海老の尻尾には毒があるの?切る方がいい?



伊勢海老、車海老、ブラックタイガー、桜えび

海老にも色々な種類がありますが、
煮て良し揚げて良し焼いても良し、
もちろん生で食べて美味しい海老もありますね。

海老が好きな日本人は多いはず。

ほとんどの人が海老のプリプリした食感
美味しいと感じるのではないかと思います。

では、パリパリとした尻尾はどうでしょう。

海老の尻尾を好むかどうか、
食べるかどうかは意見が
別れるところではないでしょうか。

ところで海老尻尾にはがあるというような
情報もあるようですが、
もしも本当ならば尻尾好きにとっては
ショックなことですよね。

そこで今回は、海老尻尾にはがあるのか、
食べないで切ってしまうべきなのか
調べてみましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク
   
 

海老の尻尾には毒があるの?

結論から言いますと、毒はありません

どこから海老の尻尾にだけ毒があるという話が
出てきたのかわかりませんが、
海老の体のどこにも毒のある部分
ないそうです。

実際に毒があるのならば
海老の尻尾を好んで食べる人も
いるわけですから、
フグのように毒に当たって、
という話もあるはずですよね。

海老の尻尾の毒に当たった人というのは
聞いたことがありませんし。

海老を調理する際の下ごしらえで、
海老の尻尾をこそげて中の水を出す作業
あることから、毒がある
勘違いした人がいたのではないでしょうか。

海老の尻尾をこそげたり先を切ったりして
水を出すのは、油で揚げるときなどに
油が跳ねるのを防ぐため、

また、尻尾の中の汚れた水
出す意味もあるようです。

海老の尻尾を食べるとガンになりやすいの?

最近注目されている「AGE」(終末糖化産物)と
いう物質があります。

このAGEとはタンパク質と糖が
加熱されてできた物質で、強い毒性があり
体の老化進めてしまうというのです。

血管や骨など身体中のいたることろに蓄積され、
肌の衰えなど美容に害があるだけでなく
心筋梗塞や脳梗塞、骨粗鬆症や白内障などの
病気原因にもなり得るAGE。

これが細胞に蓄積されると、
多くのがん細胞を作り出してしまうことも。

このちょっと厄介な物質AGEが、
海老の尻尾には多く含まれているというのです。

もちろん海老の尻尾だけでなく
他にもAGEを含んだ食品はあります。

ホットケーキのように糖質の小麦粉
タンパク質の卵や牛乳を加熱して作る食品などは、
海老の尻尾に比べれば口に入れる機会も
多いことでしょう。

海老の尻尾は食べないほうがいいの?

AGE含む食品にはパン、パスタ、唐揚げ
清涼飲料水など、海老の尻尾に比べれば
摂取量の多い食品もたくさんあります。

海老の尻尾は食べても大した量ではありませんが、
AGEを含んでいることには変わりありません。

また、海老の尻尾の成分はキチン質という
動物性食物繊維で、消化液の酸にも溶けずに
そのまま排出されます。

高齢者は消化器官が弱ってきますから、
海老の尻尾をうまく消化できず消化不良を
起こすことも。

最悪、胃壁を傷つけ胃炎や腸炎に
なってしまう可能性もあるようです。

こうしてみると海老の尻尾食べるのは
あまり良くないことのようにも思えますが、
カルシウムは豊富ですし、
しっかりと火が通ってパリパリとした食感を
美味しいと感じる人だっています。

海老の尻尾ばかり大量に食べるというのは
まずないとは思いますが、
健康な人がたまに少量食べるのであれば
それほど気にすることもないのでは
ないでしょうか。

海老フライの尻尾は残す?残さない?正しいマナーは?

食事のマナーの基本は美しく美味しく
食べるということ。

海老フライは洋食でも和食でも
出されるメニューですが、マナーは
少し異なるようです。

洋食といえばナイフとフォーク。

まずナイフで落として、
頭の方から適当な大きさに切って食べます。

尻尾を残す場合は、関節一つ
残して切り取ります。

フィンガーボールが出てきたならば、
指を洗って手でちぎって食べてもOK

和食の場合も箸を使って同じように
頭を落としてから胴を切って食べますが、

切るのが難しい場合はでつまんで
噛みちぎります。

噛みちぎる時に懐紙や手で口元隠す
上品ですね。

尻尾を残した場合はガラ入れがあれば
そこに入れます。

肝心の尻尾ですが、残さなくては
いけないという決まりはなさそうです。

最後に

食べるということは他の命をいただくということ。

食べ物は残さずに感謝して
いただかなくてはなりませんね。

であるならば、海老も残さず全て尻尾まで
頂くのが正しいと思いますが、
有害な物質も含んでいるわけですし、

食べられないと思うのであれば
残しても問題はないのでは。

何より食事は、美味しく楽しく
いただきたいと思うのです。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ