盛夏の候の読み方と意味とは?使える時期はいつからいつまで?



日本語は季節表す言葉
非常に豊富と言われています。

それは、四季のある日本の気候を
細やかに表現するために、
様々な言葉が生み出されたからなのでしょう。

盛夏の候」という言葉もその一つですね。

改まった手紙などの書き出しで
見かけることはありますが、普段の会話では
あまりお目にかからないこの言葉。

ところで、この盛夏の候は何と読むのか
ご存知でしょうか。

そこで今回は盛夏の候読み方から使い方
使う時期などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
   
 

盛夏の候の読み方と意味とは?

まずこの「盛夏の候」の読み方ですが、
せいかのこう」と読みます。

盛夏」は文字通り夏の盛り、
一年で一番暑い時期ですね。

梅雨が終わり青空が広がるとともに、
気温がぐんぐん上昇し蝉が賑やかに鳴き始める頃。

夏の真ん中で、もっとも夏らしい時期
盛夏の時期なのです。

そして「候」は時節や時季を表す言葉です。

それぞれの月ごとに慣用的な時候の挨拶が
いくつかあります。

年が明けた頃は「初春の候」、
緑鮮やかな夏の始まりは「新緑の候」、
寒い冬に向かう「向寒の候」などなど。

そして夏の盛りの頃、真夏の頃を意味する言葉が
盛夏の候」なのです。

盛夏の候を使える時期はいつからいつまで?

時候の挨拶は、それぞれの言葉に
使うことができる時期が決められています

もちろん、盛夏の候も使える期間は
限られていますので気をつけて使いましょう。

盛夏の候は7月から8月上旬までの時候の挨拶に
使いますが、この時期は梅雨明けて
一気に夏らしくなる時

ところで「二十四節気」をご存知でしょうか。

二十四節気は古代中国で導入された暦で、
太陽の運行をもとに作られました。

この二十四節気でいうと7月から8月上旬は
小暑から大暑の期間でもあり、
暑さはピークになります。

ただ最近は気候が以前と違って
不安定になってきていますから、
梅雨の時期もずれる可能性が。

7月に入ったからといってもまだ雨続きでしたら、
盛夏の候を使うのはもう少し待ったほうが
良いでしょう。

盛夏の候は夏の盛り、文字通り
夏らしい気候でないとちょっと不自然ですから。

また、盛夏と聞くと8月をイメージしがちですが、
8月に入ったと思ったらすぐに、
だいたい7日頃には立秋です。

夏は終わりに向かい残暑の季節となりますから
盛夏の候は使えませんね。

盛夏の候の使い方は?

梅雨明けから8月に入ってすぐの立秋までの間が
盛夏の候ですから、ちょうど
暑中見舞い送る時期と重なります。

暑中見舞いのような季節の挨拶状には、
親しい間柄でもちょっとかしこまって
時候の挨拶を入れますよね。

盛夏の候は少し固い表現かもしれませんが、
丁寧なご挨拶状にはふさわしい言葉です。

目上の方などへの暑中見舞いに、
時候の挨拶である「盛夏の候」を
使ってみてはいかがでしょう。

また、この盛夏の候はビジネス文書でも
よく見かける言葉で、
取引先や顧客宛の手紙の書き出しに使われます。

そして、「盛夏の候」や「暑さ厳しき折」などの
季節の挨拶は通常、手紙の書き出しに使う
頭語「拝啓」や「謹啓」の後に続けます。

拝啓や謹啓で始めた手紙文最後には、
頭語と対で使う結語「敬具」「謹白」を
つけるのをお忘れなく。

盛夏の候を使った例文

拝啓、盛夏の候、蝉の声に夏の盛りを感じるこの頃いかがお過ごしでしょうか。

拝啓、盛夏の候、暑い日が続きますが皆様お変わりございませんでしょうか。

拝啓、盛夏の候、〇〇様におかれましてはご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。

拝啓、盛夏の候、〇〇様にはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。

謹啓、盛夏の候、貴社におかれましてはますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。

謹啓、盛夏の候、貴社いっそうご隆盛のことと心よりお慶び申し上げます。

 

最後に

日本には四季があり、日本人は季節ごとに
美しい挨拶の言葉で手紙を綴ってきました。

盛夏の候は夏の盛りのご挨拶。

夏といえば日中の蝉時雨に空の入道雲、
そして、夕立がさっと降った後には
涼しい風が吹いて暑さをしばし忘れたものです。

しかし、このところ気候の変化で日本の四季が
曖昧になってきているのは、やはり
地球温暖化の影響なのでしょうか。

この夏も猛暑だったり豪雨が来たりと、
今までの日本の夏のイメージとは
だいぶ違っているような。

どうやら盛夏の候という言葉が持つ雰囲気も
変わって来そうですね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ