Suicaに対応している店舗でのお買い物
チャージカードとして使うこともできます。

駅で残高を確認

SuicaはJR東日本の交通系ICカードですから、
駅の改札通れば残高確認することができます。

改札でSuicaをタッチさせると
残高が液晶画面に表示されますので、
それを見れば確認できますが

改札が混雑していると
なかなか難しいかもしれません。

また、残高不足していれば
その場で止められてしまいますから、
残り少ないと思われる場合には
あまりお勧めできない方法です。

そんな時は、Suica対応券売機
残高を確認しましょう。

券売機にSuicaを入れれば残高が表示されます。

切符を買うのであればそのまま購入ボタン
を押せば良いですし、
取消しボタンを押せばカードが戻ってきます。

買い物をして残高を確認

一番簡単な方法は、Suicaの使える
コンビニなどで買い物をすることです。

その際に渡されるレシートSuicaの残高
載っていますから一目瞭然。

都市部でしたらセブンイレブン、ローソン、
ファミリーマートなど、コンビニは

あちこちにありますから、手っ取り早く
残高確認するのに便利ですね。

ただし、買い物をすれば残高が減ってしまうわけですが。

Suica対応自動販売機でも同じように
残高確認することができます。

実は、こちらは何も買わなくても
残高確認ができるんです。

購入ボタンを押さずにSuicaをかざすだけ
残高表示されますから、
特に何も買う必要がない場合にはいいですね。

SuicaはJR東日本のカードですが、
大阪のICOCAや名古屋のTOICA対応
自動販売機でも、 Suica使えるのであれば
残高確認できるようです。

マネービュワーで残高を確認

Suicaなど電子マネーの残高照会用
装置を購入しておけば、いつでも好きな時
Suicaの残高確認をすることができます。

■シチズン電子マネービューワー付き歩数計

電子マネービューアー付き歩数計(楽天)

この商品は、歩数計に非接触ICカードの
電子マネーの残高読み取り機能がついたものです。

歩数計ですから、クリップで服につけて
常に携帯することができますよね。

■ノコリーキーホルダー

ノコリーキーホルダー(楽天)

電子マネーカードにかざしてボタンを押すと
残高が表示されます。

こちらの商品はEdyやnanaco、WAONにも
対応しています。

■PaSoRi

PaSoRi(楽天)

SONYから発売された
非接触ICカードリーダー/ライターです。

パソコンにUSBで接続して電子マネーの
残高確認やチャージができますが、
ソフトウェアをダウンロードするために
ネット環境が必要になります。

但し、iOS非対応の機種とiOS利用者のために
発売された機種がありますのでご注意を。

iOS対応の機種の価格はiOS非対応のPaSoRiと
比べると少しお高くなりますが、

iPhoneなどのiOS機器とBluetooth LEで接続して
電子マネーの残高確認やチャージを
することができます。

最後に

カードタイプのSuicaの残高確認方法を
ご紹介しましたが、
モバイルSuicaをご利用の場合は
アプリから残高確認をすることができます。

常に持ち歩く携帯端末から確認できるのは
便利ですよね。

Suicaカードの残高確認方法は色々ありますが、
マネービューワーの機器を持っていない限り
なかなか今すぐに確認というわけには
いかないかもしれません。

残高不足が心配になるのでしたら
オートチャージ機能を付けておくと安心ですよ。

オートチャージ機能がついていれば、
改札を通った時に金額が足りなければ
自動的にチャージされます。

これならば残高を気にせずSuicaを使うことが
できますが、銀行口座の残高確認は忘れずに。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ