掃除に大活躍のとろとろ石鹸の作り方と使い方!風呂や換気扇の掃除に!



お掃除の裏技的アイテム、
とろとろ石鹸をご存知ですか?

文字通り石鹸を水やお湯で溶かして
とろとろにしたものなのですが、

これが手の届かない隙間にも入って
汚れをしっかり落としてくれると評判なのです。

テレビでも紹介されたとろとろ石鹸。

レンジや換気扇などの油汚れから
掃除のし難い網戸まで、
しっかりと汚れ張り付いて剥ぎ取ってくれます。

そこで今回は、
とろとろ石鹸作り方使い方
ご紹介しましょう。

スポンサーリンク
   
 

掃除に大活躍のとろとろ石鹸とは?

自然に優しく汚れ落としに有効な
重曹やセスキ水が評判になりましたが、
何れもそのアルカリ性の性質を利用して
汚れを落とすものです。

アルカリ性は油脂を乳化させ、
またタンパク質を分解します。

重曹セスキ水のその効果は
それほど強いものではないので、
軽い汚れ落としや下洗いなどには便利です。

けれども本格的汚れを落とそうとしたら、
やはり界面活性剤にはかないません

石鹸は重曹やセスキ水よりも
アルカリ性強い天然界面活性剤です。

固形のままでは使い難い場所でも
使いやすくするために、
これを水に溶かしてとろとろの状態
したものがとろとろ石鹸なのです。

とろとろ石鹸の作り方

とろとろ石鹸お湯で粉石鹸または
固形石鹸を溶かしたものです。

使用する石鹸は純石鹸で十分ですが、
より強い洗浄力を求めるのでしたら
炭酸塩入り石鹸を使うと効果的。

分量は石鹸100ccに対して
ぬるま湯500cc程度を加えて溶かします。

一度に全量を合わせるとなかなか
混ざり合わないので、
容器に入れた石鹸にぬるま湯を
少しずつ加えながらかき混ぜると良いでしょう。

水よりもお湯の方がよく溶けるのですが、
固まらせるためには温度が
低くなければなりません。

熱湯を使うと冷めるまでに
時間がかかってしまうので、
ぬるま湯ぐらいがちょうど良いんですね。

少しの熱湯で溶いた後に
水を加えても良いかもしれません。

よく混ざり合ったら暫く置いておきます。

ある程度固まってきたら出来上がりですが、
洗浄力ということを考えると
硬さはそれほど気にする必要はないようです。

もちろん、とろとろ石鹸の名前どおり
とろとろに出来上がれば、
スポンジにも取りやすく汚れ
付着させやすいので一番ですけどね。

とろとろ石鹸の使い方!風呂を掃除する方法は?

お風呂は毎日体の汚れを落とす場所。

本当はこまめに掃除するのが一番なのですが、
なかなかそうもいきませんよね。

掃除をサボっているとあっという間に
カビや水垢がこびりついてしまいます。

風呂場には浴槽、床、壁、ドアや窓、
そして小物置き場や蛇口周りなど
掃除がし難い凹凸の多い場所が多く、
とろとろ石鹸は強い味方です。

とろとろ石鹸そのままスポンジにつけて
こすっても良いですし、
ジェル状の石鹸をタイルの目地や
ドアや窓のデコボコしたすりガラスに塗って
暫くしてから水をかけながら
こすり落とすこともできます。

石鹸油に強いので、
皮脂汚れや石鹸カスなどには
特に効果的でピカピカになりますよ。

とろとろ石鹸の使い方!換気扇を掃除する方法は?

油汚れベトベトになった換気扇の掃除にも、
とろとろ石鹸大活躍します。

換気扇の掃除は油を落とすために
どうしても強い洗剤を使いますが、
石鹸ならば皮膚にも環境にも優しいので
安心して使えますよね。

換気扇のファンは取り外して、
とろとろ石鹸をつけてスポンジやブラシで
こすれば良いでしょう。

なかなか落ちないようであれば、
石鹸を塗って少し置いてからこすります。

あまりにひどい油汚れの時は、
15分ほど石鹸を溶かした熱湯に漬け込む
油が剥がれてきますよ。

本体や周りの壁には
とろとろ石鹸を塗ってから暫くおき、
浮き上がってきた油を紙や布で
ふき取ると簡単に掃除できます。

とろとろ石鹸の使い方はこの他にもいろいろ

水で洗い流したり拭き取ることが
できる場所でしたら、とろとろ石鹸で
掃除することができます。

油汚れに強いので、
台所のレンジ周りなどでも活躍するでしょう。

IHクッキングヒーターでしたら
とろとろ石鹸をスポンジにつけて
簡単に拭き取り掃除ができます。

ガスコンロでしたら、
五徳は付け洗いがいいかもしれません。

食器洗いに使うこともできますが、
合成洗剤と同じ使い方だと
汚れ落ちが今ひとつと感じるかもしれませんね。

石鹸で洗う時はたっぷりとスポンジにとって、
しっかり泡立ててから使うと
油汚れが綺麗に落ちますよ。

もっとも食器洗いの時はとろとろ石鹸でなくても、
直接スポンジに固形石鹸を
擦り付けても良いのですが。

最後に

とろとろ石鹸は腐るものではありませんから、
タッパーなどの容器に作り置きも可能です。

ただし、スポンジを直接容器に入れて使うと
汚れが混ざって痛みやすくなりますから、
使うときはスプーンや手ですくって使いましょう。

たくさん作っても良いのですが
水分が飛んで固くなったりしますから、
だいたい1週間程度で使い切るくらいの量に
しておくのがいいかもしれませんね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ